『押して駄目なら押してみろ!』を推す回 月刊マンバ No.2 2020年9月号

『押して駄目なら押してみろ!』を推す回 月刊マンバ No.2 2020年9月号

秒でいいマンガが見つかるクチコミサービス「マンバ」。
その1ヶ月のクチコミ投稿・アクセス数の変化を振り返ることで、パシッとマンガ界の動きがわかる月イチ連載「月刊マンバ」のコーナーです
今回は2020年9月のマンバのアクセス状況から、気になるマンガ4作品をピックアップ!
今月はスタッフ・アナグマがお送りしていきます!

今週のおすすめ4作品

先月アクセスが多かった『クチコミ』

『押して駄目なら押してみろ!』廣瀬アユム

電撃マオウで連載中のJK×教師の異種間ラブコメ作品。「異種間?」と思った方にはぜひとも表紙に輝く尻尾を目に焼き付けていただきたい。本作、2巻の発売に合わせて廣瀬アユム先生が1話の試し読みをツイートされていたのですがマンバ的にも嬉しい出来事がございました。

なんとツイートの見出し文「君が一番”美味しい”異種間ラブコメディ」をマンバのクチコミを見て付けてくださったとのこと!!ありがたや…。

『だめおし』を楽しむ際はぜひマンバに投稿されたクチコミも合わせてご覧くださいね!

▼「君が一番美味しいラブコメディー! 」ふなさんの素敵なクチコミはこちら

 

つづいてはこちら!

『チ。−地球の運動について−』魚豊

(ビッグコミックスピリッツ2020年第42・43合併号 第1話より)

『ひゃくえむ。』の魚豊先生の新連載が9/14発売のビッグコミックスピリッツにてスタート。
天動説が信じられていた時代、宇宙の姿に異を唱えることは異端とされますが、P国の少年ラファウはあるきっかけで地動説の証明にのめり込んでいくことに…。
テーマがテーマだけにハードな描写もあるのですが全編通して「バレたらヤバい」という緊張感がたまりません。

そして何と言ってもインパクト大なのがカタカナ一文字+読点で成り立っている作品名。意味深なタイトルについてもマンバでは考察が盛り上がっています。

時代考証や展開予想も盛り上がりそうな『チ。』、最新話を語って楽しみましょう!

▼『チ。』の感想を毎話語るトピック

先月よく読まれた『マンガ』

『クラスで一番可愛い子(読切)』山中ヒコ

FEEL YOUNG2020年7月号より

FEEL YOUNG2020年7月号に掲載された読切作品。本作が収録された同名の短編集が発売されたことでアクセスが増えました。

美容整形、「推し」の追っかけ、SNS文化と今の時代に身近なテーマが密接に絡み合う物語。マンバの感想コメントにもあるように、まさに誰の身にも起こり得ることなのかもしれません。

▼ピンキーさんの感想トピック

歪な愛に翻弄された主人公が最後にたどり着いた愛情のかたちをぜひ見届けてほしいです。
試し読みは山中先生のツイートからどうぞ!

 

今月最後の作品はコチラ!

『その廊下に、何かいる』弓咲ミサキックス

肝試しにやってきた学生5人組と、「亡者」と呼ばれるモンスターとの戦いを描くホラーパニック作品。舞台が学校、民家、病院と移り変わりながら、3巻のラストで怪奇現象の核心に迫り第2部へ!という物語ですが残念ながら連載は休止状態とのこと…。

「続きが気になる!」という方に数多く訪れていただいたのか、作品ページのアクセスも増加しました。
読後の気持ち、ぜひマンバで共有していってくださいませ。

▼「なんなんだ」があふれる感想トピックはコチラ

(マンバスタッフ・アナグマのこぼれ話)

先日マンバに新機能が追加されました。

その名も…。

「思い出せないマンガを探そう」です!!

もう一度読みたいんだけどタイトルが思い出せないマンガ、誰にでも1つはありますよね?

この機会に「あれ、なんて漫画だっけ…?」のお悩み、マンバまでお寄せください!
「どんなマンガでも探し出しちゃうぜ!」というマンガ探偵も大歓迎ですよ〜!

▼詳細はマンバ公式noteにて
マンバで「思い出せないマンガ」を探そう!

それじゃ来月もお楽しみに〜!

記事へのコメント

「君が一番”美味しい”異種間ラブコメディ」という見出し、そのまま帯に使えそうな秀逸なフレーズですね…。ちなみに1巻単行本の帯だと「君が一番美味しい」でした

コメントする