意外なところに掲載されたマンガ情報まとめ

一番下のコメントへ

マンガ雑誌やWebコミックサイト以外にも自分の好きな作家さんが描いてたりするので、自分の知らないところにも面白いマンガがたくさんあるんだろうなと思ってスレ立てしました。

1/3ページ
<<
<
1/3ページ
>
>>

農協の雑誌「ちゃぐりん」でふくやまけいこふくやまけいこ先生が「ピンキーとキラキラーズ」という児童向け漫画を連載しています。

読むには定期購読を申し込まないといけないのだけど、農家じゃないのに取り寄せるのもなあ…と踏ん切りがつかないでいます。

あとはヤマザキマリヤマザキマリとり・みきとり・みき先生の「プリニウスプリニウス」が文芸誌「新潮」で連載してますね。新潮で漫画が連載されるのは創刊の1904年以来、初めてのことだそうです。

農協の雑誌「ちゃぐりん」でふくやまけいこ先生が「ピンキーとキラキラーズ」という児童向け漫画を連載しています。 読むには定期購読を申し込まないといけないのだけど、農家じゃないのに取り寄せるのもなあ…と踏ん切りがつかないでいます。 あとはヤマザキマリ、とり・みき先生の「プリニウス」が文芸誌「新潮」で連載してますね。新潮で漫画が連載されるのは創刊の1904年以来、初めてのことだそうです。

農協の雑誌「ちゃぐりん」でふくやまけいこ先生が「ピンキーとキラキラーズ」という児童向け漫画を連載しています。 読むには定期購読を申し込まないといけないのだけど、農家じゃないのに取り寄せるのもなあ…と踏ん切りがつかないでいます。 あとはヤマザキマリ、とり・みき先生の「プリニウス」が文芸誌「新潮」で連載してますね。新潮で漫画が連載されるのは創刊の1904年以来、初めてのことだそうです。

@ひさぴよ

「ちゃぐりん」初めて知りました!これまたマニアックなマンガ掲載情報ですね!
図書館に置いてたりしないものなのでしょうか…。もし見つけたらまた書き込みしますね。
http://www.ienohikari.net/press/chagurin/backnumber/001637.php

フランス語学習とフランス語圏文化に関する唯一の月刊誌『ふらんす』で、じゃんぽ〜る西先生が連載してる『フランス語っぽい日々』。2013年から連載してるけどまだ単行本になってない。月2ページだから、年24ページ…7年で168ページ…そろそろ出るかなと期待してます。

農協の雑誌「ちゃぐりん」でふくやまけいこ先生が「ピンキーとキラキラーズ」という児童向け漫画を連載しています。 読むには定期購読を申し込まないといけないのだけど、農家じゃないのに取り寄せるのもなあ…と踏ん切りがつかないでいます。 あとはヤマザキマリ、とり・みき先生の「プリニウス」が文芸誌「新潮」で連載してますね。新潮で漫画が連載されるのは創刊の1904年以来、初めてのことだそうです。

農協の雑誌「ちゃぐりん」でふくやまけいこ先生が「ピンキーとキラキラーズ」という児童向け漫画を連載しています。 読むには定期購読を申し込まないといけないのだけど、農家じゃないのに取り寄せるのもなあ…と踏ん切りがつかないでいます。 あとはヤマザキマリ、とり・みき先生の「プリニウス」が文芸誌「新潮」で連載してますね。新潮で漫画が連載されるのは創刊の1904年以来、初めてのことだそうです。

@ひさぴよ

ちゃぐりん懐かしくて涙が…。小学生の時連載されていた「ドキドキ!サバイバルサバイバル分校 (吉川豊)」がメチャクチャ好きでした。 無人島での水の確保の仕方はこれで学びましたね。

農協の雑誌「ちゃぐりん」でふくやまけいこ先生が「ピンキーとキラキラーズ」という児童向け漫画を連載しています。 読むには定期購読を申し込まないといけないのだけど、農家じゃないのに取り寄せるのもなあ…と踏ん切りがつかないでいます。 あとはヤマザキマリ、とり・みき先生の「プリニウス」が文芸誌「新潮」で連載してますね。新潮で漫画が連載されるのは創刊の1904年以来、初めてのことだそうです。

農協の雑誌「ちゃぐりん」でふくやまけいこ先生が「ピンキーとキラキラーズ」という児童向け漫画を連載しています。 読むには定期購読を申し込まないといけないのだけど、農家じゃないのに取り寄せるのもなあ…と踏ん切りがつかないでいます。 あとはヤマザキマリ、とり・みき先生の「プリニウス」が文芸誌「新潮」で連載してますね。新潮で漫画が連載されるのは創刊の1904年以来、初めてのことだそうです。

@ひさぴよ

「ちゃぐりん」気になって調べました。一般の図書館でも置いているところは多々あるようです。お住いの近くにあれば貸出も出来ると思います。国立国会図書館の方を調べてみると、上野にある国際子ども図書館の児童研究資料室に収蔵されてました。難しい名前が付いていますが閲覧利用が出来るようです。

フランス語学習とフランス語圏文化に関する唯一の月刊誌『ふらんす』で、じゃんぽ〜る西先生が連載してる『フランス語っぽい日々』。2013年から連載してるけどまだ単行本になってない。月2ページだから、年24ページ…7年で168ページ…そろそろ出るかなと期待してます。 http://lostinparis.jugem.jp/?eid=349

フランス語学習とフランス語圏文化に関する唯一の月刊誌『ふらんす』で、じゃんぽ〜る西先生が連載してる『フランス語っぽい日々』。2013年から連載してるけどまだ単行本になってない。月2ページだから、年24ページ…7年で168ページ…そろそろ出るかなと期待してます。 http://lostinparis.jugem.jp/?eid=349

@たか

7年って…!超長期連載ですね…!
じゃんぽ〜る西さんのマンガとカレンさんのコラムで計2ページということなのかな?
すっごく面白そう!!!

「ちゃぐりん」気になって調べました。一般の図書館でも置いているところは多々あるようです。お住いの近くにあれば貸出も出来ると思います。国立国会図書館の方を調べてみると、上野にある国際子ども図書館の児童研究資料室に収蔵されてました。難しい名前が付いていますが閲覧利用が出来るようです。

「ちゃぐりん」気になって調べました。一般の図書館でも置いているところは多々あるようです。お住いの近くにあれば貸出も出来ると思います。国立国会図書館の方を調べてみると、上野にある国際子ども図書館の児童研究資料室に収蔵されてました。難しい名前が付いていますが閲覧利用が出来るようです。

@かしこ

ありがとうございます。
なるほど、図書館に行って読むという発想はなかったです。
いろいろと調べてもらい恐縮です^^;
ちなみに上野の国際子ども図書館は一度訪れたことがありますが、
昔の漫画の展示もあるので、古くからの漫画好きの方におすすめの施設ですね。

ありがとうございます。 なるほど、図書館に行って読むという発想はなかったです。 いろいろと調べてもらい恐縮です^^; ちなみに上野の国際子ども図書館は一度訪れたことがありますが、 昔の漫画の展示もあるので、古くからの漫画好きの方におすすめの施設ですね。

ありがとうございます。 なるほど、図書館に行って読むという発想はなかったです。 いろいろと調べてもらい恐縮です^^; ちなみに上野の国際子ども図書館は一度訪れたことがありますが、 昔の漫画の展示もあるので、古くからの漫画好きの方におすすめの施設ですね。

@ひさぴよ

返信ありがとうございます!クソリプ失礼しました:sweat_smile:

お〜!国際子ども図書館にすでに行かれたことがあるんですね!上野にこんな素敵な場所があるなんて盲点でした。今度行ってみます!

「Maybe!」って他にも漫画家さんが描いてましたよね? コナリミサトさん、まんしゅうきつこさん、は覚えてるんだけど…。

「Maybe!」って他にも漫画家さんが描いてましたよね? コナリミサトさん、まんしゅうきつこさん、は覚えてるんだけど…。

@名無し

沖田×華沖田×華の夫婦エッセイ「盆栽カップル」もそうです。ぜひ単行本化して欲しい…!!!!

クイックジャパン(太田出版)は創刊から50号位までは漫画・アニメの情報も豊富で、消えた漫画家や水木しげる水木しげる先生やジョージ秋山ジョージ秋山先生、エヴァや富沢ひとし富沢ひとし先生などディープに取り上げていました。

漫画連載もあって、本秀康本秀康先生や真鍋昌平真鍋昌平先生、小田扉小田扉先生も連載されてましたが、私が印象的だったのは、しりあがり寿しりあがり寿先生の『方舟方舟』です。最近の酷い水害を予見していたような内容で、ゆる〜く絶望的な作品です。

なおそれ以降のQJはしらね。

クイックジャパン(太田出版)は創刊から50号位までは漫画・アニメの情報も豊富で、消えた漫画家や水木しげる先生やジョージ秋山先生、エヴァや富沢ひとし先生などディープに取り上げていました。 漫画連載もあって、本秀康先生や真鍋昌平先生、小田扉先生も連載されてましたが、私が印象的だったのは、しりあがり寿先生の『方舟』です。最近の酷い水害を予見していたような内容で、ゆる〜く絶望的な作品です。 なおそれ以降のQJはしらね。

