子供向けなのに死のイメージがつきまとう「モジャ公」は藤子F屈指の傑作!

藤子・F・不二雄の代表作といえば?

と聞かれたら、みなさん何と答えますかね。たぶん一番多いのは「ドラえもん」なんだろうけど、それだとあまりにも当たり前すぎるので、「キテレツ大百科」や「エスパー魔美」を挙げる人もいると思います。で、そのへんの作品に続けて、SF短編を挙げてくる人もおそらくそれなりにいるんじゃないでしょうか。

挙げてくる短編作品が「ノスタル爺」だったり「ヒョンヒョロ」だったり「カンビュセスの籤(くじ)」だったり、多少の違いは出てくるだろうけど、「SF短編も代表作の一つ」という藤子F観に異論のある人はまずいないでしょう。現代の藤子F観はそういうところまで来ている。

そこに「モジャ公」も加えてほしい。

と思ってこの原稿を書いています。もともと読んだ人からの評価は高くて、「隠れた名作」のような扱いになっているのですが、もっともっといろんな人に読んでもらって、「隠れてない名作」「堂々たる代表作」にしたいのです。

自分が「モジャ公」と出会ったのは小学2年生。歯医者の待合室に置いてあったマンガが、たしかそれしかなかったんですよね。絵柄ですぐに「ドラえもん」の作者だとわかって、暇つぶしに読んでみたら、めちゃくちゃにハマってしまった。ぶっちゃけて言うと、ある時期の子供って「マンガなら別になんでもいい。とりあえずマンガでさえあれば<読まない>という選択肢はない」みたいなところあるじゃないですか。基本、娯楽に飢えているので。

しかし、「モジャ公」は全然そういうところがなかったんですね。明らかにのめり込んで、集中して読んだ。診察が終わっても居残って読んだ。それくらい衝撃を受けた作品なのですが、あまりに昔のことなので、大人になったら内容を完全に忘れてしまっておりまして。ただ、「他の藤子F作品とは絵柄は同じだけどテイストがまったく違う」「扱っているテーマがやたらシリアスだった」という”思い出”だけが、強烈に刻み込まれていたわけです。

で、大人になってそのことを思い出し、「『モジャ公』、すごい作品だったという思い出だけが残っているけど、いま読んでもそうなんだろうか?」と思い、ちょうど刊行されていた藤子・F・不二雄大全集の「モジャ公」を読んでみたら。

大人になって読んでも、やっぱり傑作だったのです。小2の純粋な目に狂いはなかった。

かいつまんで作品の概要を説明しますと……。

主人公は地球人の天野空夫(あまの・そらお)、謎の宇宙生物・モジャラ(=モジャ公)、ロボットのドンモの3人。なんとなく「21エモン」の21エモン、モンガー、ゴンスケに似てますが、実はこれ、「21エモン」の後継的な作品でもあります(詳しくは後述)。

叱られてばかりの生活に嫌気がさして、宇宙に家出していたモジャ公とドンモ。2人が似たような境遇の仲間を探していたところ、地球で空夫を見つけ、「一緒に家出しよう」とスカウト。母親からガミガミ怒られてうんざりしていた空夫がその誘いに乗り、3人で宇宙を旅することになった……というのがイントロダクション。

主人公の3人とも「叱られるのが嫌で家出した」わけですから、要するに全員ボンクラ。誰も特殊能力を持っていません。それどころか、計画性がなかったり、見栄を張ったり、お人好しだったりで、だいたい誰かが何かしでかしている(この手の藤子Fのキャラの中では屈指の人間くささ)。それでもお互いに助け合ったり、ピンチにおちいっても一人だけたまたま調子が良かったりして、まあなんとかやっていくわけです。

基本的には宇宙の星々を旅していくお話で、前半に出てくるボッタクリの星や恐竜の星、アステロイド・ラリーに参加する回も面白いのですが、あきらかに「藤子F、ギア入れてきたな……」と感じたのが後半のラインナップ。

「自殺集団」
突然変異で細胞が異常な再生能力を持つようになり、住人が誰も死ななくなった星、フェニックス。空夫、モジャ公、ドンモは成り行きで公開自殺イベント「自殺フェスティバル」をやることになり、星じゅうが彼らの自殺を期待して大フィーバーします。

