あらすじ

阪神大賞典を制した駿とシルフィードは、天皇賞への出走権を手にした。一方、圭吾はヒヌマボークと共に関東のトライアル、中山記念に出走。夕貴から課せられた2つのハンデを背負いながらも勝利を収め、騎手として大きく成長した。役者は揃った。過酷な長距離レースを制し、最強古馬の栄冠を手にするのは、果たしてどの馬か!?