徘徊先生 1巻
惚けてるけど達人・沢木先生の心の授業。沢木先生は小田原の城下町に住んでいる元・高校の倫理社会の教師。定年になった今は毎日、あちらこちらを散歩(徘徊)している。少し耄碌しているので出会う人に時にキツイことを言ったりするが、幸せな出会いとこころの触れ合いを探して、沢木先生は今日も散歩(徘徊)しているのだ。
徘徊先生 2巻
ボケてるけど達人・沢木先生の心の授業。沢木先生は小田原の城下町に住んでいる元・高校の倫理社会の教師。定年になった今、毎日あちらこちらを散歩(徘徊)している。少し耄碌しているので出会う人に時にキツイことを言ったりするが、幸せな出会いとこころのふれあいを求めて、沢木先生は今日も街を彷徨っているのだ。本巻は先生がぼたっくりの飲み屋に舞い込んだ『教師冥利』や夢破れ都会をあとにする青年とのふれあいを描いた『一枚のコイン』を始め、8編の短編を収録した読み応えたっぷりの一冊です。
徘徊先生 3巻
こころを識りたい。沢木先生の課外授業。沢木先生は小田原の城下町に住んでいる元・高校の倫理社会の教師。定年になった今、毎日あちらこちらを散歩(徘徊)している。少し耄碌しているので出会う人に時にキツイことを言ったりするが、幸せな出会いとこころのふれあいを求めて、沢木先生は今日も街を彷徨っている。本巻は人生の幸せを考える『明日死ぬとしたら』、先生と認知症の老人の珍道中『ここはどこだ?』など8編の短編を収録した読み応えたっぷりの一冊です。
また読みたい
フォロー