クイックジャパン(太田出版)は創刊から50号位までは漫画・アニメの情報も豊富で、消えた漫画家や水木しげる先生やジョージ秋山先生、エヴァや富沢ひとし先生などディープに取り上げていました。 漫画連載もあって、本秀康先生や真鍋昌平先生、小田扉先生も連載されてましたが、私が印象的だったのは、しりあがり寿先生の『方舟』です。最近の酷い水害を予見していたような内容で、ゆる〜く絶望的な作品です。 なおそれ以降のQJはしらね。

@あうしぃ@カワイイマンガ

クイックジャパンって音楽とかお笑いを取り上げているイメージがありました!昔はディープで面白かったとは聞いたことがあります…。特に消えた漫画家というのが気になりました。古本屋であさってみようと思います。

クイックジャパンって音楽とかお笑いを取り上げているイメージがありました!昔はディープで面白かったとは聞いたことがあります…。特に消えた漫画家というのが気になりました。古本屋であさってみようと思います。

クイックジャパンって音楽とかお笑いを取り上げているイメージがありました!昔はディープで面白かったとは聞いたことがあります…。特に消えた漫画家というのが気になりました。古本屋であさってみようと思います。

@名無し

クイックジャパンは創刊時は、本当にただの市井の変な人とか、ものすごいアングラな文化とかを取り上げていたのですが、50号で二人目の編集長が交代した時に編集方針が大幅に変更になり、現在のお笑いやアイドルを打ち出す路線になっていったようです。なので本当にディープなものをお読みになりたければ、その辺までを探すのをオススメします。面白いですよ!
また、『消えたマンガ家』は書籍になっていると思います。大泉実成さんが著者です。ただ、雑誌での特別編などが入っているかどうかは分かりません。

クイックジャパンは創刊時は、本当にただの市井の変な人とか、ものすごいアングラな文化とかを取り上げていたのですが、50号で二人目の編集長が交代した時に編集方針が大幅に変更になり、現在のお笑いやアイドルを打ち出す路線になっていったようです。なので本当にディープなものをお読みになりたければ、その辺までを探すのをオススメします。面白いですよ! また、『消えたマンガ家』は書籍になっていると思います。大泉実成さんが著者です。ただ、雑誌での特別編などが入っているかどうかは分かりません。

クイックジャパンは創刊時は、本当にただの市井の変な人とか、ものすごいアングラな文化とかを取り上げていたのですが、50号で二人目の編集長が交代した時に編集方針が大幅に変更になり、現在のお笑いやアイドルを打ち出す路線になっていったようです。なので本当にディープなものをお読みになりたければ、その辺までを探すのをオススメします。面白いですよ! また、『消えたマンガ家』は書籍になっていると思います。大泉実成さんが著者です。ただ、雑誌での特別編などが入っているかどうかは分かりません。

@あうしぃ@カワイイマンガ

身近に初期クイックジャパンを読むようなマニアックな人がいないのでとても興味深いです。詳細な情報ありがとうございます!

うおお…マジか真田先生の『同人女の感情』シリーズがユリイカで読める。ユリイカでおけパに会える

スシローのホームページで寺沢大介寺沢大介が回転寿司マンガを連載している。

「将太の寿司」や「ミスター味っ子」などを手掛けた日本を代表するグルメ漫画家、寺沢大介の自身初となる回転すし漫画「SUSHIROAD寿司道(スシロード)」が読めるのはここだけ!全10話を順次公開予定。

雑誌掲載ではないのですが、自動車販売店のネッツトヨタ熊本がネットで企画・発表している漫画作品があります。 『私の魅力がわからんと!?』は熊本ドライブ漫画。『今日どこさん行くと?』の鹿子木灯先生の新作になります。美しい風景と可愛い男女のやり取りで楽しそうなドライブ!

雑誌掲載ではないのですが、自動車販売店のネッツトヨタ熊本がネットで企画・発表している漫画作品があります。 『私の魅力がわからんと!?』は熊本ドライブ漫画。『今日どこさん行くと?』の鹿子木灯先生の新作になります。美しい風景と可愛い男女のやり取りで楽しそうなドライブ!

@あうしぃ@カワイイマンガ

これ単行本になってくれることを願ってます!

クルマのライフスタイルの「カエライフ」というサイトで漫画連載やってる。

地球のお魚ぽんちゃん地球のお魚ぽんちゃん「世界のカスタム昔ばなし」
クルマネタと昔話を掛け合わせた漫画なのだが、クルマ詳しくなくても楽しめる。

ギャグ漫画家「地球のお魚ぽんちゃん」によるシリーズ「世界のカスタム昔ばなし」がスタートしました! 原案を手がけるのはコメディアンの残念なイケメンもりすけです。みんなが知ってる昔ばなしが、どんなふうに現代風にカスタムされるのか!? お楽しみください!

もう一つは「エンタメ高速道路SA・PAグルメ旅!車中泊漫画家・井上いちろう井上いちろうが喰らう」

1/3ページ
<<
<
1/3ページ
>
>>
コメントする