ネタバレ

ラストは、2010年3月の六本木のライヴハウス。
…え?お前らメンバー、1980年12月8日何してたの?分かってるんだから、何があってもニューヨークに渡って、全力で止めろよ!

久しぶりに読み返したのですが、これ、原作者、ビートルズはおろか、音楽とか歴史とか全然好きじゃないですね。単に舞台装置として、1962年のビートルズを使っているだけでしょう。
実際、10巻(最終巻)の原作者の後書きを読むと、それの直接的な記述はないにせよ、露骨に分かってしまって、うむーん、と言う感じです。

…とは言え、今考えると1962年のビートルズに会って、何が言えるんでしょうね?物語の主人公、ショウ(ジョージ・ハリソン役)が、ジョージ・ハリソンに向かって「友達付き合いは考えてくれ、嫁さん盗られるぞ」って言ったら、かの名曲「いとしのレイラ」も「ワンダフル・トゥナイト」も生まれなかった訳ですし。

何でこう言う事書いたかって言うと、2023年10月に、ローリング・ストーンズの曲で、ポール・マッカートニーがベース弾いていて、それがモロに、1962年の荒削りのロックン・ロールだったからですね!これが214曲目だったら、どんなに幸せだったでしょう。

(以下、わかるが付くたび、コメント欄にビートルズのトリビアを書きます)

読みたい

しょうもないビートルズのトリビアその2
この時点で、バンド「オアシス」のドラムは、ザック・スターキー(リンゴ・スターの息子)であった訳で、これで笑えるか否かで色々評価が分かれますわね?

しょうもないビートルズのトリビアその2
この時点で、バンド「オアシス」のドラムは、ザック・ス...

しょうもないビートルズのトリビアその3
213曲を全部知っていた劇中バンド、「ファブ・フォー」だけど、じゃぁ、「バンガロー・ビル」のイントロ、どうやって演奏してたの?
これは、ずーっとビートルズ・マニアの間では永遠の謎だったんですよ。この漫画の連載は、2010~2012年なのですが、その時点で誰も知らなかったはずです。ジョンが演っただけなので、ポールもジョージも真実を喋ってくれなかったのです。ここ数年で、ようやく謎が解けたって言う。
ビートルズの謎、解けないのも、まだまだありますよね。

しょうもないビートルズのトリビアその5
久しぶりに聴き返したら、思いの外良かった。っていうか、演奏も、歌詞も、歌もハモりもめちゃくちゃ良くない?
何気に、日本で初めて出たレゲエ・ソングだったりするし。

しょうもないビートルズのトリビアその5
久しぶりに聴き返したら、思いの外良かった。っていうか...

しょうもないビートルズのトリビアその6

結局、この物語は1962年、ビートルズがファーストシングルを出した時点で終わってしまうのです。4人だけのバンド、それで始まって終わるかもしれなかった。でも、歴史はここから動いていくのですね。
1964~1966年にかけて、ジェームズ・マーシャル・ヘンドリックス、ロバート・ジマーマン、キャロル・クライン、ブライアン・ダグラス・ウィルソン、もっともっと彼らに影響を与える、友人とも言える人達が登場するはずです。
そこまで描いて欲しかったけど、まぁ、無理な相談でしょうか。

しょうもないビートルズのトリビアその6

結局、この物語は1962年、ビートルズがファース...

しょうもないビートルズのトリビアその7

The Beatles(Ringo Starr) / The Move(Jeff Lynne) / Cream(Eric Clapton) / Genesis(Phil Collins) / Elton John

このメンバーにあっても、一歩も引かず、長いギターソロを弾くGeorge Harrisonが良いですわ。

しょうもないビートルズのトリビアその8
David Foster自伝"HITMAN"より

ある夜のこと、アティテューズがあっという間にポシャッてしまってまだ間もない頃、ジム・ケルトナーとわたしは他の何人かの男たちとキャロルウッドにあるジョージ・ハリスンの自宅へ行き、軽く飲んで音楽を聴いていた。リンゴ・スターもその場にいたので、わたしは突然、あるアイディアをひらめいた。「ねえ。ジョンとポールに電話して、ここへ来てもらったらどうです?」

ビートルズが四人勢ぞろい? ポールから依頼 「ポールだけど、なにか質問ある?」 マドンナ マイケル・ジャクソンとリサ スルーしかけるも、「わたしの人生においては、ゴッド・ファーザーといえばJBではなく、モーリス・ホワイト」という一節が目に入り借りてみたら、ビートルズ、マドンナ、マイケルetc逸...

しょうもないビートルズのトリビアその9
バンド"Fab 4"は、214曲目を追い求め、自分たちで作る!と言う設定なんだけど、ソレ、"Goodbye"より良い曲だって自信あんの?

しょうもないビートルズのトリビアその9
バンド"Fab 4"は、214曲目を追い求め、自分た...

しょうもないビートルズのトリビアその10

遂に出ましたよ、216曲目のビートルズの曲。幻の214曲目を作ろうとしたバンド"Fab 4"の面々は、これを今、聴いているでしょうか?
…って言うか、この物語、"Free as a Bird"も"Real Love"も無い世界線なんですよね。

しょうもないビートルズのトリビアその11

この曲での、ザック・スータキーのドラムは、すごく良いですよね。
父親(リンゴ・スター)とも、師匠(キース・ムーン)とも違う、原曲で演奏している、ケニー・ジョンズ(元スモール・フェイセズ)のスタイルに対する畏敬の念がある。

…って言うか、これ、ピート・タウンゼントが一人で歌い切る回なんだ!

しょうもないビートルズのトリビアその12

そう言えば、「コンサート・フォー・ジョージ」の劇場公開も、今年、2023年でしたね。
ビリー・プレストンも死んじゃったよね、とか、エリック・クラプトンの12弦ギターの演奏とか珍しいよな、ダーニ・ハリスンが若い頃の親父さんの生き写しだよな、等々、今観てもしんみり。

しょうもないビートルズのトリビアその14

僕はビートルズ」の世界線で、この曲、どういう扱いなんでしょうね…?
ジョージ・ハリソンが作詞作曲、アレンジ、プローデュース。
演奏は、ジョン・レノン抜きのビートルズ3人に、エリック・クラプトンとニッキー・ホプキンス(ローリング・ストーンズ)。
よく知られるように、「ホワイト・アルバム」のボツ曲なんですよね。後々ビートルズのバージョンも発表されるんですよ。

もう、これが214曲目のビートルズの曲で良いんじゃないか、位には思うんですけど。

Jackie Lomax - Sour Milk Sea

しょうもないビートルズのトリビアその15

本日は、2023年11月29日。あれから22年経ちました。
結局、「僕はビートルズ」では、触れられることはありませんでした。
2001年11月29日は、存在しない世界線だったのでしょうか…?

誰もビートルズになりたいなんて思わないですよ。にコメントする
user_private
レトロゲ
生粋の作者が描くレトロゲー×美少女 #1巻応援
レトロゲ
兎来栄寿
兎来栄寿
20年以上前のゲームをレトロゲーとするなら、プレイステーションやセガサターンはおろかプレイステーション2やゲームキューブやニンテンドーDSすら最早レトロゲーという時代。いかがお過ごしですか。良いんです、私たちは『ガンダムSEED』を観たり『FF7REBIRTH』をプレイして盛り上がって楽しく生きていましょう。 さて、皆さんレトロゲームはお好きですか。かわいい女の子×レトロゲームという組み合わせの作品も増えてきた昨今ですが、本作は一味違います。なぜなら、原作者があの『Final Re:Quest ファイナルリクエスト』の日下一郎さんだからです!(『ファイナルリクエスト』は私の激推し作品のひとつですので、未体験でしたらぜひ検索してみてください) 主人公・英川叡子の「サブカルにも詳しくレトロゲーの知識もYoutubeで学んだ」という設定は、時代だなあと感じずにはいられません。2000年以降に生まれた子が知るのは親など近くにいる大人や兄弟姉妹に好きな人がいないと無理ですからね。カセットをふーふーした体験とか持ってなくて当然なわけですよ。 その超成績優秀な叡子の更にちょっと上を行く、塾でいつもトップを取っている美原美子は、生粋にして本物のレトロゲー好き女子。 第1話では、美子が「ファミコンを代表する1本は何か」と問い、叡子は『マリオ3』と答えます。わかります。それに対して、とある理由により美子が返す答えは『'89 電脳九星占い』。もう、この時点で格が違いますし、このマンガの本気度が伝わりますね。 マンガに例えるなら、「『ガロ』を代表する1冊は何か」と問われて『カムイ伝』と答える一般人に対して『『ガロ』に人生を捧げた男 ― 全身編集者の告白』と答えるみたいな感じでしょうか(余計伝わりにくそう)。 世間の皆が『ドラクエ』や『FF』に興じていた中で、それらもやった上で『アマランス』や『グレイストン・サーガ』にも興じていそうなオーラをビンビンに感じます。 3話では、究極の問題である『ドラクエ5』の結婚にも切り込みます。叡子はフローラ派であり、長年迫害を続けられつつもPS2版では幼少期にビアンカよりも早い登場があり大逆転を果たしたものの、『いたストDQ&FF』にて性格に難がありすぎてまた辛い思いをした私にとって推しポイントは違うものの勇気付けられる話でした。 5話の冒頭の懐かしいCMネタなどにも、往年のゲーマーならニヤリとしてしまうことでしょう。ドリームキャストで通信費がえらいことになって親に鬼詰めされていた友人は元気かな。 黒い「R7」などは、日下さんならではの、他の人にはなかなか描けない領域の濃ゆいレトロゲーネタでしょう。そういったものが好きな方には最高の作品です。もちろん私は大好きです。 クソゲーへの向き合い方も、愛を感じてとても良いです。さすがに6人プレイはしたことないですけど。 毎回のピアスやイヤリングに、そのときに扱う作品や事象が示唆されているのも面白いです。ただレトロゲームについてマニアックに語るだけでは終わらない展開も見どころです。 海外に日本のレトロゲームが流出していく流れが激化する昨今、ザリガニやミカドなどに行くのが好きな私としてはああいう遺産レベルのゲームを国内に保全する大きな場所ができてほしいですね。 ともあれ、レトロゲーマーとしては、「そんな話をもっとしてくれ…もっと……!」と赤木の前の銀次のようになる作品です。
アイアンファミリア
『オナ禁エスパー』作者が描く王道バトルファンタジー #1巻応援
アイアンファミリア
star
star
star
star
star_border
兎来栄寿
兎来栄寿
『オナ禁エスパー』で一躍名を馳せた竜丸さんの、待望の連載作品です。 人造人間であるホムンクルスが存在する世界を舞台に繰り広げられる、随所に王道少年マンガ感が溢れているダークファンタジーとなっています。 王道であるが故に展開には既視感を覚える方、特に第1話はプロットに『チェンソーマン』を感じる方は少なくないでしょう。しかし、そこは竜丸さん。徐々に独自の持ち味を発揮していきます。 特に1巻で見どころなのは、3話の「新人の通過儀礼」。主人公テツヲが新たな生活を始める拠点となる蜂須館において、自称「かしこくて知的で頭の良い十四歳」シローと自称「十三歳で館一番の美女」カレンが課すとんでもない対決です。ここに竜丸さん節極まれり。 蜂須館の主であり母性と底知れぬ強さを感じさせる蜂須さんや、自称蜂須館で一番キュートなホムンクルスことクレコさんなどのキャラもとても良いです。立っているキャラは続々出てきますし、それぞれの固有の能力に伴った掘り下げも楽しみです。 また、 「多勢に無勢 去勢のひとつでも張ってみろ」 や 「血飛沫に反吐と硝煙」 のような七五調が滲み出る独特のセリフのセンスも小気味いいです。 時折混じるギャグとシリアスの塩梅も良く、濃ゆいオリジナリティを上手く人口に膾炙するように落とし込んである作品となっています。純粋な尖った作家性を見たい方は『オナ禁エスパー 竜丸短編集』の方をお薦めしますが、王道少年マンガを好きな方にはこちらもお薦めです。
パンチラッシュJKタラちゃん
『股間無双』作者が送る健康的JK格闘 #1巻応援
パンチラッシュJKタラちゃん
star
star
star
star
star_border
兎来栄寿
兎来栄寿
『股間無双~嫌われ勇者は魔族に愛される~』のジブローさんが原作を務め、新鋭の斯道歩さんが作画を担当する本作。 身長2mを超える威圧感ほとぼしる風貌で中学時代に喧嘩無敗の「拳王」と呼ばれ恐れられた男・二階堂勝王(かつおう)は実は一度も戦ったことがないビビりで、本当に強くて武で頂点を目指しているのは双子の妹である多薇(たら)だったという設定で始まる健康的学園格闘マンガです。 ジブローさんの作品ということで『股間無双』をお読みの方であればご存知の通り、良い意味でとても頭の悪いマンガとなっています。だが、それがいい。 勝王いわく「学校で一番風紀を乱している」教師である吉良綺羅々(きらきらら)先生はとにかく「バルン」「バルン」という擬音を放ちながら初登場から4ページかけてその恵体を見せつけてきますし、多薇と最初に戦うことになる″鉄拳アングリー″こと中島亜久里(あぐり)も自身の癖を露わにする妄想を3ページかけて見せつけてきます。いい趣味してるぜアングリー! 1話読めば解る、健康的な描写への尺の割き方に安心と信頼のジブロー節を感じずにはいられません。「パンチラッシュ」の「ッシュ」の部分から色を変える装丁も、作り手の意志と意気込みを感じます。 斯道歩さんの高い画力が存分に生かされたパンチラやパンツ舐め構図の豊富さは、大変に健康的です。かと思えば、格闘アクション部分の描写も非常に力が入っていて迫力があり格闘マンガとしての楽しさもしっかりとあります。 スネ毛のキモさに定評のある″スネ一文字″ローキック菊郎のようなダサい名前のイケメンがブチ切れている性格で、しかもしっかり強いのは坂本ジュリエッタ的な何かを感じます。 巨乳で絶対領域持ちの黒髪ロングストレートJKがガチで戦うマンガが好きな方、『はぐれアイドル地獄変』や『一勝千金』が好きな方にオススメです。 それにしても、長谷川町子さんもまさかこんな作品のモチーフになるとは思っていなかったでしょう。
レトロゲ
生粋の作者が描くレトロゲー×美少女 #1巻応援
レトロゲ
兎来栄寿
兎来栄寿
20年以上前のゲームをレトロゲーとするなら、プレイステーションやセガサターンはおろかプレイステーション2やゲームキューブやニンテンドーDSすら最早レトロゲーという時代。いかがお過ごしですか。良いんです、私たちは『ガンダムSEED』を観たり『FF7REBIRTH』をプレイして盛り上がって楽しく生きていましょう。 さて、皆さんレトロゲームはお好きですか。かわいい女の子×レトロゲームという組み合わせの作品も増えてきた昨今ですが、本作は一味違います。なぜなら、原作者があの『Final Re:Quest ファイナルリクエスト』の日下一郎さんだからです!(『ファイナルリクエスト』は私の激推し作品のひとつですので、未体験でしたらぜひ検索してみてください) 主人公・英川叡子の「サブカルにも詳しくレトロゲーの知識もYoutubeで学んだ」という設定は、時代だなあと感じずにはいられません。2000年以降に生まれた子が知るのは親など近くにいる大人や兄弟姉妹に好きな人がいないと無理ですからね。カセットをふーふーした体験とか持ってなくて当然なわけですよ。 その超成績優秀な叡子の更にちょっと上を行く、塾でいつもトップを取っている美原美子は、生粋にして本物のレトロゲー好き女子。 第1話では、美子が「ファミコンを代表する1本は何か」と問い、叡子は『マリオ3』と答えます。わかります。それに対して、とある理由により美子が返す答えは『'89 電脳九星占い』。もう、この時点で格が違いますし、このマンガの本気度が伝わりますね。 マンガに例えるなら、「『ガロ』を代表する1冊は何か」と問われて『カムイ伝』と答える一般人に対して『『ガロ』に人生を捧げた男 ― 全身編集者の告白』と答えるみたいな感じでしょうか(余計伝わりにくそう)。 世間の皆が『ドラクエ』や『FF』に興じていた中で、それらもやった上で『アマランス』や『グレイストン・サーガ』にも興じていそうなオーラをビンビンに感じます。 3話では、究極の問題である『ドラクエ5』の結婚にも切り込みます。叡子はフローラ派であり、長年迫害を続けられつつもPS2版では幼少期にビアンカよりも早い登場があり大逆転を果たしたものの、『いたストDQ&FF』にて性格に難がありすぎてまた辛い思いをした私にとって推しポイントは違うものの勇気付けられる話でした。 5話の冒頭の懐かしいCMネタなどにも、往年のゲーマーならニヤリとしてしまうことでしょう。ドリームキャストで通信費がえらいことになって親に鬼詰めされていた友人は元気かな。 黒い「R7」などは、日下さんならではの、他の人にはなかなか描けない領域の濃ゆいレトロゲーネタでしょう。そういったものが好きな方には最高の作品です。もちろん私は大好きです。 クソゲーへの向き合い方も、愛を感じてとても良いです。さすがに6人プレイはしたことないですけど。 毎回のピアスやイヤリングに、そのときに扱う作品や事象が示唆されているのも面白いです。ただレトロゲームについてマニアックに語るだけでは終わらない展開も見どころです。 海外に日本のレトロゲームが流出していく流れが激化する昨今、ザリガニやミカドなどに行くのが好きな私としてはああいう遺産レベルのゲームを国内に保全する大きな場所ができてほしいですね。 ともあれ、レトロゲーマーとしては、「そんな話をもっとしてくれ…もっと……!」と赤木の前の銀次のようになる作品です。
shopping_cart
ストアに行く
common/store_amazon.png
common/store_ebookjapan.png
common/store_dmm.png
common/store_booklive.png
common/store_cmoa.png
common/store_bookwalker.png
common/store_renta.png
common/store_honto.png
common/store_ameba.png
add
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
close
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
star_border
star_border
star_border
star_border
star_border
メモ(非公開)
以下のボタンから感想を入力することができます(別ウィンドウが開きます)
感想を投稿
完了する
notifications
フォローする
メモを登録
close
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
public
star_border
star_border
star_border
star_border
star_border
repeat
また読みたい
menu