「天国よいとこ」
かつては銀河系最古の文明を誇っていたが、今ではすべてが滅び去った死の世界……のはずなのに、なんど調査隊を送り込んでも「すばらしい! 天国のような星です」という連絡を最後に消息が不明になってしまう星、シャングリラを探検する回。

巨大惑星が地球に徐々に迫ってくる中、人類が狂乱におちいる「地球最後の日」。

とにかくやたらと「死のイメージ」がつきまとってくるのです。読んでて思い出したけど、小2のときに読んでショックだったのは、「地球最後の日」に出てくるこのコマ。

いま見ても十分ショックだけど、小2当時はものすごいショックだったんですよ。というより「自殺」という概念は、このマンガで初めて知りました。

SF短編集も暗いテイストの話が多いけど、でもあれは「短編」ですよね。「モジャ公」は一つのエピソードで連載5〜6話分使っているので、藤子F作品ではかなりの長編SFなのです(「大長編ドラえもん」もコロコロの連載ベースでは5〜6話分)。

しかも主人公が「ドジな3人組」って、それだけ見たら「ドラえもん」「キテレツ大百科」「パーマン」寄りのほうのマンガだと最初は思うじゃないですか。実際そう思ってたし。そう思わせておいて、さらっとブラックなテイストを入れ込んでくるから、余計にガ・ガーン!となってしまう。

つまり「モジャ公」は、「少年マンガっぽい主人公」で「長編SF」で「ブラックなテイスト」という、数多い藤子F作品の中でもかなり独特な位置づけの作品なのです。

ちなみに大人になって読んだ「モジャ公」は、藤子・F・不二雄大全集の一つとして刊行されたもの。当時差し替えになった元原稿も掲載されているので、文庫などもありますが、大全集版のほうをおすすめします。

で、巻末に「たのしい幼稚園」に連載されていたバージョンも収録されているのですが、「さすがに幼稚園向けのバージョンは読まなくていいかな」と思ってたら、突然こんなのが出てきたりするので油断ならない。

ところで、小2当時の感覚としては、「モジャ公」は「ちょっと背伸びして読んだマンガ」だったんですよ。リアルタイムで読んでいたコロコロコミック(もちろん藤子作品も掲載されていた)とはかなり毛色が違ってたし。しかし調べてみると、「モジャ公」が連載されていたのは、小学生向けの雑誌「ぼくらマガジン」。週刊少年マガジンがだんだん青年にも読まれるようになってきたので、「マガジンの弟分」的な位置づけで小学校低学年向けに特化した雑誌だったのです。背伸びでもなんでもなかった。

ちょっと気になって「ぼくらマガジン」の掲載作品を調べたら、永井豪「魔王ダンテ」とか、ムロタニ・ツネ象「人形地獄」とか、奥田継夫/政岡としや「ボクちゃんの戦場」とか、ハードな作品ばかりで、石ノ森章太郎「仮面ライダー」も掲載されてるけど原作はけっこうハードボイルドで、「ぼくらマガジン、なんなんだ」という気持ちになりました。リアルタイムで読んでた世代には有名な話なんでしょうが。

「モジャ公」と「21エモン」の関係についても書いておきます。

「21エモン」は未来の東京にあるホテル「つづれ屋」を舞台に、宇宙からやってくる旅行者が巻き起こす事件を描いたマンガ。現代/未来という違いはあるとはいえ、藤子F作品の王道パターン「日常世界に異世界から何かがやってくる」系のマンガでした。ところが、連載途中から徐々に21エモン自身が宇宙へ旅に出る話にシフトしていきます。要するに作者自身が宇宙旅行を描きたくてしかたなかったんでしょうが。

でも本格的に宇宙旅行の話にシフトしたら、今度は「21エモン」が打ち切りになってしまった。その後舞い込んだ別雑誌の連載依頼で、そのときの構想を復活させて描いたのが「モジャ公」だったわけです。そこまでして描いたわけでですから、本当に藤子・F・不二雄はこの作品を描きたかったのだと思います。実際、あとがきにも「ワクワクしながら描いていた」とあるし。

小学校低学年っぽくない内容だったせいか、けっきょく「ぼくらマガジン」でも打ち切りになってしまうのですが、逆に考えると、藤子・F・不二雄が子供に対して手加減せずに描いたらこうなった……というマンガが「モジャ公」なのだと思います。

というわけで、藤子・F・不二雄の傑作SF「モジャ公」。未読の方はぜひご一読を(できれば藤子・F・不二雄大全集のほうで)。

大ゴマを使っての引きのショットも、見応えあるシーン多し!

