はなとほほ
花と頬
ストアに行く
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい

丁寧に描かれた関係性に浸れる漫画

柴田ヨクサル先生が帯に書いた「切れば血の出る漫画。」の通り、全編通して丁寧な人物描写で、読後はぼんやりと彼らがこの世界に存在しているような気がしてくるくらいキャラに血が通った漫画。 知っている人は知っているくらいのミュージシャン「花と頬」を父親にもつ父子家庭の女子高生が学校で父の仕事のことを知る同級生の男子と知り合い、仲を深めていく夏。 他クラスだが同じ図書委員で私語禁止の図書室で密かにノートで会話を進めていく様子がとてもいい。 多くを語らない登場人物が多いのに、息遣いや体温まで伝わってきそうなくらい親しみを持ててしまう彼らのいる世界に読後はしばらく浸っていたい。 良質の邦画を見たときと似たような読後感なのは、場にある空気や時間の流れ、会話の運びのテンポの良さをうまくコマ運びで表現できているからなのかも。 登場人物たちのなにげない日常がなにげなく過ぎ、彼らの中で決定的に何かが変わったかといえばそうでもないし、でも確実に何かは変わっている。それでも彼らの日常は続くし心持ち前向きにハッピーな感じ。 そんな爽やかさと、少し時の流れの残酷さと、人の温かみと鼻がツンとするような切なさもちょっぴりある、ガールミーツボーイなひと夏の出来事。 読んでいて気持ちが良いのは、キャラクターが説明的すぎないところだ。 ハッキリ明言されてはないけどこれってそういうことか、という場面がいくつかある。 そういった、みなまで言わずに言外で想像させる程度の物言いがとても現実的でよく馴染む。 主人公が等身大の女子高生らしくとてもナイーブで不安定で、自分の立ち位置を見失いがちなところもとてもいいし、父親がそっけないようで優しいのが感じ良い。 不穏なことが過去にあったような雰囲気を匂わせつつしっかりとは登場させない。登場人物に刻まれている表情で何かあったことを語りだす。 全体的に本当にいい雰囲気だった。 分かりやすい売るための要素(大仰な喜怒哀楽や、波のある起承転結など)がないから載せられない、といくつかの出版社で言われてしまったようだけど、こういう作品を出してくれる会社が世の中にあるのは救いだ。 届きました。ありがとうございます。

吉川きっちょむ(芸人)
吉川きっちょむ(芸人)
『花と頬』のクチコミ投稿
クチコミで好きなマンガを広めよう!
話題の種類
「マンガのクチコミってどうやって書けばいいの?」という方へ!選んだ話題に応じた書き方のヒントや例文を表示します。初めての方は、練習用ページで気軽に投稿の練習をしてみてください。
タイトル
本文
花と頬
花と頬
イトイ圭
イトイ圭
あらすじ
稀代の新鋭が描く高校生男女とその家族のひと夏の物語。ガールミーツボーイを主軸に人々の過去と現在が交差する航跡のその先に「未来」への確かな手応えが心に残る全1巻。
花と頬の情報の提供お待ちしてます!
掲載している内容の誤りや、この作品に関するおすすめの記事、公式情報のリンクなどはこちらからお送りください。みなさまのご協力をお願い申し上げます。
きょうの新連載&読切まとめ
花と頬』で文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞したイトイ圭が大人のあり方を問う新連載!『おとなのずかん改訂版』 🚢『ミンゴ イタリア人がみんなモテると思うなよ』のペッペがスピリッツに帰還!読切『潜水艦カッペリーニ号の冒険 撮影体験記』 📚くらもちふさこ6年ぶりの新作読切がCカラーで登場!『空を歩く』 🍜倉薗紀彦の新作読切がジャンプラに!キョンシーVS新米道士!? 超迫力の中華バトルファンタジー『僵尸X』 ……など12月27日(月)はマンガ雑誌・WEBに新連載・読切10作品載ってます! 【週刊ヤングマガジン】 《新連載》「code:ノストラ」安童夕馬/明石英之 https://manba.co.jp/boards/151331 【ビッグコミックスピリッツ】 《新連載》「おとなのずかん改訂版」イトイ圭 https://manba.co.jp/boards/151332 《読切》「潜水艦カッペリーニ号の冒険 撮影体験記」ペッペ https://manba.co.jp/boards/151333 【月刊!スピリッツ】 《新連載》「イベリスの花嫁」秋山はる https://manba.co.jp/boards/151335 《読切》「新・プロフィール」岩崎真 https://manba.co.jp/boards/151336 《読切》「葬送」鈴木サキ https://manba.co.jp/boards/151337 《読切》「本心で、語らせて」笹竹のこ https://manba.co.jp/boards/151338 【ココハナ】 《読切》「空を歩く」くらもちふさこ https://manba.co.jp/boards/151339 【flowers】 《読切》「榊原さんと私が親友になるまでの14日間」Nunmi https://manba.co.jp/boards/151340 【少年ジャンプ+】 《読切》「僵尸X」倉薗紀彦 https://manba.co.jp/boards/151334
先月の新刊を語る会【2019年8月&9月発売新刊漫画】
花と頬 (楽園コミックス) イトイ圭 三日月のドラゴン (1) (ビッグコミックス) 長尾謙一郎 革命のα (DAISY COMICS) 鹿島こたる チェイサーゲーム (1) 松島幸太朗 永世乙女の戦い方 (1) (ビッグコミックス) くずしろ ざつ旅-That’s Journey- 1 (電撃コミックスNEXT) 石坂ケンタ やまとは恋のまほろば 1 (LINEコミックス) 浜谷みお 描くひと 谷口ジロー 漫画家本vol.11 一ノ関圭本 (少年サンデーコミックススペシャル) 一ノ関圭 吉田豪のレジェンド漫画家列伝(10/1発売) 海外マンガ In waves - AJ Dungo KAROO - Frédéric Bézian Punk Mamy

おすすめのマンガ

ロボ・サピエンス前史

ロボ・サピエンス前史

ロボットの捜索を職とするサルベージ屋、誰の所有物でもない「自由ロボット」、半永久的な耐用年数を持つ「時間航行者」……。さまざまな視点で描かれるヒトとロボットの未来世界。時の流れの中で、いつしか彼らの運命は1つの大きな終着点に向かって動きだしていく……。世界の行く末を壮大に夢想した、ロマンティック・フューチャー。

あした死ぬには、

あした死ぬには、

ものすごく共感できる、老若男女におすすめの傑作です! 四十代女性が直面する体調の変化や人間関係のあれこれに、笑ったり涙したりしつつ うなずきすぎて、私は首が太くなりました……!――三浦しをん、絶賛!! 歳をとるのは怖いですか? ~切実に生きる女子たちの心に寄り添い、そっと背中を押してくれる本。~ 20代ほどがむしゃらじゃない。30代ほどノリノリじゃない。40代で直面する、心と身体の変わり目。立ちはだかる40代の壁。突然の病気、更年期障害、取れない疲労、働き方の変化、お金の不安、これからの人生プラン……私のあしたはどうなるの!? 本奈多子(ほんな・さわこ)、42歳、独身。映画宣伝会社に勤め、ハードワークをこなす日々。ある夜突然、心臓の動悸が止まらず、体が冷たくなって……。もしかして私、更年期障害かもしれない!? 苛々したり、涙腺がゆるんだり、おばさんと言われて悲しくなったり。心身の変化に戸惑いながら、迷いながら、私たちは、あしたを生きる。

ダブル

ダブル

鴨島友仁(かもしまゆうじん)と宝田多家良(たからだたから)は同じ劇団に所属している俳優仲間。安アパートに隣同士で住み、共同生活をしている。お互い無名ではあるものの、友仁は多家良の類まれな演技力を見抜き、その才能を世に知らしめるために彼を支えている。自身も「世界一の役者になりたい」という想いを抱えながら。やがて周囲は少しずつ、多家良の才能を見出していくが―――。

鼻下長紳士回顧録

鼻下長紳士回顧録

20世紀初頭、フランス・パリ。売春宿で働くコレットは、訪れる“変態”的な欲望を抱えた紳士たちを相手に、出口の見えない生活を送っていた。彼女の唯一の幸せは、どうしようもなく惹かれてしまうヒモ男、レオンとの逢瀬の時間。…たとえ、彼がコレット以外の女のもとへ通っているとしても――…。「変態とは、目を閉じて花びんの形を両手で確かめるように、自分の欲望の輪郭をなぞり、その正確な形をつきとめた人達のことである……」絢爛なる花の都の夜に息づく、安野モヨコの描く“変態”たちとは一体――? 8年ぶりの、安野モヨコ新作ストーリー! 「さくらん」「バッファロー5人娘」につづく、力強く生きる“娼婦たち”の物語。電子版では、雑誌収録時のカラーをすべて収録!!

大人になれば

大人になれば

1988年。学校に行く子どもを見送った男は、求人誌を手に取り、ため息をつく。街を歩き、プレゼントに帽子を買った。いつもと変わらない平凡な一日・・・のはずが、男はすこしふしぎな出来事に巻き込まれていく。 一度目はもちろん二度目、三度目と眺めるほどに楽しめるシンプルで複雑な物語。言葉の(ほとんど)ない漫画。著者初の作品で182ページの描きおろしです。(自主制作マンガ)

試し読み
闇金ウシジマくん

闇金ウシジマくん

オモテの金融機関に見捨てられた、哀れなヤツらの人生にトドメを刺す――闇金融の世界に生きるダークヒーロー、ここに誕生!!丑嶋のもとを毎朝9時に訪れる「奴隷くん」と呼ばれる人々。それはパチンコ依存症の主婦たちのことで、丑嶋は彼女らに3万円の現金と引き換えに5万円の借用書にサインさせる。あらかじめ金利・手数料2万円を引いた上、1日3割もの暴利を課しているにも拘わらず、今日も彼の会社には哀れな訪問者が引きも切らない。

プロフィールはありません