これは決して夏のせいなんかじゃない #1巻応援

一番下のコメントへ

ララ先生は、個人的にコミティアの新刊の中で一番楽しみにしていた作家さんですが、遂にデビューされました!

私がララ先生の作風で、そして『夏の魔物』で一番好きな点は、
人物たちが抱える、あらゆる方向性を持った複雑な感情が、全て綺麗に表情に現れているところです。
微妙に変わったり、コロコロと変わったりと、1コマ1コマ全て違う表情をしている人物の顔に、我々は釘付けになります。

『夏の魔物』の中で、主人公の佐藤さん佐藤さんと村田くんが複雑な感情を持っているのは、枷になっていることがあるからです。

それは、絶対に覆ることのない、女性アルファと男性オメガの、オメガバースの関係性です。

オメガバースには、オメガが弱者、アルファが強者という、カースト制が存在します。
(詳しくはググっていただけると助かります…笑)
オメガは、ある時期に入ると、無条件にアルファを惹きつけてしまうので、恋愛・肉体関係においてオメガに選択権や決定権はないものとされています。

『夏の魔物』の魅力は、
"絶対的なカースト制がある世界観のもとで生まれたこの感情は、自身の体質≒階級(アルファ・オメガ)を排除したものだと信じたい(信じている)"
という想いから溢れ出る、主人公たちの言葉や行動です。

オメガは無条件にアルファを引き寄せますが、その中でも特別惹かれあったアルファとオメガの繋がりを「運命の番」などと言います。

しかし、本作は違うんです…!
2人はアルファだから・オメガだから惹かれあっているんじゃないんです。

佐藤さんは、第一話で村田くんに告白するために空き教室に呼び出しますが、
そこで初めて自身がアルファであること、また、村田くんがオメガであったことに気づき、
「この気持ちは、ずっと恋だと思っていた。でも違った!私がアルファだから!」と混乱し、取り乱してしまいます。
ここで取り乱してしまうのも、今までの村田くんに対する感情は本物の恋であったことを信じている故なのです。
なので、読んでいてとても苦しいシーンでした。

村田くんも、オメガだから佐藤さんを受け入れた(ナニがあったかはもう是非読んでください…!!笑)訳ではないという気持ちを打ち明けるタイミングが、また絶妙なんですよね…!!

彼は佐藤さんに対して、少し投げやりな台詞や行動をとるのですが、それはまるで、
"自分は決してアルファ=佐藤さんに支配される側ではなく、アルファとオメガの関係性とは全く無縁のところで、佐藤さんを想っている"
ということを遠回しに言っているかのようです。

そんな村田くんのちょっと生意気な性格と表情、是非みなさんにも見て欲しいです。
絶対虜になります…!笑

本作は、2020年4月現在、コミックシーモアにて先行配信されていますが、今後各電子書籍サイトでも配信予定だそうです。

もしかしたら、「オメガバース」というジャンルに抵抗を持っている方もいるかもしれませんが、まずは試し読みをしてみて欲しいです…!
もちろん、オメガバースを知らなくても楽しめます。

この作品のあの空気感に触れたら、読者は「夏の魔物」に取り憑かれること間違いなしです。

…余談ですが、過去のコミティア出展の際に、Twitterで大童澄瞳大童澄瞳先生から絶賛のコメントを頂いたことのある作家さんなので、
作画や構成力はピカイチです!

コメントする
reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み