ストアに行く
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
以下のボタンから感想を入力することができます(別ウィンドウが開きます)
感想を投稿
完了する
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい
『BUNGO―ブンゴ―』のクチコミ投稿
クチコミで好きなマンガを広めよう!
話題の種類
「マンガのクチコミってどうやって書けばいいの?」という方へ!選んだ話題の種類に応じて書き方のヒントになる例文を表示します。
クチコミのヒントを表示する
タイトル
本文
BUNGO―ブンゴ―
BUNGO―ブンゴ―
二宮裕次
二宮裕次
あらすじ
少年野球チームのない町に育った石浜ブンゴは買い与えてもらったボールをブロック塀に投げ込む毎日。そんな「壁当て」に心血を注ぐブンゴのもとに、少年野球日本代表の野田ユキオが現れて、二人は予期せぬ対決へ…!! のちに中学校で邂逅した二人は、揃って超強豪「静央シニア」へ入団する──!! 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で、少年達の情熱が乱れ弾ける──!!
BUNGO―ブンゴ― 1巻
少年野球チームのない町に育った石浜ブンゴは買い与えてもらったボールをブロック塀に投げ込む毎日。そんな「壁当て」に心血を注ぐブンゴのもとに、少年野球日本代表の野田ユキオが現れて、二人は予期せぬ対決へ…!! のちに中学校で邂逅した二人は、揃って超強豪「静央シニア」へ入団する──!! 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で、少年達の情熱が乱れ弾ける──!!
BUNGO―ブンゴ― 2巻
静岡の強豪、静央シニアに加入した石浜文吾は練習中に左利きであることが発覚。その左腕から放たれた直球は、誰もが驚く高次元のものだった。練習後、強豪高校のスカウトからも助言を貰い、「野球」に対しての考えを改めはじめるブンゴだったが、そんな彼にチームメイトの天才打者・野田幸雄がとんでもない行動を!? 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で、少年達の情熱が乱れ弾ける──!!
BUNGO―ブンゴ― 3巻
日本選手権予選に向け、AチームとBチームがメンバー入りを賭けて、紅白戦に臨む静央シニア。圧倒的な実力を見せつけるAチームに対し、人生初登板を迎えるBチームの2番手・石浜文吾は野球経験がほぼない状態で、「左腕の直球」の輝きを放てるのか…!? 野田幸雄との「対話」で確実に覚醒を始めたブンゴ。その投球はあまりにも意外な展開を導いて──!? 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で、少年達の情熱が乱れ弾ける──!!
BUNGO―ブンゴ― 4巻
日本選手権の予選となる関東大会が開幕! 静央シニアの4番手投手としてベンチ入りした石浜文吾は大会1回戦で先発し、無安打無得点試合を達成! チームとして最高の滑り出しを見せた静央シニアだったが、前回大会、敗れた因縁の相手である上本牧シニアが堂々たる実力を見せつけ、静央シニアに立ちはだかる――!? 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で少年達の情熱が乱れ弾ける――!!
BUNGO―ブンゴ― 5巻
関東大会4回戦、静央シニアは超強豪・上本牧シニアとついに激突…! 中学ナンバーワンとの呼び声高い天才打者・立花や元U-12日本代表で野田と元チームメイトの諸星へ真正面から立ち向かう静央のエース・吉見雅樹だったが──!? 一瞬も目が離せない試合展開、勝利の女神はどちらへ──。甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で少年達の情熱が乱れ弾ける──!!
BUNGO―ブンゴ― 6巻
関東大会4回戦、静央シニアのエース・吉見雅樹は圧巻の投球内容で、上本牧シニアを封じていたものの、1つのプレーをきっかけに、変調をきたしてしまう。試合展開に影が差す静央は 喉から手が出るほど欲しい先制点を奪うために 主力の神谷真琴、野田幸雄、そして4番・鮎川智が、相手エース・下川毅に喰らいつくが──!? 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で少年達の情熱が乱れ弾ける──!!
BUNGO―ブンゴ― 7巻
関東大会4回戦、静央シニア2点リードで迎えた6回表に打席に立つのは上本牧シニア4番、立花由喜!! 怪我を負いながらも、渾身の投球を続ける吉見雅樹を豪打で叩き、2‐2の同点に持ち込む…! 痛恨の一撃となった立花の本塁打にも、気落ちすることなく熱投を続ける吉見だったが、ついに強制降板となる8回へ──。甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で少年達の情熱が乱れ弾ける──!!
BUNGO―ブンゴ― 8巻
関東大会4回戦、延長戦へと突入した激闘に静央シニア・石浜文吾がついにマウンドへ…!! 吉見雅樹の指示もあり「ど真ん中の直球」のみで上本牧打線へ真っ向勝負を挑むブンゴは予想を超える圧倒的な投球を見せるものの、打席に吉見から本塁打を放った立花由喜が再びそびえたつ…! 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で少年達の情熱が乱れ弾ける──!!
BUNGO―ブンゴ― 9巻
激闘の上本牧シニア戦を経た日本選手権準決勝から2年後──。中学3年生となり、静央シニアのエースナンバーを背負うはずだった石浜ブンゴ! しかし、チーム内に予想だにしなかった超強力なライバルが誕生──!? 2年前、圧倒的な投球を見せつけたブンゴの復活、そしてエースナンバーの奪還はなるのか!? 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で少年達の情熱が乱れ弾ける──!!
BUNGO―ブンゴ― 10巻
静央シニアのエースナンバーを鮎川瑛太に奪われた石浜ブンゴは苦境の時を過ごしていた。引き継ぐはずだった元エース・吉見雅樹の「1番」を奪還すべく、ブンゴは静央の正捕手となった袴田浩の協力を得て、「究極の投球スタイル」を目指すことに。袴田の目指すブンゴの進化形、そしてその過程で二人が選択した「ある球種」とは!? 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で、少年達の情熱が乱れ弾ける──!!
BUNGO―ブンゴ― 11巻
静央のエースナンバーを奪還すべく、進化を遂げる石浜ブンゴ! 正捕手の袴田浩や新チームメイトの助けを得て、更なるパワーアップを図りつつ、背番号「1番」を賭けた紅白戦に突入…! Bチームの投手として、静央レギュラー陣に挑むブンゴはどこまで戦えるか!? 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で少年達の情熱が乱れ弾ける──!!
BUNGO―ブンゴ― 12巻
“1番(エースナンバー)”を懸けた静央シニアの紅白戦は、石浜ブンゴとバッテリーを組む、Bチームの正捕手・米村によるソロホームランから始まる衝撃の展開に! そんな前代未聞の1回表から一転、試合はブンゴと瑛太による熾烈な投手戦へと突入! そして中学野球(シニア)屈指のスラッガーに成長した野田とブンゴの1回目の対戦は!? 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で、少年達の情熱が乱れ弾ける――!!
BUNGO―ブンゴ― 13巻
“1番(エースナンバー)”を懸けた静央シニアの紅白戦はいよいよ後半戦に突入!! 静央不動の4番、野田にスリーランを浴び、Aチームに逆転を許すこととなったBチーム投手・石浜ブンゴ。もう一点も与えられない状況で一層磨きがかかった投球をみせるブンゴ。一方で盤石な瑛太の投球の前に攻撃は思うようにいかず…。Bチームは勝利に向け、流れを取り戻すことができるのか!? 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で少年達の情熱が乱れ弾ける――!!
BUNGO―ブンゴ― 14巻
“初めてだぜ――…打席で寒気がしたのは――!!!” Bチーム投手・石浜が窮地の活路として投げたのは前代未聞の魔球、“ど真ん中直球”だった!! 尋常ではない進化を遂げた投球に、球場は困惑と熱狂が渦巻く異様な雰囲気に包まれていく!!! 野田との対決の行方、そして紅白戦の結末は――…!? 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で少年達の情熱が乱れ弾ける――!!
BUNGO―ブンゴ― 15巻
2年前の静央キャプテン・柿谷結弦が突然静央グラウンドに! 紅白戦で究極の投球を見せた石浜ブンゴは尊敬する先輩を前に2年間の努力の結晶を示せるのか――!!? さらに、紅白戦の衝撃から抜け出せない静央メンバーは吉見擁する翔西大付属翔西高校の練習試合を観に行くことに。最後の夏の大会を前に、喪失した自信を取り戻し、不安を拭うことはできるのか!? 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で、少年達の情熱が乱れ弾ける――!!
BUNGO―ブンゴ―【期間限定試し読み増量】(16)
【YJC新刊発売日! 12月も超豪華タイトル一斉リリース! 無料試読を今すぐチェック!】翔西大付属翔西高校VS青森真田高校の激闘から成長の兆しを見つけることになった静央メンバーたち。“1番”を巡る攻防や紅白戦のショックからの回復、各々が研鑽に励む中石浜ブンゴ達3年生にとって最後の夏の大会が開幕!! 高野台シニアとの初戦に挑む静央だが、3年間積み重ねた努力と想いの結晶が思いもよらぬ展開を生むことに――!! 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で、少年達の情熱が乱れ弾ける――!!
BUNGO―ブンゴ― 17巻
静央シニアVS上本牧シニア!! 2年前に激戦を繰り広げた因縁カードは静央の先発・石浜ブンゴの“ど真ん中直球”による前代未聞の投球で幕を開けた! 対する上本牧のピッチャーは翔西大付属翔西高校で活躍する下川の弟・孝希。剛腕にして繊細な投球に静央打線はどう立ち向かうのか――!! そして不調が続く不動の4番・野田は――!? 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で、少年達の情熱が乱れ弾ける――!!
BUNGO―ブンゴ― 18巻
激戦が続く静央シニアVS上本牧シニア!! 打撃の不調に加え、守備でも失策をしてしまう静央不動の4番・野田に監督は交代を宣告する!! チームの精神的支柱を欠くことになる事態に、好投を続ける石浜ブンゴは…!? 監督の意思、野田の試合に懸ける覚悟、チームの意向。それぞれの思いが交差する中、試合はクライマックスに突入していく!! 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で、少年達の情熱が乱れ弾ける――!!
BUNGO―ブンゴ― 19巻
夏季関東大会4回戦は静央シニアと富士ケ丘シニアの静岡ダービー!! 十数年もの間、静央に負け続けた富士ケ丘は怪物・河村幸一を擁し、戦いに挑む!! そんな中、静央の1番(エース)・鮎川瑛太は上本牧シニア戦での石浜ブンゴの無安打無得点試合(ノーヒットノーラン)という衝撃的なピッチングを目の当たりにし、さらなる進化を決意する!! 新たな力を掴みかけた瑛太は河村を抑えることができるのか――!? 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で、少年達の情熱が乱れ弾ける――!!
BUNGO―ブンゴ― 20巻
静岡の雄、静央シニアVSリベンジに燃える富士ケ丘シニア!! 両チーム、初回から点を奪い合う乱打戦!! 静央の4番・野田幸雄が打てば、富士ケ丘の怪物・河村幸一が静央の1番(エース)・鮎川瑛太からの本塁打(ホームラン)で奪い返す!! そんな中、瑛太は遂に新たなる武器ジャイロ・スライダーを手に入れる――!! 瑛太の新球を目の当たりにした河村には異変が――。瑛太VS河村、二度目の対戦はどちらに軍配が上がるのか――!? 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で、少年達の情熱が乱れ弾ける――!!
BUNGO―ブンゴ― 21巻
激闘の続く静央シニアVS富士ケ丘シニア!! 野田幸雄の逆転2ラン本塁打(ホームラン)によってリードする静央シニアだったが、その後は両チームの投手(ピッチャー)の力投により、試合は膠着状態に――。そんな中、静央の1番(エース)・鮎川瑛太は一死走者(ワンナウトランナー)一・二塁の場面で怪物・河村幸一を迎えることに!! 瑛太は1番を争うチームメイト・石浜文吾に対する思いを胸に河村との三度目の戦いに挑む――!! 瑛太VS河村、超中学級の最終決戦がここに始まる――!! 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で、少年達の情熱が乱れ弾ける――!!
BUNGO―ブンゴ― 22巻
遂に佳境を迎えるVS富士ケ丘シニア戦!! 静央の1番(エース)・鮎川瑛太は1点リードで迎えた5回裏、怪物・河村幸一に痛恨の逆転3ラン本塁打(ホームラン)を浴びてしまう!! 河村との激闘に敗れ、圧倒的な才能の差を見せつけられてしまった瑛太は石浜文吾に助けを乞うのだった――。ブンゴは瑛太を、チームを救うことが出来るのか!? 富士ケ丘シニア戦、ここに終結――!! 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で、少年達の情熱が乱れ弾ける――!!
BUNGO―ブンゴ― 23巻
激闘の富士ケ丘シニア戦、石浜文吾の登板から流れを一変させた静央シニアは決死の逆転を果たす!! 迎えた最終回、ブンゴは遂に怪物・河村幸一と対峙する。ど真ん中直球(ストレート)を捉えられ、窮地に追い込まれたかのように見えたブンゴだったが、河村に敗れたチームメイト・鮎川瑛太の決め球、ジャイロ・スライダーで三振に打ち取るのだった。その圧巻の投球(ピッチング)はまさに1番(エース)にふさわしいものであった――。激闘の果て、新たな物語が動き始める――!!
BUNGO―ブンゴ― 24巻
遂に背番号“1”を手に入れた石浜文吾。チームメイトや高校スカウトからも実力を認められ圧倒的な存在感をみせるブンゴの傍ら、天才打者・野田幸雄はその力の差に苦悩するのであった。野田はブンゴに見合う打者(バッター)になるためのきっかけを掴むことを誓い、リトルシニア全米選手権に参加することを決心する。順調に決勝まで試合を進めた野田率いる日本代表であったが、メジャーリーグスカウトも注目の超有力株・マイケル・ウィリアムソンが目の前に立ちはだかる!! VSアメリカ戦、開幕――!!
BUNGO―ブンゴ― 25巻
リトルシニア全米選手権決勝VSアメリカ戦!! 初回、アメリカの超有望株、マイケル・ウィリアムソンは痛烈な本塁打を放ち圧倒的な才能を見せる。さらにマイケルは日本代表のメンバーから刺激を受け爆発的進化を遂げるのだった――。石浜文吾に見合う打者(バッター)になることを誓う野田幸雄は逆転の好機でマイケルに相対する――。日本代表は、野田は栄光を掴み獲ることが出来るのか!? 世界戦完全終幕――!!
BUNGO―ブンゴ― 26巻
日本一の投手(ピッチャー)に、日本一の打者(バッター)になるために――。静央シニアの1番(エース)を背負う石浜文吾は全米選手権から帰ってきた野田幸雄とともに更なる高みを目指し全国大会へ向け、最終調整に入るのであった。一方、ブンゴの獲得を希望する高校スカウト陣は静央シニアの野田監督の口から野田幸雄とブンゴが同じ高校への進学を希望していることが伝えられる――。彼らの獲得に名乗りを上げるのは…!? そして、彼らは日本一を手にすることが出来るのか!? 中学野球最後の大会、日本選手権が開幕――!!
BUNGO―ブンゴ― 27巻
遂に開幕したリトルシニア日本選手権!! 2回戦を突破した石浜文吾率いる静央シニア!! しかし、捕手(キャッチャー)の袴田浩が2回戦で怪我をしていたことが発覚。袴田不在の静央シニアが3回戦で対決するのは…!? 富士ケ丘シニア・河村幸一と知多翔洋シニア・伴野樹理がブンゴとの対決を懸けぶつかり合う!! 初回、挨拶代わりにホームランを見舞う河村は全打席ホームランを宣言する!! 伴野は河村に打ち勝つことはできるのか…!? 日本代表対決を制し、3回戦でブンゴとの対決を掴むのは…!?
BUNGO―ブンゴ― 28巻
石浜文吾との対決を懸けてぶつかり合う富士ケ丘シニア・河村幸一VS知多翔洋シニア・伴野樹理!! 河村が3打席連続本塁打を放ち、優勢に見えた富士ケ丘だったが、河村以外の打者(バッター)を完全に抑え、迷いなき一振りで逆転の本塁打を放った伴野に軍配が上がる…! 全国大会第3回戦、日本代表4番打者の伴野VS未だ無被安打のブンゴが衝突!! チームの大黒柱で正捕手の袴田浩が離脱している静央シニアをブンゴは勝利に導けるか!? そして、甘い球は“絶対に”見逃さない伴野にど真ん中直球(ストレート)は通用するのか!?
BUNGO―ブンゴ― 29巻
遂に始まった全国大会第3回戦VS知多翔洋シニア戦! 静央シニアの1番(エース)、石浜文吾と日本代表4番打者の伴野樹理の第1打席はブンゴに軍配が上がる! ブンゴは後続の打者に対して、伴野との第2打席の勝負に備え新型のど真ん中直球(ストレート)を完成させる――。一方、知多のエース三科沙良は徹底した内角をえぐる直球攻めによって静央打線を完璧に抑えるのであった。均衡を破るのは静央か知多か!? そして、ブンゴの新型ど真ん中直球は伴野に通用するのか――!?
BUNGO―ブンゴ― 30巻
最高の尊敬(リスペクト)を込めて、最高の投球(ボール)で、中学(シニア)野球日本代表4番打者・伴野樹理に挑むと胸に誓った石浜文吾!! 全国大会準々決勝、VS知多翔洋シニア戦は互いに無得点の均衡を破る神谷真琴のタイムリーヒットにより静央シニアが先制点を奪取する!! しかし、最終局面にて走者を一塁に背負ったブンゴは伴野を打席に迎える! 新たに会得した新型のど真ん中直球(ストレート)を携えたブンゴと、チームと全てを背負う伴野の戦いの行方とは!?
BUNGO―ブンゴ―の情報の提供お待ちしてます!
掲載している内容の誤りや、この作品に関するおすすめの記事、公式情報のリンクなどはこちらからお送りください。みなさまのご協力をお願い申し上げます。
LASTMAN-ラストマン-

LASTMAN-ラストマン-

天才バスケットプレーヤーとして将来を嘱望され、NBAに挑戦するために渡米した轟 静。あれから3年、日本の至宝と言われたその男は、ここ日本で堕落しきった生活を送っていた……。そんな彼の元に、かつての恩師が仕事の依頼にやってきた。轟の母校でもある大花高校バスケ部のコーチとなって、弱小となってしまった部を立て直してほしいと……。

おすすめのマンガ

ダイヤモンドの功罪

ダイヤモンドの功罪

「オレは野球だったんだ!」 運動の才に恵まれた綾瀬川次郎は何をしても孤高の存在。自分のせいで負ける人がいる、自分のせいで夢をあきらめる人がいる。その孤独に悩む中、“楽しい”がモットーの弱小・少年野球チーム「バンビーズ」を見つける。みんなで楽しく、野球を謳歌する綾瀬川だったが…。
ドラフトキング

ドラフトキング

全てのプロ野球選手が通るプロ野球の入り口、ドラフト。その陰には、高校野球、大学野球、社会人野球、独立リーグ…全ての野球選手の中から隠れた才能を見出し、プロへと送り込むスカウトマン達の活躍がある!! 並外れた眼力を持つスカウトマン郷原が見出した選手とは…!? その年のNo.1選手、ドラフトキングの獲得を目指すプロ野球スカウト譚開幕!!
おおきく振りかぶって

おおきく振りかぶって

県外の高校に進学した卑屈で弱気なピッチャー・三橋廉(みはし・れん)。見学するだけと訪れたものの強引に入部させられたのは、全員1年生(くせ者揃い)に女監督(コワイ)という創設まもない野球部だった!オレらのエースは暗くて卑屈。勝つために、弱気なエースのために。行け、オレら!読むとためになり、しかも血沸き肉躍り涙する。絶対に面白い本格高校野球漫画!
ONE OUTS

ONE OUTS

“優勝に必要な何かが足りない”その“何か”を捜して、沖縄で自主トレに励む“不運の天才打者”児島弘道。そこで彼は一人の男と出会う。120km/hそこそこの直球だけで、賭野球“ワンナウト”で無敗を誇る男。彼は名乗る。渡久地東亜と…。
オール・ザ・マーブルズ!

オール・ザ・マーブルズ!

女が野球をすることに、まだ世間があまり興味を示さなかった頃。リトルリーグで男子に交じりエースを務めるほどの圧倒的な才能を持った草吹恵と、女性離れした体力を誇るスラッガー結城愛。ふたりの“めぐみ”は、ともに大好きな白球を追って、青春のすべてをグラウンドに懸けることを誓う。その出逢いは、女性にとっての野球の未来を、世界を変えるほどの、大いなるストーリーの始まり。『銃座のウルナ』で第21回文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した鬼才・伊図透が挑む、真っ向勝負のガールズ・ベースボール・ロマン、満を持してのスタート。※“(go for) all the marbles”は「いちかばちかやってみる」「すべてを懸ける」の意。月刊コミックビーム連載『全速力の。』改題
ストッパー毒島

ストッパー毒島

『ゴリラーマン』『BECK』『RiN』のハロルド作石、渾身の野球コミック! “登板機会なし”――それが、のちに大記録を作る毒島大広(ぶすじま・たいこう)の高校時代の記録! 中学時代に起こした乱闘事件を理由に高校の野球部にも入れずくすぶり続けた毒島。しかし、その日本最速と言われる剛速球を武器に、プロ野球界に殴りこみだ!!!
ベー革

ベー革

これが最先端の高校野球マンガ! 高校球児たちの憧れ――「甲子園」。高校進学を目前に控える入来ジローも例外なく、いや誰より強く甲子園を目指していた。そんなジローが入学した高校・相模百合ヶ丘学園野球部は昨夏、神奈川県ベスト4入りを果たした新鋭の強豪校。大きな希望と甲子園への強い憧れを抱き入学したジローを待ち受けたもの、それは「平日の練習は一日50分」「月曜日は休み」という期待とは正反対のルール。