どうすれば友達になれる?「綿谷さんの友だち」を読んで考える

中学・高校時代を振り返ってみると、今の自分よりも経験値がめちゃくちゃ低いはずなのに「昔の自分すげーな」と思うのが、「普通に友達がいた」ということ。今だったらたぶん同じようにはやれないんじゃないかなー。

もしかしたら「意識せずに自然と友達ができていた」というのはとても無邪気な考えで、「友達が欲しい」と意識していたクラスメイトのコミュニケーションをただ受け身の姿勢で受け止めていただけだったのかもしれない。

そういう、誰もがやっているはずなのに意識してできる人は意外といない「友達を作る」というテーマについて描いたマンガが、今回紹介する大島千春『綿谷さんの友だち』です。

高校3年の春、クラス替えをしたばかりの教室から物語は始まります。

誰とでも打ち解けられるタイプの女子・山岸知恵は、新クラスに入るなり旧友と軽口を言い合い、その場にいた新クラスメイト・飯田さんともあっという間に距離を縮めます。新クラスは誰でも緊張するものですが、とはいえ高校に入って通算3回目のクラス替えなので、慣れてる子は慣れてるわけで。

その山岸さんの隣の席になったのが綿谷さん。知らない子だったので、さっそく山岸さんは話しかけます。「自己紹介にさりげなく軽いジョークを入れる」という、距離接近テクニックを駆使しつつ。

ところが綿谷さんの反応は。

綿谷さんは、相手の言葉を額面通りにしか受け取ることができない。言葉以外の要素、つまり「空気」を読んで対応するということができない。それゆえに今までのクラスでは浮いた存在になっていて、きっとそれゆえに「友達が欲しい」とも思っている。

すべての言葉を真に受けるため、クラスメイトどころか先生にまで「ヘンなやつ」だと思われてしまう綿谷さんに、山岸さんは「あんた何でも言葉通りなんだもん」とズバリ言います。そこで言い返す綿谷さん。

ここ、すごくグサッと来るんですよね。

「言葉をそのまんまの意味でしか捉えられない」というと、最近の風潮だと「発達障害」というカテゴリにやすやすと入れられてしまうのかもしれないけど、いやいや、それ以前に私たちはコミュニケーションの多くを「空気」に依存しすぎなんじゃないか。空気の読み合いで人間関係作って、本当に晴れ晴れとした気持ちで学校生活を送れるのか。空気を読むのはちょっとしたTipsくらいのはずだったのに、気がつくと空気を読むことがすべてにおいて最優先されているんじゃないのか。そういう過剰な空気の読み合いが、マナー講師が暗躍するこんにちの状況を招いているのではないか(飛躍)。

綿谷さんのいないところでは、クラスメイトは綿谷さんのことをこんな風に言っている。山岸さんは空気が読める子なので、そこでは特に反論したりしないわけですが、しかし何かモヤモヤしたものは残る。

そんなとき、コーラをグビグビ飲みながら「ダイエットしたい」とこぼす山岸さんに、綿谷さんが思わぬ一言を。

都合の悪いこと、空気に合わないことも平気で口にしてしまう綿谷さんだからこそ、山岸さんはこの一言にハッとさせられてしまう。なんでもない一言なんですけどね。

でもこのマンガを読んでいると「言葉で相手に気持ちを伝えるのっていいな」「話をしながらお互いに理解しあうのっていいな」という、めちゃくちゃ普通のことの良さに気付かされるんですよね。

綿谷さんみたいな子がどこにでもいるとまでは思わないけど、でもここに出てくるようなシチュエーションは、きっとみんな多少なりとも経験があると思うんですよ。一つの作品としても楽しめるし、自分の過去の記憶がマンガと重なって感慨にふける瞬間もある。これはそういうマンガだと思います。

ところでこのマンガ、構成もいいのです。目次を見てくれ。

ここで紹介した山岸知恵さんを皮切りに、いろいろなクラスメイトが登場してきます。それぞれの事情やバックボーンを抱えたクラスメイトたちと、綿谷さんはどう交流し、どうやって友達になっていくのか。2020年の春に発売予定という2巻も今から楽しみです。

現在、連載ページでは第1話から第3話まで試し読みできるので、気になる人はまずこちらから。

というわけで、大島千春『綿谷さんの友だち』おすすめです!

