reread
また読みたい
フォロー
BUNGO―ブンゴ―(1)
少年野球チームのない町に育った石浜ブンゴは買い与えてもらったボールをブロック塀に投げ込む毎日。そんな「壁当て」に心血を注ぐブンゴのもとに、少年野球日本代表の野田ユキオが現れて、二人は予期せぬ対決へ…!! のちに中学校で邂逅した二人は、揃って超強豪「静央シニア」へ入団する──!! 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で、少年達の情熱が乱れ弾ける──!!
BUNGO―ブンゴ―(2)
静岡の強豪、静央シニアに加入した石浜文吾は練習中に左利きであることが発覚。その左腕から放たれた直球は、誰もが驚く高次元のものだった。練習後、強豪高校のスカウトからも助言を貰い、「野球」に対しての考えを改めはじめるブンゴだったが、そんな彼にチームメイトの天才打者・野田幸雄がとんでもない行動を!? 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で、少年達の情熱が乱れ弾ける──!!
BUNGO―ブンゴ―(3)
日本選手権予選に向け、AチームとBチームがメンバー入りを賭けて、紅白戦に臨む静央シニア。圧倒的な実力を見せつけるAチームに対し、人生初登板を迎えるBチームの2番手・石浜文吾は野球経験がほぼない状態で、「左腕の直球」の輝きを放てるのか…!? 野田幸雄との「対話」で確実に覚醒を始めたブンゴ。その投球はあまりにも意外な展開を導いて──!? 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で、少年達の情熱が乱れ弾ける──!!
BUNGO―ブンゴ―(4)
日本選手権の予選となる関東大会が開幕! 静央シニアの4番手投手としてベンチ入りした石浜文吾は大会1回戦で先発し、無安打無得点試合を達成! チームとして最高の滑り出しを見せた静央シニアだったが、前回大会、敗れた因縁の相手である上本牧シニアが堂々たる実力を見せつけ、静央シニアに立ちはだかる――!? 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で少年達の情熱が乱れ弾ける――!!
BUNGO―ブンゴ―(5)
関東大会4回戦、静央シニアは超強豪・上本牧シニアとついに激突…! 中学ナンバーワンとの呼び声高い天才打者・立花や元U-12日本代表で野田と元チームメイトの諸星へ真正面から立ち向かう静央のエース・吉見雅樹だったが──!? 一瞬も目が離せない試合展開、勝利の女神はどちらへ──。甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で少年達の情熱が乱れ弾ける──!!
BUNGO―ブンゴ―(6)
関東大会4回戦、静央シニアのエース・吉見雅樹は圧巻の投球内容で、上本牧シニアを封じていたものの、1つのプレーをきっかけに、変調をきたしてしまう。試合展開に影が差す静央は 喉から手が出るほど欲しい先制点を奪うために 主力の神谷真琴、野田幸雄、そして4番・鮎川智が、相手エース・下川毅に喰らいつくが──!? 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で少年達の情熱が乱れ弾ける──!!
BUNGO―ブンゴ―(7)
関東大会4回戦、静央シニア2点リードで迎えた6回表に打席に立つのは上本牧シニア4番、立花由喜!! 怪我を負いながらも、渾身の投球を続ける吉見雅樹を豪打で叩き、2‐2の同点に持ち込む…! 痛恨の一撃となった立花の本塁打にも、気落ちすることなく熱投を続ける吉見だったが、ついに強制降板となる8回へ──。甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で少年達の情熱が乱れ弾ける──!!
BUNGO―ブンゴ―(8)
関東大会4回戦、延長戦へと突入した激闘に静央シニア・石浜文吾がついにマウンドへ…!! 吉見雅樹の指示もあり「ど真ん中の直球」のみで上本牧打線へ真っ向勝負を挑むブンゴは予想を超える圧倒的な投球を見せるものの、打席に吉見から本塁打を放った立花由喜が再びそびえたつ…! 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で少年達の情熱が乱れ弾ける──!!
BUNGO―ブンゴ―(9)
激闘の上本牧シニア戦を経た日本選手権準決勝から2年後──。中学3年生となり、静央シニアのエースナンバーを背負うはずだった石浜ブンゴ! しかし、チーム内に予想だにしなかった超強力なライバルが誕生──!? 2年前、圧倒的な投球を見せつけたブンゴの復活、そしてエースナンバーの奪還はなるのか!? 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で少年達の情熱が乱れ弾ける──!!
BUNGO―ブンゴ―(10)
静央シニアのエースナンバーを鮎川瑛太に奪われた石浜ブンゴは苦境の時を過ごしていた。引き継ぐはずだった元エース・吉見雅樹の「1番」を奪還すべく、ブンゴは静央の正捕手となった袴田浩の協力を得て、「究極の投球スタイル」を目指すことに。袴田の目指すブンゴの進化形、そしてその過程で二人が選択した「ある球種」とは!? 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で、少年達の情熱が乱れ弾ける──!!