モジャ公のマンガ情報・クチコミ

モジャ公/藤子・F・不二雄のマンガ情報・クチコミはマンバでチェック!2巻まで発売中。 (小学館 )

記事へのコメント

面白かった。行く先々で全然良いことが起きなくて、基本嫌なことばかりw
あと大全集は思ってたよりでかくて分厚い。

コメントする

話題に出た著者

石ノ森章太郎

石ノ森章太郎

風都探偵 仮面ライダークウガ 仮面ライダー913 仮面ライダーSPIRITS サイボーグ009 【石ノ森章太郎デジタル大全】 リュウの道 【石ノ森章太郎デジタル大全】 新 仮面ライダーSPIRITS くらやみの天使 【石ノ森章太郎デジタル大全】 時ヲすべる 草壁署迷宮課 おみやさん 【石ノ森章太郎デジタル大全】 変身忍者嵐 【石ノ森章太郎デジタル大全】 八百八町表裏 化粧師 幻魔大戦 Rebirth サイボーグ009 BGOOPARTS DELETE グリングラス 少年サンデー版 仮面ライダーBlack 少年サンデー版 さんだらぼっち ビッグコミック版 おみやさん ビッグコミック版 ホテル ビッグコミック版 HATAGO[旅籠] ビッグコミック版 佐武と市捕物控 ビッグコミック版 アニマル・ファーム 【石ノ森章太郎デジタル大全】 仮面ライダーSPIRITS第2画集『改造人間 再』 シージェッター海斗 仮面ライダーSPIRITS画集『改造人間』 チクタク大冒険 新おみやさん 仮面ライダーアマゾンズ外伝 蛍火 CYBORG009 CALL OF JUSTICE 仮面ライダーアマゾンズ外伝 蛍火 変身忍者嵐X 仮面ライダーBlack グリングラス 太陽伝 さんだらぼっち 佐武と市捕物控 宮本武蔵 魔法使いの弟子 ボンボン 買厄懸場帖 九頭竜KUZURYU テレビ小僧 少年ブック・冒険王版 シアワセくん 【石ノ森章太郎デジタル大全】 フラッシュZ 火の鳥風太郎 【石ノ森章太郎デジタル大全】 火の山の少年 2001年野球の旅 ガッツGO!魔人軍 秘境三千キロ ジョージ!ジョージ アコのカナリヤ あかんべぇ天使 ラゴラ 青い月の夜 水色のリボン 黒いひとみ にじの子 赤いトナカイ 幽霊船 幽霊少女 赤い火と黒かみ 黒い風 海底3万マイル まだらのひも 二級天使 三つの珠 江美子STORY エスパーエッちゃん 6タン6ッ子の世界マンガ“あ”る記 白鳥の湖 おてんばバンザイ アニマル学園チョメちゃん 名作絵どうわ 【石ノ森章太郎デジタル大全】 星の伝説 アガルタ コミック界の巨匠“世界”をよむ まんが研究会 黒と緋の階段 なんなんだ?なんなんだ! テレビマガジン版 仮面ライダーX 石森まんが学園 青木功の語るふゴルフ メゾンZ 別冊冒険王版 仮面ライダーV3 ドンキッコ オーとうちゃん となりのたまげ太くん そして…だれもいなくなった 冒険王版 仮面ライダーZX グーチョキパッコン マンガ家入門 テレビランド版 仮面ライダーZX 警視庁国際事件課 姫刑事 THEシークレットMAN 青いマン華鏡 星の子チョビン 7P 別冊冒険王版 新・仮面ライダー がんばれロボコン 時間局員R 不倫学入門 龍神沼 気ンなるやつら テレビマガジン版 仮面ライダーZX チックンタックン 石森章太郎読切劇場 酔いどれ探偵 鉄面クロス ガイ・パンチ シリーズ Sπ エスパイ かけだせダッシュ! 金時さん 【石ノ森章太郎デジタル大全】 いやんポコ モ一度やろう ゼルダの伝説 怪奇ハンター 新・黒い風 テレビ小僧 時空英雄 仮面ライダー 闇の風 宇宙鉄人キョーダイン スカルマン 王アラジン SEXPY WOOマン 怪人同盟 奇人クラブ 青いけもの ミラクルジャイアンツ童夢くん ゼロゼロ指令 【石ノ森章太郎デジタル大全】 少年同盟(少年版) ロボット7 にいちゃん戦車 大侵略 黒大黒 宇宙からのメッセージ 冒険王版 仮面ライダーアマゾン テレビマガジン版 仮面ライダーV3 章太郎のファンタジーワールド ジュン 仮面ライダー11戦記 魔法世界のジュン レインボー戦隊 いじ犬ペチッ 仮面ライダーアマゾン 探偵ドウ一族 冒険王版 仮面ライダーX テレビマガジン版 仮面ライダー とんでもハウス 原始少年リュウ GOLF超心理学講座 千の目先生 ブルーゾーン アンドロイドV ワイルドキャット 快傑ハリマオ エンゼル2 【石ノ森章太郎デジタル大全】 THE DOG WORLD 鉄面探偵ゲン ザ・スターボウ さるとびエッちゃん 【石ノ森章太郎デジタル大全】 冒険王版 新・仮面ライダー 馬がゆく! 【石ノ森章太郎デジタル大全】 冒険王版 仮面ライダーV3 G・Rナンバー5 【石ノ森章太郎デジタル大全】 少年同盟 ストレンジャー 【石ノ森章太郎デジタル大全】 冒険王版 仮面ライダーストロンガー 変身忍者 嵐 外伝 イナズマンVSキカイダー 新幻魔大戦 幻魔大戦(リュウ掲載版) ミュータント・サブ 【石ノ森章太郎デジタル大全】 幻魔大戦 秘密戦隊ゴレンジャー 【石ノ森章太郎デジタル大全】 多羅尾伴内 【石ノ森章太郎デジタル大全】 イナズマン 【石ノ森章太郎デジタル大全】 ロボット刑事 グリングラス 番長惑星 【石ノ森章太郎デジタル大全】 仮面ライダー 家畜人ヤプー 【石ノ森章太郎デジタル大全】 ギルガメッシュ 【石ノ森章太郎デジタル大全】 人造人間キカイダー 【石ノ森章太郎デジタル大全】 009ノ1 【石ノ森章太郎デジタル大全】 キカイダー02 サイボーグ009 完結編 conclusion GOD’S WAR 仮面ライダーBlack 【石ノ森章太郎デジタル大全】 ワルカロー 芭蕉 平賀源内『解国新書』より 【石ノ森章太郎デジタル大全】 七つ目小僧 009大あばれ とんま天狗 民話シリーズ マンガMUKASHI話 フォーカス奉行 朝日文左ヱ門 写楽 新・くノ一捕物帖 大江戸緋鳥808 北斎 CM野郎 マァマァさん マンガ超電導講座 奇妙な友人たち 風の鈴 グランド・ツアー 英国式大修学旅行 【石ノ森章太郎デジタル大全】 章太郎萬画・心の詩シリーズ マンガ世界経済入門 空港 AIRPORT 変身忍者嵐 SHADOW STORM ドキュメンタリーコミック 青函トンネル 古事記 大江戸医聞 十八文 買厄懸場帖 九頭竜 くノ一捕物帖 恋縄緋鳥 CMコマちゃん 石ノ森版立川文庫 【石ノ森章太郎デジタル大全】 ちゃんちきガッパ 大江戸相撲列伝~いまはむかし すもうばなし~ 沙流譚 ―漢書― バンパイラ 流れ星五十三次 【石ノ森章太郎デジタル大全】 タイム虎ベル セクサドール 老子道 アマゾンベビイ HOTELチョンマゲ版 HATAGO<旅籠> Knight andN day 【石ノ森章太郎デジタル大全】 四次元半 襖の下張り 【石ノ森章太郎デジタル大全】 マンガ日本経済入門 HATAGO[旅籠] 劇画家畜人ヤプー 三国志 諸葛孔明 さんだらぼっち 【石ノ森章太郎デジタル大全】 HOTEL 009 RE:CYBORG 佐武と市捕物控 【石ノ森章太郎デジタル大全】 マンガ日本の歴史 HOTEL
もっとみる

話題に出た作品のクチコミ

兎来栄寿
2020/06/26
メジューサやギガゾンビやニムゲが本気で怖かったあの頃
『ドラえもん』の単行本セットを一式、幼馴染みの御母堂からいただいたことでマンガ人生が始まった私ですが、その中には『大長編ドラえもん』の単行本もありました。 そこからコロコロコミックでのリアルタイム連載を追っていた作品もありますが、『大長編ドラえもん』シリーズも本当に思い入れの深い作品です。 不思議と今でも特に強く思い出せるのは、各作品から与えられた「恐怖」の感情です。 『小宇宙戦争』での、『1984』のパロディである将軍の肖像の監視装置。 『魔界大冒険』で、タイムマシンで航行する亜空間の中すら追ってきて石にするメジューサ。 『海底鬼岩城』で海底の家を大王イカに攻撃される時。 『鉄人兵団』で地球を滅亡させてくる悪のロボットたちが、鏡の世界に気付いてこちらの世界に侵攻してくる時。 『パラレル西遊記』でおかしくなってしまった世界や人々。 『日本誕生』で割れても自動再生して襲ってくる土偶やギガゾンビ。 『アニマル惑星』に登場する得体の知れないニムゲや禁断の森。 今思うと何でそこまで、と思うのですがそれらすべてが心から恐ろしかったです。それらを経て日常の『ドラえもん』に帰った時の安心感は、非常に強いものでした。 しかしながら、ただ怖かっただけではなく怖さもありながら純粋に質の高いエンターテインメントとして楽しんでいたのも確かです。 描く題材が尽きないのかなと子供心に心配になったくらいにありとあらゆる場所へ冒険し、仲間と共に助け合いながら困難を乗り越えていくドラえもんとのび太たち。 『大魔境』のラストの展開などは子供心に大変興奮しました。『竜の騎士』でスネ夫が珍しく単独で見せ場を作る構成も好きでした。『ワンニャン時空伝』で一旦幕が閉じられた時は寂しさを覚えました。 『ドラえもん』があるから日本人はSFを難しいものではなく身近なものとして楽しめるという言説がありますが、私は『ドラえもん』によって物語の楽しみ方を沢山教わったと思います。
ひさぴよ
2020/06/27
大長編の異色作「夢幻三剣士」
大長編ドラえもんのシリーズ14作目。 > 夢はいいなあ・・・。 > 現実の世界はどうしてこんなにつらくきびしいのだろう・・・。 日々の現実がイヤになったのび太は、ドラえもんに懇願し、思い通りの夢を見ることができる道具「気ままに夢見る機」を未来デパートから取り寄せてもらう。自分の思うがままに夢を楽しむのび太だったが、現実世界に謎の使者トリホーが現れ、『夢幻三剣士』という夢カセットを見るようすすめられる。その夢の内容は、RPGゲームのような剣と魔法の世界だった。”ユメミル王国”を侵略しようとする妖霊大帝オドロームと戦うことになり…。はじめは、小説『三銃士』を題材とした冒険活劇かと思いきや、一気にシリアスな流れへと変わってゆく。 他の大長編と比べると、 ・夢の中が舞台なので、現実世界の動きがほとんど無い ・ジャイアンとスネ夫の影が薄い(のび太の夢の中に出てくる人格に過ぎない) ・しずかちゃん本人も夢の中の人格として現れる ・仮想世界でも死ぬと本当に死ぬ ・トリホーの目的、ラストシーンの意味が謎のまま終わる などなど、他の大長編シリーズと比べると異色の設定です。 非日常が日常を侵食する怖さ、みたいな不気味さは今までのシリーズでもありましたが、読み終えたときの違和感みたいなものは、子どもの頃からずっと残っています。 此処ではないどこかへ行きたい、別世界で活躍したいという願望というのは、誰しも抱いてる思うのですが、それを仮想現実という舞台で見せてくれました。 子ども向けとはいえ、現実と虚構の境界をまざまざ見せつけられたようで、その境界線について考えまくった覚えがあります。 ラストシーンを読み返すたびに、「うつし世はゆめ 夜の夢こそまこと」という言葉が浮かびます。