一番下のコメントへ

2/22のマンバ読書会「忍者マンガ&マンガにでてくるネコ」の時に、ゲストの兎来さんのトークでとっても興味を持ったので読んでみました!

以下はトークショーで教えてもらったことですが、原作がなんと1959年。
しかし、60年以上も前の作品とは思えない、奇抜で斬新なキャラクターと忍法、展開の読めない10対10のチーム戦、そして伊賀と甲賀の一族を超えた想い…!
現代のマンガにも多く用いられている物語のテーマやキャラクター設定が本当に盛り沢山!!
マンバ読書会のトークショーで兎来さんは、「この作品がなければNARUTOONE PIECE、H×Hやジョジョも生まれていなかった」とおっしゃっていましたが、まさにその通りだと思いました!!

2003年から連載が始まったこちらのマンガですが、…かなり夢中になって一気読みしてしまいました。
絵がとにかく美しくて素晴らしい、、!!

少女漫画が大好きで、普段女性向けの作品を読んでいる私なので、
せがわまさき先生のお名前や作品名は知っていたものの、まず読むきっかけが全くありませんでした(笑)が、
今はとにかく読了後のあのラストの余韻と、こんな素晴らしい作品を読むきっかけをくれたマンバ読書会と兎来さんに感謝の気持ちでいっぱいです…!!

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー