ダンジョン飯のレーダーチャートは数値にするとどれくらいなのか

こんにちは。国府町怒児(こうまちぬんじ)です。

皆さんは、ダンジョンで遭難したときにどのように食料を調達しますか?
突飛な質問に感じたらすみません。
ただ、先の分からない時代だからこそ、色々なシミュレーションをしておくべきだと思うんです。
そこで役立つのが、ダンジョン飯というマンガです。

ダンジョン飯とは

(『ダンジョン飯 1巻』17p参照)

ダンジョン飯』は、2014年よりハルタにて連載されているファンタジーマンガです。
金欠に陥った冒険家のライオス一行が、どうにか飢えを凌ぐために、
ダンジョンで現地調達したモンスター達を調理しながら迷宮を旅していくというストーリーです。

作者は、『竜の学校は山の上』、『竜のかわいい七つの子』などの短編で知られる、九井諒子。
複雑な構図や構造物もさらっと描けてしまう画力と、よく整理されたストーリーを生み出す構築力で、どの作品も高水準かつ高いオリジナリティを誇ります。

初の長期連載となったダンジョン飯では、2015年度コミックナタリー大賞・第1位、このマンガがすごい!2016(宝島社)・オトコ編1位、THE BEST MANGA 2016 このマンガを読め!・第1位など、輝かしい賞を総なめにしています。

非常に考察しがいのある作品なのですが、私は以下の点に注目しました。

レーダーチャートは数値にするとどれくらいなのか

(『ダンジョン飯 1巻』33p参照 筆者改定)

それは、完成した料理と共に表示されるレーダーチャートは、どれくらいの数値を意味するのかという点です。
ダンジョン飯では、全ての料理と共に、レシピと栄養価のレーダーチャートが掲載されています。
これを参考にすれば、栄養の目安が分かるわけですね。

ただ、数値が出ていないために、実際にどれくらいのエネルギーを得られて、どれくらいのカルシウムを摂取できるのかは、作中で知ることはできません。
もちろん、作中でそこまで細かく記載する必要はないからですが、バジリスクやドラゴンといった、ダンジョンで出会ったモンスター達がどれくらいの栄養を持っているのか、知りたいじゃないですか。

そこで今回、私が2017年11月頭時点、既刊5巻までの全料理の栄養価を数値にして示そうと思います。

どうやって数値化するのか

では、具体的にどうやって数値化すればいいのでしょうか。
最大の問題は、レーダーチャートの基準が分からない点です。

(『ダンジョン飯 4巻』166p参照 筆者改定)

例えば、こちらの料理のエネルギーが、チャートのマックスを示していたとして、これが400kcalなのか、800kcalなのか、それとも1000kcalなのかが不明なのです。

レシピの材料から導こうにも、「炎竜のブロック肉」や「炎竜テール」といった食材は現実世界にはないため、どれくらいのエネルギーを含んでいるのかが分かりません。

ただ、作中のレーダーチャート自体は、全て同基準のはずです。
なので、現実世界のものだけで作った料理さえ見つかれば、そのレシピを基準に他のチャートも明らかになるはずです。
そんなものは果たしてあるのでしょうか。

ゴーレムの背中で栽培した野菜

(『ダンジョン飯 2巻』12p参照)

なんと一つだけありました。
コミックス2巻に出てきた、ゴーレムの背中を畑代わりにして栽培したサラダです。

(『ダンジョン飯 2巻』21p参照)

この回の料理は作中で唯一、全ての材料が現実世界で手に入ります。
キャベツ、にんじん、じゃがいも、タマネギ。
ははは、分かる。分かるぞ。

では早速、栄養価を求めてみましょう。
各材料の栄養計算は、江崎グリコ株式会社の栄養成分ナビゲーターを参照します。
材料は4人分となっているので、4で割って1人分を出しています。

(『栄養成分ナビゲーター』計算結果3つの表の内、1つ目を掲載)

ゴーレム畑の新鮮野菜ランチ

エネルギー:478kcal(21%)
炭水化物:47.8g(15%)
たんぱく質:9.6g(13%)
脂質:28.2g(51%)
鉄分:1.5g(21%)
カルシウム:79mg(11%)
ビタミン:項目多数により測定不能。A:5265μg、D:0.2μg、E:1.7mg、K:65μg、B1:0.35mg、B2:0.15mg、B6:0.57mg、B12:0.3μg。

以上のようになりました。
具体的な成分が検出できましたね。

カッコ内の数値は、栄養素等表示基準値に対する割合をパーセントで表したものです。
栄養素等表示基準値とは、日本人の1日に必要な量の平均的な値として厚生労働省が定めた目安です。
ここに興味深い数値があります。

(『ダンジョン飯 2巻』21p参照 筆者改定)

脂質:28.2g(51%)

こちらの51%という数値が、レーダーチャートの内側の枠とほぼ一致しています。
ということは、レーダーチャートの内側の枠は、栄養素等表示基準値の50%と考えることができます。
実際、エネルギー(21%)、炭水化物(15%)といった成分も、チャートの内側の線からはみ出していません。
となると外側の枠線は、栄養素等表示基準値の100%でしょうか。
今回は外枠100%として話を進めましょう。

(『ダンジョン飯 2巻』21p参照 筆者改定)

0%から50%の成分に関しては、「データの線の長さ÷内側の枠線までの線の長さ×栄養素等表示基準値の50%の量」で求めることが出来そうです。

(『ダンジョン飯 2巻』21p参照 筆者改定)

50%から100%はチャートの傾斜が変わるので、「(内側の線からはみ出したデータの線の長さ÷内側の枠線から外側の枠線までの線の長さ+50)×栄養素等表示基準値の量」で求めます。
100%を越えていた場合は、「○○kcal以上」「○○g以上」のように記載します。
ビタミンとミネラルに関しては、栄養素等表示基準値がないため、今回は測定対象外とします。

早速この方法で、1巻からの料理を見てみましょう。
初期の数種類の料理と、5巻の料理には内側の枠線がないため、他のレーダーチャートと同じ位置(全体の5分の4)に内側の線を引いた上で成分表示しています。
エネルギーとカルシウムの小数点は、一桁目を四捨五入。その他は、二桁目を四捨五入しています。

大サソリと歩き茸の水炊き

(『ダンジョン飯 1巻』33p参照)

エネルギー:420kcal
脂質:8.6g
たんぱく質:17.6g
ビタミン:対象外
ミネラル:対象外

記念すべき最初の料理です。
ごく初期は、レーダーチャートが5角形(後に7角形→6角形)という特徴があります。

人喰い植物のタルト

(『ダンジョン飯 1巻』59p参照)

エネルギー:473kcal
脂質:11.0g
たんぱく質:15.0g
ビタミン:対象外
ミネラル:対象外

人食い植物のタルトですね。
昼食の残りのサソリ汁を使っているところに、センシのやり繰り上手な一面が見られます。

ローストバジリスク

(『ダンジョン飯 1巻』83p参照)

エネルギー:2100kcal以上
炭水化物:120.0g
たんぱく質:56.3g
脂質:55.0g以上
鉄分:3.4g
カルシウム:210mg
ビタミン:対象外

この回を境にチャートが充実します。
5要素から7要素になり、さらに内枠と色まで追加されています。
これは熱い。

マンドレイクとバジリスクのオムレツ

(『ダンジョン飯 1巻』110p参照)

エネルギー:1575kcal
炭水化物:77.8g
たんぱく質:37.5g
脂質:24.1g
鉄分:2.1g
カルシウム:300mg
ビタミン:対象外

バジリスクを入手したことで、かなり栄養価の高い食事にありつけるようになりました。
料理ができたときの「完成じゃ!」の声は、気に入ったのか今後も多用されます。

マンドレイクのかき揚げと大蝙蝠天

(『ダンジョン飯 1巻』134p参照)

