いま縦スクロールマンガを読むことは時代の生き証人になることだ
あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、、、大げさなタイトルつけちゃってなんかすいません。
 
いやしかし、いま、このタイミングで縦スクロールのマンガを読まないのは、この時代に生きている意味がないんじゃないかくらいの機会損失だと思うんですよ。歴史が生まれる瞬間を見逃しちゃうの? くらいのことだと思うんです。いま目の前で歴史が作られている! のでは?? ということであります。
手塚治虫が、マンガ文法を発明しながらマンガを描いていたようなことが、いま縦スクロールのマンガでは起こっているかもしれない、と。表現手法の発明ラッシュが起こっているんじゃないのかと。
 
ここでいう縦スクロールのマンガっていうのは、例えばcomicoのようなサイトで発表されているようなマンガのことです。
 
マンガをネットで読む、アプリで読む、電子書籍で読む、というのはもう充分に一般化したと思います。
だけど、コマがどのように扱われているかは、サイトごとに、ブラウジング環境ごとに結構な違いがあると思うんですよね。縦スクロールで読むことがベースになっているメディアでも、単にページを並べただけのものだったり。
 
その点でいうと、comicoみたいなサイトは、従来のマンガの文法を大きくはみだしたラディカルな展開をしています。
 
もはや「ページ」は喪失していて、コマという単位でさえ怪しくなってきている。そしてそれを支える文法が作られまくっちゃっているなーと。
 
とにかく、読んでもらうのが早いので、たとえば『せんせいのお人形』(藤のよう)という作品。無料のところだけでも読んでみて欲しい。一部分キャプチャするとこんな感じ。
 
 
 
すでにだいぶページもののマンガとは違うことになってますね。下へ下へとスクロールすることが演出上じつに自然に使われている。
しかも、comicoにおいては、この作品のコマの扱い方がとりわけラディカルというわけではないんですよね。すでに文法として確立されている。紙やkindleでしかマンガ読んでない層からすると、いつの間に?? という変化ではないでしょうか。紙で出版することを「とりあえず考えない」とすることで、ものすごく自由度があがるんだなあと嬉しくなっちゃうんですよね。
 
と、書いたそばからアレですけど、『せんせいのお人形』は、紙で出版もされてるんです、すんません。
 
『せんせいのお人形』1巻 藤のよう/著(KADOKAWA)
 
さっきと同じ場所が紙で展開されるとこんな感じ。
 
 
紙で、って書いておいて更にアレですけど、これkindle版からのキャプチャなんですよ。
アプリとwebで読んだ(つまり電子版)ものを、紙で読み直して、さらにkindleでも読んでる。同じスマートフォンで、違う構成のものを読んでいるっていう体験も、めちゃくちゃ新鮮というか、倒錯的でアガりますよ。これも「マンガの現在」な感じがビシビシくるのでおすすめです!
 
あ、コマのことばっかり書いて、内容のこと書いてなかった。『せんせいのお人形』は、ちょっと味わったことないバランス感覚を持ったマンガですね。タイトルとさきほどのキャプチャからすると、先生と生徒の教育もの、調教もの、だと思いますよ。ネグレクトを受け続けてきた少女が、クールな「先生」と出会うことで成長していく物語、と。
実際そのとおりなんだけど、実はこの先生がいろいろとおかしい。
 
 
コメディ要素があるんですよね〜。このへんの塩梅が非常に効いております。構成がすばらしい。なので、読んでください、読んでください。
 
話を戻します。
 
「で、見開きの表現はどうするの?」
 
スマートフォンでマンガを読む話をすると、ヒジョーによく聞く意見がコレですよね。マンガを読んでいるとき、キメの見開き大ゴマ表現でしびれたことは何度もあります。
電書を単ページで読んでいて、そこを気にする人はマーいるでしょう。個人的には、そんなに欲しけりゃ見開き表示のタブレットで読めば?(もしくは紙を買え)としか思わないですが。
 
だけど、ここぞの大ゴマ表現は、縦スクロールでも可能というか、むしろ新しい大ゴマ表現が生まれているではないですか。
 
たとえば『せんせいのお人形』のこれ。
 
 
このコマは、一般的なスマートフォンの画面に収まらない大きさです。つまり、画面をはみ出た大ゴマです。
だけど、やっぱり紙の大ゴマとはちがう。いっぺんにドーンと景色が広がるわけではない。
スクロールなので、大ゴマと言えど端から徐々に見えてくるわけですよ。そして、あ、まだある、まだ続くか、うわ〜、まだか〜〜、みたいな流れ。
 
この俯瞰のコマでいうと、読んでいる時に僕が感じたのは、まるでカメラが少しづつ引いていくような感覚。部屋の中でいた自分の目がどんどんドローンのように上昇していく感覚。静止画の中に縦スクロールのアクションが加わることで、カメラワークのようなものが生まれるんですよね。
これがもう楽しいのなんの。
 
最後に見開き表現をアップデートする演出で、めちゃくちゃ感動したものがあるので見てもらっていいですか。
 
『あくまでボクは。』(まき)というマンガで、この作品めちゃくちゃ攻めてます。
 
 
 
ええええーーーーーーーーーーー!? こんなのあり??
はー、びっくりした。
縦スクロールマンガの「いま」を絶対見ておいたほうがいいですよ!
 
いま知ったんだけど2巻が4/25発売のようです。
 

せんせいのお人形のマンガ情報・クチコミ

せんせいのお人形/藤のようのマンガ情報・クチコミはマンバでチェック! (comico )

コメントする

話題に出た著者

手塚治虫

手塚治虫

ブラック・ジャック 火の鳥 アトム ザ・ビギニング アドルフに告ぐ どろろ ヤング ブラック・ジャック ブッダ 火の鳥 やけっぱちのマリア 鉄腕アトム 時計仕掛けのりんご 新宝島 ネオ・ファウスト PLUTO 三つ目がとおる 陽だまりの樹 和田ラヂヲの火の鳥 ブラック・ジャック ガール 劇団二十面相VS七色いんこ ゴブリン公爵 プライム・ローズ 未来人カオス グリンゴ #こんなブラック・ジャックはイヤだ メタモルフォーゼ アドルフに告ぐ ライオンブックス 罪と罰 七色いんこ 人間ども集まれ! 陽だまりの樹 ルードウィヒ・B 鉄の旋律 ファウスト SFファンシーフリー メトロポリス ふしぎなメルモ サスピション 日本発狂 W3 ジャングル大帝 ミッドナイト どろろ きりひと讃歌 ブラック・ジャック バンビ MW 紙の砦 京獣物語 ミッドナイト (少年チャンピオン・コミックス) 七色いんこ (少年チャンピオン・コミックス) ザ・クレーター (少年チャンピオン・コミックス) ゴブリン公爵 (少年チャンピオン・コミックス) やけっぱちのマリア (少年チャンピオン・コミックス) ミクロイドS (少年チャンピオン・コミックス) プライム・ローズ (少年チャンピオン・コミックス エクストラ) テヅコミ 「ヤング ブラック・ジャック」大熊ゆうごイラスト集 アラバスター (少年チャンピオン・コミックス) ブッキラによろしく! (少年チャンピオン・コミックス) ドン・ドラキュラ (少年チャンピオン・コミックス) ブラック・ジャック (少年チャンピオン・コミックス) サーチアンドデストロイ どろろと百鬼丸伝 ブラック・ジャック~青き未来~ ナスビ女王 ふしぎな少年 ジャングルタロ 冒険狂時代 ぼくの孫悟空 オズマ隊長 スリル博士 鬼丸大将 ひょうたん駒子 ノーマン 一輝まんだら おれは猿飛だ! ロップくん ロック冒険記 白いパイロット I.L 手塚治虫の旧約聖書物語 ブッキラによろしく! ジャングル魔境 マグマ大使 ハトよ天まで ザ・クレーター 勇者ダン どついたれ 新世界ルルー フィルムは生きている 魔神ガロン タイガーブックス アポロの歌 ガムガムパンチ アラバスター ボンバ! ドン・ドラキュラ ロストワールド私家版 エンゼルの丘 あらしの妖精 リボンの騎士 双子の騎士 ふしぎなメルモ 鉄腕アトム 鉄腕アトム別巻 アトムキャット アトム今昔物語 海のトリトン ユフラテの樹 新選組 ジャングル大帝 スーパー太平記 冒険放送局 フライングベン 漫画生物学 漫画大学 三つ目がとおる バンパイヤ 鳥人大系 ゴッドファーザーの息子 シュマリ 地球の悪魔 ユニコ やけっぱちのマリア ミッドナイト 弁慶 空気の底 新選組 弁慶 きりひと讃歌 ばるぼら 奇子 フースケ 人間昆虫記 ガラスの城の記録 地球を呑む ブッダ 上を下へのジレッタ Dr.キリコ~白い死神~ 手塚治虫 マリン・エクスプレス ふしぎな少年 ぼくの孫悟空 キャプテンKen ゴブリン公爵 ジャングルタロ ノーマン プライム・ローズ ロック冒険記 ロップくん 一輝まんだら 冒険狂時代 新寶島 オリジナル版 白いパイロット 鬼丸大将 ナスビ女王 おれは猿飛だ! ひょうたん駒子 アバンチュール21 オズマ隊長 スリル博士 ブルンガ1世 ライオンブックス おもしろブック版 旋風Z 未来人カオス W3 グリンゴ I.L ケン1探偵長 ダスト8 ナンバー7 手塚治虫漫画全集未収録作品集 ミクロイドS 38度線上の怪物 SFミックス 平原太平記 ふしぎ旅行記 0マン リボンの騎士 ―少女クラブ版― 火の鳥 ―少女クラブ版― RE:BORN~仮面の男とリボンの騎士~ 虹のとりで そよ風さん あらしの妖精 虹のプレリュード 双子の騎士 エンゼルの丘 リボンの騎士少女クラブ版 火の鳥少女クラブ版 リボンの騎士 地底国の怪人 魔法屋敷 火星博士 一千年后の世界 サボテン君 レモン・キッド ピノキオ ロストワールド メトロポリス ビッグX 来るべき世界 ファウスト 冒険放送局 ジャングル魔境 拳銃天使 ジェットキング チッポくんこんにちは 森の四剣士 ピロンの秘密 ふしぎ旅行記 ガムガムパンチ ピピちゃん レモン・キッド 魔法屋敷 旋風Z 流星王子 有尾人 サボテン君 平原太平記 夜明け城 レオちゃん 冒険ルビ 新世界ルルー 地球大戦 マアチャンの日記帳 鉄の道 少年探偵ロック・ホーム とんから谷物語 火星博士 フィルムは生きている 勇者ダン 地底国の怪人 太平洋Xポイント ユニコ小学一年生版 ワンサくん 大地の顔役バギ 珍アラビアンナイト 地球の悪魔 化石島 どろんこ先生 スーパー太平記 夜よさよなら ボンバ! マコとルミとチイ 38度線上の怪物 丹下左膳 大暴走 アバンチュール21 グランドール アトムキャット 漫画大学 漫画生物学 ユフラテの樹 ショート・アラベスク サンダーマスク ゴッドファーザーの息子 雑巾と宝石 アリと巨人 新宝島 ロストワールド 火の山 ケン1探偵長 落盤 ブルンガ1世 キャプテンKen ロストワールド私家版 ブッキラによろしく! メタモルフォーゼ ダスト8 空気の底 ユニコ ハトよ天まで フライングベン ルードウィヒ・B 来るべき世界 SFミックス 鳥人大系 鉄腕アトム別巻 ナンバー7 マグマ大使 アラバスター ドン・ドラキュラ ミクロイドS 0マン アトム今昔物語 ビッグX 魔神ガロン バンパイヤ シュマリ アポロの歌 海のトリトン ザ・クレーター タイガーブックス ライオンブックス 七色いんこ すっぽん物語 フースケ 黄金のトランク ガラスの城の記録 人間ども集まれ! 地球を呑む 上を下へのジレッタ どついたれ ネオ・ファウスト ばるぼら 人間昆虫記 MW 奇子
もっとみる

話題に出た作品のクチコミ