ママにはそれぞれ死角がある「消えたママ友」

TLでチラッと見かけた「消えたママ友」というマンガ。

「ママ友」という言葉とセットで使うことがまずなさそうな、「消えた」というサスペンスワードが付いているのがまず気になった。表紙もめちゃくちゃ怖くて、すごく引っかかったのです。コミックエッセイ的なタッチであるところが、余計に怖さを引き立たせるというか。

もともとは雑誌「レタスクラブ」で連載されていたもの。あとがきによると作者の野原広子は、幸せな奥さんが読んでそうな「レタスクラブ」に不穏なテイストの作品を発表することに戸惑いがあったが、当時の編集長の「誰にでも、後ろ暗い物語に触れたいという気持ちがある」という言葉に後押しされて、描き始めたらしい。

で、どんな話かというと。

ある日、仲良しのママ友・有紀ちゃんが、息子のツバサを置いて姿を消した。
保育園ではまたたく間に「男と逃げた」という噂が広まっていく。
有紀ちゃんと仲良しだった春ちゃん、ヨリちゃん、友ちゃんの3人は、有紀ちゃんが消えたことにショックを受けると同時に、彼女が消えた理由を何も知らないことにもショックを受ける。
しかし3人には有紀ちゃんについて、それぞれ思い当たることがあった。
「なぜ消えたのか」
春ちゃん、ヨリちゃん、友ちゃんは日々の暮らしの中でその問いに向き合っていくが、有紀ちゃんが消えたことでママ友3人の関係にも、少しずつ亀裂が生じていくのだった…。

4コマの形式(4コマ✕6=24コマで1話分)で描かれているので、非常に読みやすく、サクサクと読めるのだけど、しかし内容的には全然サクサクしてない。ついページをめくる手が止まってしまうような場面があちこちにある。

「なぜ有紀ちゃんは突然消えたのか?」がストーリーを引っ張る軸になっているのだけど、これねえ、どんどん読み進めていっても、その理由がさっぱりわからない。もちろん最後まで読めばわかるんだけど、そこに至るまでは「え、これって…」みたいな「疑惑の断片」が出てくるばかりで、その断片がつながっていくわけではない。だから謎がだんだん明らかになるどころか、読めば読むほど謎が深まるような展開になっている。「好書好日」のインタビューの中で、インタビュアーが「ゴーン・ガール」を引き合いに出していたのは、うまいたとえだなと思いました。

「疑惑の断片」というのは、たとえばこういうやつ。

「これ、友達の話なんだけどさー」と言って、ふだん大っぴらに言えないことを言う…というのは、わりとあるあるの話。「死にたい」と思っていたのはきっと有紀ちゃん自身で、何か重いものを抱えていたんだろう…くらいはなんとなく想像がつく。でもその「重いもの」が何だったのかは、なかなか見えてこない。

「ママ友なんて、あくまでも子供を媒介にしてつながっているだけの特殊な関係」と言うこともできるけど、このママ友4人組が仲良しだったのは間違いない。でも「仲良し=お互いのことを深く知っている」ということではない。有紀ちゃんには、他のママ友3人には見えない(見せていない)「死角」があった。

その「死角」について、3人それぞれが思いを馳せるうち、春ちゃん、ヨリちゃん、友ちゃんにもまた「死角」があることがだんだん見えてくる。ママ友にも、夫にも、義父・義母にも見えない「死角」が。

春ちゃんの場合。

ヨリちゃんの場合。

友ちゃんの場合。

その「死角」がまた、誰にでも起こりうる/身に覚えのあるようなものばかりなのだ。有紀ちゃんの「死角」をチラつかせつつ、3人の「死角」を描いていく…このマンガの真骨頂はきっとそこにある。

その過程で、ママ友たちに起こったある「事件」も描かれる。「事件」と書くとすごい意味深だけど、中身は「子供が保育園で誰かに靴を隠された」というもの。他愛もないっちゃ他愛もない。しかし、ここから少しずつ関係性に亀裂が生じていく。その描き方が非常に丁寧で、身につまされる。他の作品は未見だけど、こういう部分を丁寧に描けるのがこの作家の強みなのだと思う。

最後まで読めば、消えた理由は明らかになる。なるんだけど、大団円という感じではない。「ママ友たち(というかママたち)は、常日頃からギリギリのバランスの中で生きている」という感覚だけが自分の中に強く残る。ラストのコマも印象的です。

ストーリーの話ばかり書いたけど、コミックエッセイ的な線の少ないタッチで、細やかな感情をしっかり描き分けているのも見事だと思う。「消えたママ友」、コミックエッセイ慣れしてない人にも勧めたい一作です。

記事へのコメント

メチャクチャ読んでみたくなった
あえてコミックエッセイ風の絵柄で描く手法いいな。エッセイとフィクションの境が曖昧になる

消えたママ友消えたママ友読んでますけど、

有紀ちゃんの「死角」をチラつかせつつ、3人の「死角」を描いていく…このマンガの真骨頂はきっとそこにある。

ここの文章でなんかすごい腑に落ちたというか、納得感がすごいある…

コメントする

話題に出た作品のクチコミ

user_private
名無し
2020/07/30
ママ友って「友達」なのだろうか?
すみません。タイトルが気になって読んでみたものの、自分は人の親ではないのでママ友はいません。そんな人間の目線から感想です。 クチコミタイトルに書いた通り、ママ友ってあくまでも子どもがつないでいるだけの他人。進学先が違えば親同士関わることもも自然になくなる。いうなれば一定期間のみ「ママ友」という独立したグループに属しているだけで、通常の「友達」とは別のものという認識です。 なので最初は、突然居なくなったママ友のことを必要以上に心配しずぎでは?という違和感がありました。仲良しだったのに、どうして何も言ってくれなかったの?なんて、普通の友達間でもそこら中にあることだし。 そもそもこの漫画は「ママ友ってこういうもの」と定義づけるような内容ではないんですが、改めてママ友って何なんだということを考えました。 話の本筋である「あの人なぜ居なくなったの?今どこにいるの?」という謎は、けっこう最後の方まで明らかになりません。そして彼女が居なくなったのには想像以上に壮絶な背景がありました。仕事をしながら育児をするすべての人にありえる事かもしれません。そこは「なーんだ」という結末ではなかったので最後まで読むのをおすすめします。 最終的に、やっぱりママ友って普通の友達と違うんだなと思いました。 だた考え方は変わりました。子供という大事なものとの距離が近いから、その他の友達よりも特別かもしれません。ママ友って面白いですね。