ほのぼのでうまそう

築地のグルメ漫画かと思いきや…勤めていた銀行を辞めて急に築地仲卸『魚辰』の三代目になる、というところがポイントです。何も知らない素人のくせに…(笑)だからこそ、いかにして二代目である義父や客、同僚に認められるか…持ち前の食いしん坊を武器に三代目を目指して切磋琢磨する話です。
基本的にほのぼのしてて、まったり読めますが、ものすごく魚が食べたくなります。元板前の英二さんがめちゃくちゃ渋くてかっこいい!

余談ですが主人公に天然なところがあるので、「bokete」のコラでサイコサイコ扱いされてるのはツボにはまりましたね。

1/2ページ
<< 最新
<
1/2ページ
>
最初 >>
コラムの作者が有名な声優だったような覚えがある 平野文さんかな。 漫画の料理アドバイザーの小川氏の奥様。 コミックス巻末の料理教室漫画に夫婦で登場していた。

コラムの作者が有名な声優だったような覚えがある 平野文さんかな。 漫画の料理アドバイザーの小川氏の奥様。 コミックス巻末の料理教室漫画に夫婦で登場していた。

@名無し

そうでした。ありがとうございます。 

栄二さんは、てっきり三代目に嫌がらせをするキャラかと思っていたが真逆だった。
二枚目だし、しっかり恋愛もしているしワリとカワイイ部分もあるしそのうえ働き者。
しかし魚河岸で働いて夜は小料理屋とか働きすぎだろ。

そういうや三代目は最期まで一人でセリ場に参加しなかったな。
がんがんセリに参加するようになって、
「これで一人前だな」で終わるかと思ったこともあったんだが。

「一番丸いけす」とかウナギの「坂東太郎」とか、実在するのをそのままだったりすこし名前を変えたりして作品中に登場させてるみたいですね。
そういうの食べてみたい。

近所のスーパーで「どんちっち」の干物
(42巻で登場)を売っていて驚いた。
しかし高いので買うのを躊躇していたら、その後は入荷しないのか見かけることが無くなった。
あのとき買っておくべきだった。

スーパーで大きめのカレイの味噌漬けみたいのが安く売っていて思わず買って家で調理、全然おいしくなくてなんでだろう…と考えた瞬間にこの漫画を思い出した。大きいカレイでなく小さいオヒョウだったのかも…orz

やはりソテーしてワインをかけるか、ホワイトソースで食べるのが良いのだろうか(3巻)。
オヒョウではなくてどっかの大学の研究室が放出した松葉カレイだったのかも(15巻)。

第10巻の「希望のウナギ」に出てくる養殖ウナギの坂東太郎は東京に直営店もあるしオンライン販売もしている。
が、値段が高い。
そもそも高くても値段以上の美味しさはある、というウナギではあるんだろうけれど、やはり買うのは勇気がいる。
イオン系スーパーが売っているウナギ風蒲鉾とかナマズ近似種の蒲焼とかのほうを、つい買ってしまう。

ウィキペディアより・・
原作は大石けんいち(第1巻)、鍋島雅治(第2巻 - 第21巻、以後は原案)、九和かずと(第21巻 - 第42巻)。

21巻以降も鍋島氏が原案に関わっているみたいだから、九和氏はアレンジャーみたいな人なのかな?

この漫画で「サワラの刺身」を見て食べてみたいと思い、何度か機会があって食べることが出来た。
漫画に出てきたサワラほどに鮮度のよいものではなかったとおもうが、それでも美味かった。
一度は岡山で食べてみたい。

確かにこの漫画のサワラの刺身はむちゃくちゃうまそうだった。
サワラを刺身で食えるというのはこの漫画で知って、岡山県出身に会うと「サワラの刺身」を食ったことある?って聞いてしまう
聞いた人みんな美味いっていうね

サワラの握り寿司も一度食べてみたいけれど、漫画の中では岡山にもそういう食べ方はないみたい。
なぜなんだろう?刺身でそこまで美味けりゃ
とっくに岡山でもサワラの握り寿司とか
やっていそうなものだが?
そこそこの値段の寿司になるだろうから、
その値段ならマグロとかウニとか喰うわってなって
客商売にならないのかな。

魚も美味しそうだけど、よくでてくる茂助のだんごも美味しそう
築地の近くに行くたびに買おうを思うんだが、未だに行けていない

魚も美味しそうだけど、よくでてくる茂助のだんごも美味しそう 築地の近くに行くたびに買おうを思うんだが、未だに行けていない

魚も美味しそうだけど、よくでてくる茂助のだんごも美味しそう 築地の近くに行くたびに買おうを思うんだが、未だに行けていない

@名無し

エリさんの好物ですね。
築地は魚以外にもおいしそうなものが一杯あるみたいですね。
それらも含めて移転したらどうなるのかな。

湯煮という調理法が42巻で出て来る。
この漫画でみて作ってみて、魚をかえて何回も
食べているが、
簡単に出来て、魚が美味しく食べられる。

それだけに42巻が最終巻になったのは残念。
もっといろいろと魚の調理法を知りたかった。

回転寿司でサヨリがオススメだったが
とりで寿司さんの女将さんの話を思い出して
「・・・まだ旬には早い」
と思ってしまった(笑)。

そろそろサヨリも旬かな。食いに行くか。
回転寿司に行くのであれば、冷凍物の可能性もないではないが(笑)。

この漫画は旬の魚の話が多いので季節ごとに読んだりする。
もうすぐ桜の季節だが、29巻が桜や花見に関連した話
(サクラエビやクリガニ)が載っていて面白い。
すこし遠出して花見しながら美味しいものを食べたくなる。

活き車エビ様の天ぷらが食べたいな~芯がアルデンテのやつ

活き車エビ様の天ぷらが食べたいな~芯がアルデンテのやつ

@やむちゃ

絶対に美味いだろうな、って思う。
揚げたてを直ぐに食べなきゃだめなんだろうということも。
その一方で、なんで天ぷらでなくてエビフライにしたら
時間がたって冷めても美味いのかが良くわからなかったが。

そうそう!そうなんですよね…はっきり説明されてないんですよ。
天ぷらの衣よりフライのパン粉の方が水分が抜けきるから、時間が経っても変化しにくいんだろうなぁとは思うんですけど…
天ぷら屋さん(?)に行くしかないですよね…敷居高いけど…

1/2ページ
<< 最新
<
1/2ページ
>
最初 >>
コメントする
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー