shopping_cart
ストアに行く
common/store_amazon.png
common/store_ebookjapan.png
common/store_dmm.png
common/store_booklive.png
common/store_cmoa.png
common/store_bookwalker.png
common/store_renta.png
common/store_honto.png
common/store_ameba.png
add
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
close
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
star_border
star_border
star_border
star_border
star_border
メモ(非公開)
以下のボタンから感想を入力することができます(別ウィンドウが開きます)
感想を投稿
完了する
notifications
フォローする
メモを登録
close
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
public
star_border
star_border
star_border
star_border
star_border
repeat
また読みたい
今、めっちゃ面白い野球マンガ。 野球マンガ・・・というよりも、天才が才能に苦悩する様のほうが目を引くので、単純なスポーツマンガになっていないのが、少年ジャンプではなくヤンジャンなんだと思った。 内容は、スポーツなら何をやってもずば抜けた結果を出してしまう主人公・綾瀬川。 しかもその結果を鼻にかけることなく純粋に競技そのものを楽しんでいるだけで、底抜けにいいヤツという感じ。 ただ周囲の同年代のメンバーにとって、彼の眩しすぎる才能は絶望を与える存在となり、少し経つと嫉妬かヒカれてみんな離れていってしまう。 少年マンガの主人公がもっている高い能力って、むしろ羨望か格好いいもののはずなのに、この違い。 だからこそ現実的でもあり、それをきちんと描いた作品に出会えたのは個人的に初めてだったので新鮮だった。 そして、この恵まれた才能によって狂わされたのは本人ではなく、指導者である大人で、彼の意図に反し野球のU-12日本代表という大きな流れに飲まれていく。 そこでもずば抜けた結果を出してあっさりエースに。 だけど、根っこである動機や情熱がないから、その価値にも気づかず誰もが憧れたエースの称号も粗末に扱う。 この幼さゆえの、残酷さがエグい。 自分が結果を出すことで、相手が傷つくことを恐れわざと負けようとしたり、それをナジラれて板挟みになったり。 天才すぎるゆえの苦悩が見事に描かれ、そしてまた周囲の言い分もわかり双方に共感できて面白い。 随所に出てくる、主人公が甲子園?にいっているようなシーンも伏線となって今後出てくるのかと思うと期待しかない。 また現在の時の人でもある、大谷翔平も幼少期はこんな気分だったのかな?とか思いながら読むのも一興です。 上述のとおりスポーツ漫画としての枠におさめるのはもったいない作品なので、ヒューマンドラマとか青春群像劇的なものが好きな人にはぜひおすすめしたい作品です!
六文銭
六文銭
『ダイヤモンドの功罪』のクチコミ投稿
クチコミで好きなマンガを広めよう!
話題の種類
「マンガのクチコミってどうやって書けばいいの?」という方へ!選んだ話題の種類に応じて書き方のヒントになる例文を表示します。
クチコミのヒントを表示する
タイトル
本文
content_copy
ダイヤモンドの功罪
ダイヤモンドの功罪
content_copy
平井大橋
平井大橋
content_copy
あらすじ
「オレは野球だったんだ!」 運動の才に恵まれた綾瀬川次郎は何をしても孤高の存在。自分のせいで負ける人がいる、自分のせいで夢をあきらめる人がいる。その孤独に悩む中、“楽しい”がモットーの弱小・少年野球チーム「バンビーズ」を見つける。みんなで楽しく、野球を謳歌する綾瀬川だったが…。
user_private

Web掲載情報

ダイヤモンドの功罪
ダイヤモンドの功罪 1巻
「オレは野球だったんだ!」 運動の才に恵まれた綾瀬川次郎は何をしても孤高の存在。自分のせいで負ける人がいる、自分のせいで夢をあきらめる人がいる。その孤独に悩む中、“楽しい”がモットーの弱小・少年野球チーム「バンビーズ」を見つける。みんなで楽しく、野球を謳歌する綾瀬川だったが…。
ダイヤモンドの功罪 2巻
「オレが守ったんは円のプライドや」 やっと見つけた居場所、バンビーズを退団することになった綾瀬川次郎。自分の居場所を求め、かすかな望みを胸に抱きU12日本代表合宿に参加をする。しかし、選考会の時に仲良くなった雛桃吾と衝突をしてしまい…!?
ダイヤモンドの功罪 3巻
「わしは戦うんじゃ あいつと これからずっと」 綾瀬川次郎は雛桃吾との衝突を理由に中学最強のチーム・枚方ベアーズ戦で懲罰登板をさせられることになる。しかし、人生初登板にもかかわらずその才能で枚方ベアーズを圧倒した綾瀬川。その計り知れない才能を前にチームメイトと指導陣は…!?
ダイヤモンドの功罪 4巻
「野球も…野球やってる人も好きだよ…」 遂に開幕したU12世界大会! 初優勝を目指す日本代表は順調に勝ち進み、決勝戦への切符を手にする…! 衝突や軋轢を乗り越え、エースナンバーを背負う綾瀬川次郎はチームを優勝に導くことができるのか…!?
マンガ賞って参考にしてる?
ダイヤモンドの功罪」 5位:佐乃夕斗「極楽街」 6位:阿賀沢紅茶「氷の城壁」 7位:藤巻忠俊「キルアオ」 8位:齋藤勁吾「異世界サムライ」 9位:雨穴原作、綾野暁漫画「変な家」 10位:西尾維新原作、岩崎優次作画「暗号学園のいろは」 11位:川江康太「鵺の陰陽師」 12位:紺野アキラ「クジマ歌えば家ほろろ」 13位:佐賀崎しげる・鍋島テツヒロ原作、乍藤和樹漫画「片田舎のおっさん、剣聖になる~ただの田舎の剣術師範だったのに、大成した弟子たちが俺を放ってくれない件~」 14位:園山ゆきの「ブレス」 15位:福田星良「ホテル・メッツァペウラへようこそ」 「出版社コミック担当が選んだおすすめコミック2024」ランキング上位5作品 1位:坂上暁仁「神田ごくら町職人ばなし」 2位:石山諒「龍とカメレオン」 3位:琴子原作、NiKrome漫画「異世界で姉に名前を奪われました」 4位:卯月ココ「恋せよまやかし天使ども」 5位:濱田轟天原作、瀬下猛漫画「平和の国の島崎へ」 Pick up作品 目黒あむ「お姉ちゃんの翠くん」 いちのへ瑠美「きみの横顔を見ていた」 亀「バットゥータ先生のグルメアンナイト」 まきぶろ原作、白梅ナズナ漫画、紫真依キャラクターデザイン「悪役令嬢の中の人~断罪された転生者のため嘘つきヒロインに復讐いたします~」 マツダミノル「兄だったモノ」
【マンガ大賞2024】二次ノミネート作品決定
※ネタバレを含むコメントです
ダイヤモンドの功罪』 『神田ごくら町職人ばなし』 『黄泉のツガイ』 『環と周』 『君と宇宙を歩くために』 『正反対な君と僕』2年連続ノミネート このあたりは世間的な評価と話題性でノミネート入りそうだなって思ってたし、よし、いいぞ!って感じ。 『ひらやすみ』もう6巻だし、最大巻数が8巻までの作品だからノミネート入るとしても今回が最後か。2年ぶりノミネート、前回3位。 『天幕のジャードゥーガル』は前回もノミネートだったし「このマンガがすごい!2023」オンナ編1位取ってたし、この二作はフレッシュなメンツに未だに入ってきててすげー! 『平和の国の島崎へ』はめっちゃ好きだし「このマンガがすごい!」もオトコ編5位入ってたけど、勝手にダークホースなイメージ! あとは個人的に『いやはや熱海くん』は入ってくると思ったけど、今回無かったか。
ダイヤモンドの功罪の情報の提供お待ちしてます!
掲載している内容の誤りや、この作品に関するおすすめの記事、公式情報のリンクなどはこちらからお送りください。みなさまのご協力をお願い申し上げます。
カーーッ!先輩が陰口叩いてるのたまんねえ〜
ヤスパパをはじめとする、その手の大人に言いたいのこれ
綾瀬川自身はこの時点じゃ辞めたっていい...
ここちゃんと言うべきことは言ってくれる椿さすがだった
チームをまとめるような信頼感ある振る舞いと実力、人間関係への目配り。そんでメディア対応(しかも...

おすすめのマンガ

黄泉のツガイ

黄泉のツガイ

山奥の小さな村落に住む少年のユルは、野鳥を狩り、大自然の中で静かに暮らしていた。しかしユルの双子の妹のアサは、何故か村の奥にある牢の中で「おつとめ」を果たしているという。それはまるで幽閉されているかのように…。穏やかな村に浮かぶ不自然な謎、この村に隠された秘密とは一体…!? 未曾有のツガイバトルここに開幕!! ※こちらの商品には、巻末にデジタル版限定特典イラストが収録されています。※
一ノ瀬家の大罪

一ノ瀬家の大罪

一ノ瀬翼は、事故で記憶を失ってしまった中学生。無事に家族と対面するも、彼らも事故で全員記憶喪失になっていた。記憶を取り戻すために嘘の思い出話で絆を深めた翼たちだが、自宅に帰ってみると自分たちは思っていたような家族ではなかった事に気付かされ――!?
暗号学園のいろは

暗号学園のいろは

来たる世界大戦に備えて、暗号解読に長けた少女達が集う軍人学校。その名も『暗号学園』!! そんな高校とは露知らずに入学してしまったいろは坂いろはは、ひょんなことから学園生活を懸けた暗号バトルに巻き込まれることに…。苦戦するいろはだが、その手にはあらゆる戦争を停められる鍵が握られていて…!? 十五の少女達が、銃後で暗号を解く!! 奇想天外な学園ミステリードラマ、開幕!!
すだちの魔王城

すだちの魔王城

勇者が魔王を倒し、世界は平和になった――にもかかわらず、道具屋・すだち屋を営むムラビトは困っていた。平和すぎてお客さんが全然来ないのである! このままでは閉店まっしぐら‥‥ そんな時に現れた少女の正体は、死んだはずの魔王で‥!? [勇者も魔王も村人も、みんな平和になった世界で悩んでる――笑って、泣ける、熱いファンタジー&コメディ!!]
多聞くん今どっち!?

多聞くん今どっち!?

【ebookjapan限定描き下ろしおまけ1p付き!】木下うたげは大人気アイドル・F/ACE(フェイス)の福原多聞くんを推している高校生。ある日バイトで向かった先が、なんと多聞くんの家だった! しかも、多聞くんの本性はセクシー&ワイルドなアイドル姿とは真逆の、ジメジメ陰キャで…?「多聞君は神!!」 「復唱して下さい」どんな姿であれ、多聞くんは多聞くん。自己肯定感が低い彼を、全力でサポートすることに! しかし、ジメジメの多聞くんにもきゅんとしてしまい…?オンオフ激しめ×新しすぎる推し活ラブコメ、開幕!
帝乃三姉妹は案外、チョロい。

帝乃三姉妹は案外、チョロい。

天才三姉妹と一つ屋根の下。天才三姉妹を変えていく… 同居ホームラブコメディー開幕!! 孤高の天才三姉妹と同居することになった ちょっとポンコツめな高校生・優。平凡以下な彼が三姉妹に振り回されると思いきや… この三姉妹、案外、チョロい――? 優との生活で変わっていく三姉妹の心模様。才色兼備の三姉妹が動揺、狼狽、そしてときめく… 一つ屋根の下で送る、天才凡才交わる恋と家族の物語。
極楽街

極楽街

華やかな賑わいと深い闇が交錯する下町・極楽街――。この秩序なき街で“問題解決屋(トラブルシューター)”を営むタオとアルマ。2人の前に、失踪した獣人の友達を探す少年が現れる。跡を絶たない行方不明者と、動物たちの変死体――街を闇が覆う逢魔が時、“解決屋”の別の顔が顕になる!! 人を襲い食らう異形を滅する超スケール活劇(アクション)、開幕!!
ブレス

ブレス

元モデルの宇田川アイアは、メイクアップアーティストになる夢を持っていたが、周りから否定されることを恐れて夢を諦めていた。ある日アイアは、顔のそばかすを隠すように背中を丸めている大人しい女の子・炭崎純と学園祭のコンテストに出場することになった。衣装・ヘアメイクを担当するスタイリスト役とモデル役の2人1組でランウェイを歩くコンテストで、アイアは炭崎にメイクをすることに。炭崎とのやり取りの中で教室では見せない魅力を炭崎に感じたアイアは、メイクで炭崎の魅力を引き出し学園祭に挑む。
寸々
インターネット・ラヴ!

インターネット・ラヴ!

【電子限定!描き下ろし特典マンガ収録!】SNS中毒な韓国男子と、5年越し一途男子がおくる ネトスト純愛BLーーー1度も会ったことない君が好き。もし会えるのならーー。ネイリストの天馬の朝は、とある男の子のSNSチェックで始まる。SNS更新中毒で、韓国の一般人のウノくんだ。この5年間、ウノくんをネトスト(=ネットストーキング)している天馬はもはやウノくんのことを誰よりも知っている。買い物が大好きで、食いしん坊で、動物をすごく大事に飼っている、やさしい男の子。そんな「見ているだけで幸せ」にしてくれるウノくんだったけど、急に彼女が出来たと判明し、天馬は大ショック!動揺に揺れる中、ウノくんから突然リプライがとんできてーー?
神田ごくら町職人ばなし

神田ごくら町職人ばなし

「金なんざどうだっていい。心意気の話さ。わかるだろ?」 ただひたすらに、ひたむきに…… 桶職人、刀鍛冶、紺屋、畳刺し、左官。伝統の手仕事を圧倒的ディテールと珠玉のドラマとともに描く歴史的傑作。■桶職人 覚えときな。木ってのは生きてんだ──木を見つめ木と生きる桶職人の一日。■刀鍛冶 自分が打った刀で子どもが殺された。灼熱の鍛冶場ーー多くを語らぬ刀匠の胸中は… ■紺屋 友禅染が大流行する中、藍染の意匠に悩む一人の職人。先の見えない仕事に心は沈むが… ■畳刺し 明け渡った吉原が男達の仕事の場。暮れの畳の張り替えに遊女達の冷やかしは付き物で… ■左官(一、二、三) 土蔵の普請場に奇妙な男が現れる。甚三郎と名乗るこの男、上方から流れてきたようだが…
ダイヤモンドの功罪

ダイヤモンドの功罪

「オレは野球だったんだ!」 運動の才に恵まれた綾瀬川次郎は何をしても孤高の存在。自分のせいで負ける人がいる、自分のせいで夢をあきらめる人がいる。その孤独に悩む中、“楽しい”がモットーの弱小・少年野球チーム「バンビーズ」を見つける。みんなで楽しく、野球を謳歌する綾瀬川だったが…。
ネコと海の彼方

ネコと海の彼方

「いいもの見せてあげる。誰にも言っちゃだめだよ」少し照れながら彼女が見せてくれたのは『海の声』という描き途中の漫画だった。今となっては誰もその結末は知りえない。なぜならーーー。内気でクラスになじめない筱榕(シャオロン)は、前の席に座る可蔚(カーウェイ)の綺麗な髪に触れたのをきっかけに、彼女と「ともだち」になる。慣れない関係にとまどう筱榕だが、一緒に漫画を描いたり、猫語で話したりして仲を深めていく。可蔚のおかげで見違えるように明るい学校生活を送る筱榕。しかしある出来事をきっかけにそんな日々が崩壊し、筱榕に影を落とす。その出来事とは……!?
フツーと化け物

フツーと化け物

対人関係がニガテな伊藤さんは控え目だけど誰とでも仲の良いクラスメイトの高橋さんを羨んでいた。ある日、伊藤さんは高橋さんが人を丸呑みしているのを目撃してしまう。高橋さんは人間に擬態する化け物だったのだ!恐ろしい怪物が平然とクラスに溶け込んでいた――そんなのって超憧れる!!ゼッタイ高橋さんと友達になりたい!!伊藤さんは化け物の高橋さんから、人間社会の“フツー”を教わることに。浮かれる伊藤さんだが、高橋さんには、ある思惑が……。異才作家×「幼女戦記」の気鋭イラストレーターのタッグが放つ青春の焦燥と憧憬が入り乱れて加速するオトメ暴走譚!
下北沢バックヤードストーリー

下北沢バックヤードストーリー

★1・2巻同時発売!「古着好きの憧れと悲哀が詰まった作品です! 古着漫画という新しいジャンルを体感させていただきました!」さらば青春の光 森田哲矢「俺のなにが悪かったのか……?」下北沢で古着屋を営む椹木(35)の人生は順風満帆……でもない。貯蓄なし、安定とは無縁の仕事。面倒なバイトたちも悩みの種だが、同棲中の彼女が理由も告げずに家から出ていったのだ。仕事を立て直し、最愛の恋人を取り戻す手がかりは、元カノたち!?ライブハウス、小劇場、そして古着屋。サブカルチャーの街で迷走する、こじらせ人生最後のモラトリアム、開幕。◎西尾雄太 ビームコミックス好評既刊『水野と茶山』◎コミックビーム 公式ツイッター@COMIC_BEAM
いやはや熱海くん

いやはや熱海くん

「僕の顔が良いばっかりに……」毎日のように女子に告白される高校生の熱海くん。でも、彼が好きになるのは男の人でーー。ナチュラルな台詞が持ち味の新鋭・田沼朝が描く、モテる男子のままならぬ恋物語。描き下ろし漫画も収録の第1巻!
放課後ひみつクラブ

放課後ひみつクラブ

【デジタル版限定!「少年ジャンプ+」掲載時のカラーページを完全収録!!】「私立ユーカリの葉学園」に入学した新一年生・猫田悠一くん、部活は何にしようか思案中、不可解なクイズと不思議な美少女に出くわす。彼女の名は蟻ケ崎千歳、『放課後ひみつクラブ』の部長と名乗る。学園の隠された謎を解き明かすのが使命なんだとか…。何か放っておけない気持ちになった猫田くんは入部を即決、真実を求め、二人だけのクラブ活動開始へ…!? 蟻ケ崎さんと猫田くん、絶妙なコンビで贈る学園“ひみつ”コメディ開幕!!
秒速5000km

秒速5000km

ヨーロッパを代表する漫画家マヌエレ・フィオールの恋愛漫画ついに初邦訳イタリアの肌を刺すような日差しの中二人の少年と一人の少女が恋に落ちるイタリア、ノルウェー、エジプトと場所を変えながら三者三様の人生が淡く交わる20年を描く恋愛漫画この傑作グラフィック・ノヴェルを美麗なフルカラー印刷でお楽しみください巻末には訳者である栗原俊秀の詳細な解説付き栗原俊秀「フィオールに魅せられて―文学、美術、建築が綾なす漫画の世界―」<推薦のことば>フィオールさんの作品が翻訳されて、日本で読めるようになったのは本当に嬉しい!作品の中にゆったりと流れる時間と、美しい色彩には映画とも小説とも漫画ともつかない、独特の気持ち良さがあって眺めているだけで幸福感を覚えます。―――伊坂幸太郎(小説家『重力ピエロ』『クリスマスを探偵と』)<担当編集者より>『秒速5000km』にはナレーションがありません。登場人物のセリフだけで構成されています。フィオールは「あれから10年…」といった野暮な文章は入れずに、ルチアとピエロの人生の6つの場面を断片的に見せることで、わずか140ページで20年の月日を描き切ります。その6つの場面は、イタリア、ノルウェー、エジプトと地理的なヴァラエティに富んでおり、1つの章に1つの舞台だけが描かれるという制約が課せられています。そのため離れ離れの2人をつなぐ、電話や手紙といったコミュニケーション手段が印象的なガジェットとして描かれます。書名の『秒速5000km』は、オスロ(ノルウェーの首都)とエジプトの発掘現場の物理的な距離=5000kmと、国際電話のタイムラグ=1秒に由来しています。またこの地理的な国際性から、イタリア語、ノルウェー語、フランス語、英語、エジプト語の5つの言語の使用する規格外の試みが導かれます。ヨーロッパでは、EUによる「移動の自由化」(ノルウェーはEU非加盟国)や移民の増加などで他国籍、他言語の人と共生するのが日常になり、自らが他国で労働/生活することもありふれた人生の選択になっています。このような現実の反映が『秒速5000km』の国際性につながっているのでしょう。日本でも外国人労働者の数は、本書が出版された2010年から増え続けており、今後、国力の低下により国外で働く日本人の数も増え続けるでしょう。
試し読み