amazonに薦められるままに読んだ『花と頬』がとてもよかったという話
『花と頬』(イトイ圭 / 白泉社)を読みました。
 
読むキッカケとなったのはamazonからのリコメンド。
何かのメディアで紹介されていたとか、友達が読んでたとか、SNSで誰かが語ってたとか、そういうの一切なくて、ただamazonでリコメンドされて、買って読んだんですよ。恥ずかしながら、イトイ圭さんの過去作も読んだことがなかったんです。
しかし、まんまと面白かった、と。
慌てて過去作も買いましたよ。
それにしてもなんですかね、このちょっとした悔しさみたいなものは。アルゴリズムに俺の趣味趣向を見抜かれちまった感……まあ、好みのマンガを教えてくれてありがたかったんだけど……。
余談ですが。
 
 
『花と頬』という奇妙なタイトルは、作中に登場するバンドの名前です。と言っても主人公のバンドの名前というわけでもなく、そのバンドのメンバーの娘の恋物語なんです。そしてその恋の相手は、バンド『花と頬』のファンの転校生。
この設定からして、ずいぶん複雑で繊細なところに分け入っていくなーと、ドキドキしました。
 
 
さてこのマンガ、どこまで紹介していいもんか迷います。できるだけ先入観抜きに読んで欲しいという意味では、ここから先を読まずにマンガの方を読んでほしい。それが最良の楽しみ方ですよ、特にこのマンガは。
 
いきなりですが、あと書きを紹介しましょう。
 
 
この作品はもともと自費出版で出すつもりだった話を運良く『楽園』編集部の方に拾ってもらい、ウェブ錬成そして書籍化したものです。
実は数人の他出版社の編集者の方々にも今作のネーム(一気に第一話から最終話まで描き上げました)を見ていただいたのですが、答えは皆「商品として成り立っていない」というものでした。読者のためには、波のある起承転結、大仰な喜怒哀楽、大きなハプニング、ドラマチックな過去…そういったわかりやすい要素がないと伝わらないと口を揃えて言われました。
この物語にはそういったものは確かにありません。(以下略)
 
そうだったのか。
非常に面白く読んでしまったので、このあと書きには驚きました。
確かに、そうした要素はないマンガです。
だけど後半ぐいぐいとエモーションを静かに慎重に、しかし確かに掻き立てられる構成です。
 
主人公の鳥井頬子(ホホコ)の高校に、九州からガタイの大きな八尋くんが編入してくる。そして二人は図書委員となって、図書室で話をするようになる。頬子という名前から、『花と頬』のメンバー鳥井の娘だと気づいた八尋。
私語が憚られる図書室で、二人は主にルーズリーフで筆談を繰り返す。
 
 
本のこと、音楽のこと。頬子は、八尋の興味が『花と頬』メンバーの娘である自分、と気づきながら…。
 
またまた余談ですが、この筆談にカクバリズム作品がたくさん出てくるので、角張社長に知ってるのかメッセージ送ってみたんですよ。そしたら
「知ってました! 我々も17年やってますから、、、歴史ですね!歴史!」
ですと。さらに
「戦国歴史漫画書いて欲しいですね…」
とのこと。角張さんは、本物の歴史バカなので…。
 
話を戻すと、複雑な気持ちを抱えながら八尋に惹かれていく頬子、それに素直に答えられない八尋の理由、頬子と母親の関係などが、じっくりコトコトと語られていきます。
 
さー、どうだー、読みたくなってきましたかね。
 
まったく知らなかった作者の、複雑で、壊れやすそうで、骨太な作品。amazonめ、なぜこのマンガを俺が好きだとわかったのだ。
 

花と頬のマンガ情報・クチコミ

花と頬/イトイ圭のマンガ情報・クチコミはマンバでチェック!

コメントする

話題に出た作品のクチコミ

吉川きっちょむ(芸人)
吉川きっちょむ(芸人)
2019/10/22
丁寧に描かれた関係性に浸れる漫画
柴田ヨクサル先生が帯に書いた「切れば血の出る漫画。」の通り、全編通して丁寧な人物描写で、読後はぼんやりと彼らがこの世界に存在しているような気がしてくるくらいキャラに血が通った漫画。 知っている人は知っているくらいのミュージシャン「花と頬」を父親にもつ父子家庭の女子高生が学校で父の仕事のことを知る同級生の男子と知り合い、仲を深めていく夏。 他クラスだが同じ図書委員で私語禁止の図書室で密かにノートで会話を進めていく様子がとてもいい。 多くを語らない登場人物が多いのに、息遣いや体温まで伝わってきそうなくらい親しみを持ててしまう彼らのいる世界に読後はしばらく浸っていたい。 良質の邦画を見たときと似たような読後感なのは、場にある空気や時間の流れ、会話の運びのテンポの良さをうまくコマ運びで表現できているからなのかも。 登場人物たちのなにげない日常がなにげなく過ぎ、彼らの中で決定的に何かが変わったかといえばそうでもないし、でも確実に何かは変わっている。それでも彼らの日常は続くし心持ち前向きにハッピーな感じ。 そんな爽やかさと、少し時の流れの残酷さと、人の温かみと鼻がツンとするような切なさもちょっぴりある、ガールミーツボーイなひと夏の出来事。 読んでいて気持ちが良いのは、キャラクターが説明的すぎないところだ。 ハッキリ明言されてはないけどこれってそういうことか、という場面がいくつかある。 そういった、みなまで言わずに言外で想像させる程度の物言いがとても現実的でよく馴染む。 主人公が等身大の女子高生らしくとてもナイーブで不安定で、自分の立ち位置を見失いがちなところもとてもいいし、父親がそっけないようで優しいのが感じ良い。 不穏なことが過去にあったような雰囲気を匂わせつつしっかりとは登場させない。登場人物に刻まれている表情で何かあったことを語りだす。 全体的に本当にいい雰囲気だった。 分かりやすい売るための要素(大仰な喜怒哀楽や、波のある起承転結など)がないから載せられない、といくつかの出版社で言われてしまったようだけど、こういう作品を出してくれる会社が世の中にあるのは救いだ。 届きました。ありがとうございます。
せのおです( ˘ω˘ )
せのおです( ˘ω˘ )
2019/10/12
作品に潜む父親の偉大な愛
『花と頬』は、主人公・鳥井頬子の父が組んでいるバンドがリリースした楽曲名です。 本を読むことが好きな高校生の頬子は、最近転校してきた八尋豊から、"お父さんって「花と頬」の人って本当?"と聞かれます。 しかし、頬子の父親は、頬子が幼い時に妻と別居を始めており、世間に「妻子持ち」と公表していません。 そのため、八尋がなぜ"どうして私のことわかったの"か、気になり始めますが、父の作品をきっかけに頬子と八尋の交流が始まります。 そのうち、頬子は八尋に興味を持ち始めるようになります。 が、八尋が自分と仲良くしてくれているのは、"パパの娘"だからと考えたり、でも「"パパの娘"な自分」を利用して八尋の興味を引こうとしてしまう自分に嫌気がさしてしまいます。 幼い時の父と母の別居のことが心に残っており、"愛してるってなに?"と強く疑問を抱いている頬子。恋愛に対してかなり不器用なんです。 かく言う八尋も、医者の親を持つ家庭環境や過去の恋愛の経験から、どこか人に一歩踏み出せない様子です。 "愛"が欲しい故に"愛"に対して臆病になる頬子を救ったのは、頬子にとってたった1人の家族である父・哲でした。 実は、父・哲の妻との別居の背景には、偉大な愛が隠れていて、そんな哲の大きな優しさがこの作品全体を包んでいるようにも思えます。 爽やかな絵柄や淡々と進むストーリーだからこそ、人を愛することに対して臆病になる10代の頬子の焦りや切なさが、まるで声を絞って出てきた言葉のように痛いほど伝わってきます。 そんな頬子が見つけた、"愛してるってなに?"の答え、是非一読して見出してみてください。
兎来栄寿
兎来栄寿
2019/10/14
小説が好きな女の子と、音楽が好きな男の子の物語
どちらかと言えば大人しい性格の二人を軸に静かに描かれる、夏の終わりにあるような物言えぬ寂寥感漂うガールミーツボーイ。 帯で柴田ヨクサルさんが述べている通り、純文学的な作品です(なぜ柴田ヨクサルさんが帯文を寄稿したかは本文を読むと解り、ファンはニヤリとできます)。音も無く動き出す電気自動車のように物語は始まり、丁寧に丁寧に心情の揺れ動く様が描かれていきます。 心地良い時間、新しい扉を開いていく様、生じる葛藤、苦い後悔……。決して派手さはありませんが、しっとりと沁みる物語です。好きなものを媒介に繋がりを深めていくのですが、お互いに同じ物を最初に好きだった訳ではなく相手の好きなものに触れて理解しようとする、その素朴な普遍性に共感と愛着を覚えました。 しかし、あとがきによると複数の出版社の編集者から「商品として成り立っていない」と言われてしまったそうです。キャッチーさが無ければ売れ難い。事実として理解できることではありますが、それによってこういった作品が消えていき世界の物語から豊かさが喪失していくことを考えると寂しさが募りました。楽園の懐の深さに感謝です。