綿谷さんの友だちのマンガ情報・クチコミ

綿谷さんの友だち/大島千春のマンガ情報・クチコミはマンバでチェック!

コメントする

話題に出た作品のクチコミ

sogor25
sogor25
2019/11/08
綿谷さんの"真っ直ぐな言葉"が心に響く
相手の言ったことを文字通りに受け取ることしか出来ない女子高生・綿谷さん。「凪のお暇」の凪が"空気を読みすぎる"人なら、彼女は"空気を読むことができない"人かもしれない。そんな彼女と、彼女を取り巻くクラスメイトとの物語。 ともすると綿谷さんは"発達障害"や"アスペルガー症候群"などの"病名"をもって語られる存在なのかもしれない。もちろんそうすることで得られる物語的な効果もあるとは思うけど、今作では特段そういう説明のしかたをせず、あくまでよくある高校での一風景として綿谷さんと周囲の日常を描いている。それによって、極端に空気を読まない綿谷さんの存在がより親身なものとして感じられ、現実感のある物語になっている。 そして、空気を読めないことが"真っ直ぐな言葉"となって周囲の人に届くことにより、分かり合えない」のすれ違いから友だちになるまでの過程が高校生活の1ページとしてキレイに可視化されている。 主人公の振る舞いが周りに影響を与えていくというのは「町田くんの世界」や「スキップとローファー」とも近いかもしれないが、興味深いのは基本的に各話の語りの中心が綿谷さんではなくその"友だち"の側にあること。それは各話サブタイトルが友だちの名前になっていることからも分かるし、後から思い返すと作品のタイトル自体も「綿谷さんの"友だち"」だったと気付かされる。そういう意味ではもしかしたら「桐島、部活やめるってよ」に近い演出なのかもしれない。ただ、他者視点が多いなかで綿谷さんの視点でも要所で描かれており、実際に読んでみるとかなり極端な存在なはずの綿谷さんに対しても感情移入できるように作られている。 綿谷さん視点でも"友だち"視点で見ても、いずれにしても作品全体の"真っ直ぐさ"が純粋に心に響く作品。 1巻まで読了。
六文銭
六文銭
2019/11/06
正直に生きにくい人間の清涼剤
同著者の「いぶり暮らし」が好きで、その作家さんの新作ということで読了。 いぶり暮らしでは、グルメ漫画の面よりも、燻製生活を通しての同居人二人の関係や周囲の人間とのやりとりーーいわゆる「人間模様」が好きだっただけに、この作品はよりその点にフォーカスした作品で、個人的にドンズバでした。 綿谷さんは、周囲とあわせられず、空気も読めず、冗談も通じない、不器用な人間です。 「シャーペンの芯ちょっともらえない?」 と聞かれ 「ちょっとって、具体的にどれくらい?」 と聞き返すような感じ。 言葉通りにしか受け止められず、本音でしか生きられない。 皮肉も通じない。 なんと生きにくいだろうなぁと思いながら、どこか彼女を羨ましく思えてしまう。 周囲にあわせるだけの、風見鶏になっている自分としては。 最初は一人だった綿谷さんも、徐々に理解され、また綿谷さんも理解し(学習とも?)、友だちが増えていって、その過程も読んでいてい気持ちいいです。こういう人が報われるのって、嬉しくなるのです。 また、人間関係うまくいってそうなクラスメイトも、内面では色々問題を抱えていて、今後それがどう展開されていくか楽しみです。