icon_reread
また読みたい
フォロー
火災調査官 紅蓮次郎(1)
火災現場の焼け落ちた跡に微かに残る真実の残滓。その僅かな手がかりの中から、原因、責任、さらには悪さえも炙り出す男がいる――。消防庁のホームズと呼ばれる火災調査官・紅蓮次郎(くれない・れんじろう)が、灰の中にある真実を見つけ出す、比類なき炎のミステリー!キャバクラの火災現場にやってきた紅たちの前に現れた警察キャリアの美女・黒木メイ。彼女はこの火災は女性関係でクビになった元従業員による放火だと話すのだが……!?
火災調査官 紅蓮次郎(2)
全てが焼き尽くされてしまったかに見える灰の中から、なお焼け残る喜怒哀楽の人生模様を見つけ出す男がいる――。火災調査官・紅蓮次郎(くれない・れんじろう)が活躍する比類なき炎のミステリー第2弾!同期の女性社員・八神(やがみ)から共新ストア大町店の担当を引き継いだ営業マン・木下(きのした)だが、店長・横山(よこやま)から嫌われてカップ麺の入荷量を減らされそうになる。翌日その店が半焼して、その放火の容疑が木下にかかるのだが……!?
火災調査官 紅蓮次郎(3)
灰の中にある真実を見つけ出す火災調査官・紅蓮次郎(くれない・れんじろう)の原点とは…。それは、あの未曾有の大災害にあった。炎を知り尽くした男の壮絶なる過去が今、語られる――。調査に来ていた爆発現場で閉じこめられてしまった紅。静寂の中、紅は14年前の阪神神戸淡路大震災のことを思い出していた。当時レスキュー小隊の隊長だった紅は、地震の影響で給水できず炎の壁に囲まれ、救助が絶望視された少女を発見して……!?地獄絵図を見た紅が行き着いた先とは…!?紅蓮次郎、涙と感動のラストミッション!