いつも少し違った視点から、数々の少女漫画の名作を生み出してきた白泉社。
(白泉社にハズレはないと思うほど私は花ゆめいとです、笑)

ここ数年、前面に売り出していた作品は、
覆面系ノイズ』『なまいきざかり。』『高嶺と花』『水玉ハニーボーイ』『フラレガール』『墜落JKと廃人教師』…などなど。
どれもすごく面白い!面白い…けれど、恋愛モノ以外の新作も読みたいなァ…と感じ始めていた時、
やっと現れたのが、『マオの寄宿學校』でした。

転校も多く引っ込み思案で友達作りが苦手、友達は植物だけ?!なマオのために、両親は寮制度のある榮歐學園へ編入させた。マオはルームメイトで、なんと学園一ナゾで一匹狼で嫌われ者?のルイと出会います。

最初はルイから距離を置かれるものの、いつも一人でいるルイに親近感を覚えたマオは、なんとか友達になりたい!と思い、得意な植物を用いてルイの心を開かせます。

やっとルイと友達になれたマオ、でも実はルイの性格はマオとまったくの真逆だった!

そんな凸凹コンビが、マオは學園の監督生とそのファグのみ許される植物園に入るために、ルイは最も優秀な監督生に与えられる地位を得るために、學園の様々な人たちと関わっていきます。

ひとりぼっちだったけれど、真逆な性格な二人が、お互いを補いながら學園生活を変えていく様は、まさに青春そのもののようです!

また、ボーイミーツボーイから始まる物語は、どうしても80年代白泉社黄金期を連想させてしまいます。

そしてその2人の様は、『桜蘭高校ホスト部』、『花ざかりの君たちへ』の学園もの、そして『ここはグリーン・ウッド』の寮ものに次ぐ名作になることをどうしても期待してしまいます…!

1巻登場にして今最も続きが気になる作品です。

この漫画、友達も面白いって言っていたので気になってました!
ボーイ・ミーツ・ボーイ漫画だったとは知らなかったです(てっきり表紙の子は女の子かと)…読んでみます!

ついにキタ!白泉社王道のボーイミーツボーイ!にコメントする
user_private
『マオの寄宿學校』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