エネルギー:1470kcal
炭水化物:112.0g
たんぱく質:60.0g
脂質:44.0g
鉄分:2.3g
カルシウム:70mg
ビタミン:対象外

もやもやとした背景で描かれてますけど、おいしそうですよね。
バジリスクの卵は、おそらく衣のつなぎに使ったんでしょう。

茹でミミック

(『ダンジョン飯 2巻』152p参照)

エネルギー:315kcal
炭水化物:32.0g
たんぱく質:75.0g
脂質:10.3g
鉄分:0.4g
カルシウム:219mg
ビタミン:対象外

この辺りから、料理の完成したときに付いてた「うわ〜」「ひ〜」といった声がなくなります。
一行が、モンスターを使った料理に免疫がついたのだと思われます。

そのへんに落ちてた大麦の雑炊

(『ダンジョン飯 3巻』26p参照)

エネルギー:840kcal
炭水化物:160.0g
たんぱく質:21.1g
脂質:13.8g
鉄分:1.5g
カルシウム:215mg
ビタミン:対象外

炭水化物は現代では敵視されがちですが、ダンジョンだとありがたいですね。
しっかり体のパワーになってくれます。

ジャイアントクラーケンについてたジャイアント寄生虫のかば焼き&白焼き

(『ダンジョン飯 3巻』53p参照)

エネルギー:1050kcal
炭水化物:22.9g
たんぱく質:34.2g
脂質:20.6g
鉄分:2.1g
カルシウム:220mg
ビタミン:対象外

蒲焼きの作り方にも通じているセンシすごいです。
醤油とみりんで、かなり日本人好みな味付けになっています。

水棲馬の焼き肉

『ダンジョン飯 3巻』102p参照)
(『ダンジョン飯 3巻』102p参照)

エネルギー:1470kcal
炭水化物:80.0g
たんぱく質:60.0g
脂質:27.5g
鉄分:4.5g
カルシウム:131mg
ビタミン:対象外

水棲馬の焼き肉は、全体的に栄養価が高いですね。
「ちゃんと野菜も食べるのだぞ」のコメントに優しさを感じます。

テンタクルスの酢和え

(『ダンジョン飯 3巻』131p参照)

エネルギー:315kcal
炭水化物:96.0g
たんぱく質:18.8g
脂質:10.3g
鉄分:0.4g
カルシウム:35mg
ビタミン:対象外

久々に質素な食事です。
さきいかのようなイメージでしょうか。

テンタクルスのニョッキ

(『ダンジョン飯 3巻』182p参照)
(『ダンジョン飯 3巻』185p参照)

エネルギー:1260kcal
炭水化物:240.0g
たんぱく質:35.0g
脂質:20.6g
鉄分:0.6g
カルシウム:70mg
ビタミン:対象外

行軍しながらの食事、微笑ましいですね。
「テンタクルス中3本」と人参みたいに書いているところもポイントです。

レッツ炎竜にカツレツ

(『ダンジョン飯 4巻』46p参照)

エネルギー:1050kcal
炭水化物:128.0g
たんぱく質:52.5g
脂質:24.1g
鉄分:1.3g
カルシウム:123mg
ビタミン:対象外

炎竜との決戦に備えたご馳走です。
ただ、エネルギーは意外と1000kcalちょっとなんですね。
大ガエルの肉は、鶏のささみのような低カロリー食材なのかもしれません。

ローストレッドドラゴン、ドラゴンテールスープ、タマネギのピザパン

(『ダンジョン飯 4巻』166p参照)

エネルギー:2100kcal
炭水化物:160.0g
たんぱく質:37.5g
脂質:24.1g
鉄分:1.9g
カルシウム:263mg
ビタミン:対象外

ローストレッドドラゴン!めちゃくちゃおいしそう!
肉の断面をカラーで見たいですね。

ジャック・オー・ランタンのポタージュとドライアドのチーズかけ蕾ソテー

(『ダンジョン飯 5巻』138p参照)

エネルギー:438kcal
たんぱく質:14.1g
脂質:10.3g
炭水化物:60.0g
カルシウム:263mg
ビタミン:対象外

ここで鉄分の栄養素が削られて、6角形のチャートになります。
内側の線も削除されています。
栄養素の並び順も変わっているので、調査する方は気をつけて下さい。

コカトリスのアイスバイン風とドライアドの蕾のザワークラウト風

(『ダンジョン飯 5巻』173p参照)

エネルギー:2100kcal
たんぱく質:75.0g以上
脂質:55.0g以上
炭水化物:66.7g
カルシウム:146mg
ビタミン:対象外

ローストバジリスク以来となる、チャートのはみ出しが見られました。
豪勢ですね。

コカトリスの石焼き親子あんかけ

(『ダンジョン飯 5巻』188p参照)

エネルギー:2100kcal以上
たんぱく質:75.0g以上
脂質:55.0g以上
炭水化物:80.0g
カルシウム:219mg
ビタミン:対象外

同じコカトリスを使っても、洋風の次は和風と、飽きさせません。
1巻で手に入れたマンドレイクの実と葉がまだ残っているところも、感心します。

まとめ

以上です。
バジリスクやコカトリスなど、鳥系のモンスターはかなり高カロリーが見込めそうですね。
ダンジョン内で空腹に襲われたときは、積極的に狙っていきたいです。

最後に、料理じゃないのにレーダーチャートが載っている、レアな一コマを掲載しておきます。

(『ダンジョン飯 4巻』137p参照)

主人公の妹を骨から蘇生する場面です。

エネルギー:0kcal
炭水化物:0g
たんぱく質:71.3g
脂質:0g
鉄分:0g
カルシウム:350mg
ビタミン:対象外


参考資料

『ダンジョン飯 1巻〜5巻』2015〜2017 九井諒子 KADOKAWA/エンターブレイン
『すぐわかる栄養成分ナビゲーター』江崎グリコ株式会社 


マンバに『ダンジョン飯』のクチコミを書いてみませんか?印象に残ったセリフや場面など一言でOK!もちろん、長文で熱い想いを書きたい人も大歓迎です!

ダンジョン飯に関するマンガ情報・クチコミ一覧

記事に登場した作品の購入はこちらから!!

コメントする

話題に出た作品のクチコミ

user_private
名無し
2019/07/14
ダンジョン飯
いわゆるゲーム世代の私ですから、ゲームの約束事にいちいち目くじらをたてたりすることはありません(アニメキャラの弓の構え方にはうるさいが)。とはいえ、長時間RPGをプレイしてハイになってくると、いろいろと野暮な疑問がでてきます。その中でも一番は、やはり「女戦士の鎧がなんであんなに露出度が高いのか」なのは間違いないとして、「あいつら一体何を食べていやがるのか?」もかなりランクが高い問ですね。何日も何日も草原を歩き、ダンジョンに潜る彼らは一体何を食べているのか(そのあたりを少しリアルにしたゲームをプレイすると、必然的に餓死が増えるのでとても陰惨な気持ちになります)。  そんな疑問に真正面から取り組んだのが『ダンジョン飯』。作者は「竜の学校は山の上」などファンタジーとリアルの心地よく融合した作品を数多くかかれている九井諒子。この『ダンジョン飯』も例外ではなく、良い塩梅にリアリティがあるのです。  ストーリーは、主人公・ライオスのパーティーがドラゴン相手に全滅しかかるところから始まります。間一髪で脱出魔法で逃げれたかとおもいきや、しかし、妹のファリンがみあたらない。どうやらドラゴンに丸呑みにされてしまったようです。この世界では死んでしまっても、死体があれば生き返ることはできるのですが、ドラゴンの胃の中で溶かされてしまっては難しいかもしれません。  消化が終るまでに助けに向かわなければいけないのですが、荷物は全て迷宮に置いて脱出してしまい一文無し。満足に食糧を買うこともできません。しかし、金策をしている間にも消化されてしまうかも…。  そんなジレンマを抜け出すライオスのアイデアが自給自足です。ダンジョンにモンスターがいるのなら、それを食べればいいじゃない。スライムだろうが、さまようよろいだろうが。  現実社会の我々でも「それはどうか」思いますが、この世界の住人にとってもモンスターを食べるというのは一般的ではありません。  しかし、妙に熱心なライオスに動かされるまま、キノコ型モンスターと大サソリを食べようとしますが、うまくいかない。そこに、モンスター食を実践してきたドワーフが現れ、現実的な料理法をライオスに教えくれるのですが…。  実際に調理シーンになると、完全にグルメマンガのノリです。サソリは切れ込みを入れると出汁が出やすい、キノコ型モンスターの足は特にうまい、スライムは天日干しにすると高級食材になる……そんな食材豆知識とともに、モンスターがおいしく調理されていくのです。第一話の料理は「大サソリと歩き茸の水炊き」。  ファンタジーの世界に寄り添ったリアリティが、雰囲気を壊すことなく新たな面白さを教えてくれる…そんな摩訶不思議なファンタジーグルメ漫画なのです。
せのおです( ˘ω˘ )
せのおです( ˘ω˘ )
2020/02/26
原作が残したマンガへの影響
2/22のマンバ読書会「忍者マンガ&マンガにでてくるネコ」の時に、ゲストの兎来さんのトークでとっても興味を持ったので読んでみました! 以下はトークショーで教えてもらったことですが、原作がなんと1959年。 しかし、60年以上も前の作品とは思えない、奇抜で斬新なキャラクターと忍法、展開の読めない10対10のチーム戦、そして伊賀と甲賀の一族を超えた想い…! 現代のマンガにも多く用いられている物語のテーマやキャラクター設定が本当に盛り沢山!! マンバ読書会のトークショーで兎来さんは、「この作品がなければNARUTO、ONE PIECE、H×Hやジョジョも生まれていなかった」とおっしゃっていましたが、まさにその通りだと思いました!! 2003年から連載が始まったこちらのマンガですが、…かなり夢中になって一気読みしてしまいました。 絵がとにかく美しくて素晴らしい、、!! 少女漫画が大好きで、普段女性向けの作品を読んでいる私なので、 せがわまさき先生のお名前や作品名は知っていたものの、まず読むきっかけが全くありませんでした(笑)が、 今はとにかく読了後のあのラストの余韻と、こんな素晴らしい作品を読むきっかけをくれたマンバ読書会と兎来さんに感謝の気持ちでいっぱいです…!!
マウナケア
マウナケア
2019/09/07
パチスロでも大人気
「ダークナイト」や「アベンジャーズ」もいいけれど、日本人としては”超人”や”集団能力戦”といえばやっぱり忍者でしょう。数多くの名作が存在し、その小説の大家である山田風太郎ファンである私にとっては、ヒーロー大作を見ると、つい、忍者だったらこうだよな、なんて思ってしまうのですよね。ま、それはさておき、その山田風太郎の代表作である甲賀忍法帖が原作であるこの作品。忍者の設定を生かしきり、壮絶な忍術戦を見事に描いていて、なおかつロマンチック…と、これでおもしろくない訳がありません。徳川の跡継ぎ争いに利用され闘うことになった伊賀と甲賀。選ばれたのはそれぞれ10人の精鋭たち。ヘビ人間にクモ人間、カマイタチ使いに毒吐息女、顔を写し取る男に不死身の男らによる人智を超えた闘いは凄絶を極める。そしてタイトルのモチーフになっている大将格の瞳術の男と破幻の瞳を持つ女、引き裂かれた愛する2人に待つものは…と、最後まで一気に読めるジェットコースター・ストーリーです。最近またパチスロになって人気のようですが、それでハマった方にもぜひ読んで欲しいですね。