誰がために戦う

一番下のコメントへ

歌詞って書いても大丈夫なんだっけ、とちょっと考えてしまったw

言わずとしれた石ノ森章太郎石ノ森章太郎の代表作。

石ノ森章太郎を知らないという人は手塚治虫手塚治虫は知ってるだろうか。
ドラえもん(てんとう虫コミックス)ドラえもんの作者である藤子不二雄がFとAという二人いるのは知ってるだろうか。
おそ松さんおそ松さんを知っていたとしたらおそ松くんおそ松くんは知ってるだろうか。

今でも色々なところでリメイクリメイクされたり世界中にファンがいたりする作品たちを生み出した、日本の誇るジャパニーズマンガ文化の礎となった大作家たちにちょっとでも興味を持ってもらえたら嬉しいなと老婆心がうずく。

最近でも何度目かわからないアニメ化がされ、そこそこ話題となっていた「サイボーグ009 【石ノ森章太郎デジタル大全】サイボーグ009」は、9人のサイボーグたちが世界の悪と戦う話。
実は彼らそれぞれの背景が割と凄まじく、ちゃんとそこら辺も謎に包まずに描いてくれているので(全部じゃないけど)キャラクターへの愛着も湧きやすい。

あとサイボーグっていう単語はこれで初めて聞いた気がする。
機械人間なのかーキカイダーと同じかなーとか思ってたら同じ著者だったという衝撃。仮面ライダー仮面ライダーも石ノ森先生だからね!
そして何よりこのサイボーグたちはそれぞれ異なる特殊能力を持っているのだが、なんと主人公は奥歯に加速装置が入っていて超スピードで移動することができる。すごい発想。

全然「へぇ」とすら思われないかもしれないけど、当時はたぶんたぶんそんなこと考えた人いなかったと思うのよね、私もだいぶ後発組なのでほんとの当時は知らないのですが。
奥歯に仕込みなんて男塾でカヤクメシの起爆するので初めて見たもんたもん
小学生はあれ信じちゃうんだもんなー民明書房はすごいよね…

違う漫画の話になってしまった。

今振り返って1巻を読んでみたが絵が全然違って軽く衝撃を受けた。
石ノ森先生は009の中だけでも語れるぐらい進化されていたのだなーと。あんまり詳しく知らないけど、きっと他にもいっぱい同時に連載を抱えてらっしゃったのであろう。

なんにせよ009以前と009以後では人間の「妄想」の広がり方が大きく異る。そのぐらいの影響を残した超超超名作なのである。

日本に生まれた少年は皆読むべきなのだ、ダークなとこもあるけど。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー