また読みたい
フォロー
ワカラナイカラ好キニナル好キニナルカラワカラナイ――。ある日突然に南高校二年生・戸川安里香(とがわありか)は同級生の松笛篁臣(まつぶえたかおみ)を好きになり告白。二人は付き合うようになるが松笛は戸川に奇妙な注文をしてくる。戸川はそんな不思議な松笛の注文を受け入れつつ、なぜ自分は彼を好きになったのかその答えを探そうとする……。「どうして人は誰かを好きになるのか」――永遠のテーマの答えを、二人は導き出せるか?
ワカラナイカラ好キニナル好キニナルカラワカラナイ――。学校をサボって来なかった松笛の家を訪ねた戸川。奇怪なモノに溢れた松笛の部屋で戸川は、「絶対に開けてはいけない」と松笛に忠告された扉を開けてしまう。そこにあったのはただの鏡だったが、戸川は、そこに映った自身の姿に違和感を覚える……。
ワカラナイカラ好キニナル好キニナルカラワカラナイ――。それはなんでもない、いつもの風景から起こった。ふとしたきっかけで松笛とキスをしてしまった戸川。次第に体調の変化を感じる戸川は、卵を産んでしまうのだった!一方、学園では奇妙な事件が起こっていた……。『ディスコミュニケーション・冥界編』開幕――!
松笛を狙ってやってきたという謎の二人組に戸川は囚われ、松笛もまた、戦いの末に“冥界”と言われる世界に落とされてしまう。死の世界である冥界の中心まで落ちた魂は、消滅してしまうという……。死の世界であるとともに、誕生前の世界でもある冥界に落ちた戸川と松笛が見る、もうひとつの2人の物語――『ディスコミュニケーション・冥界編』。ワカラナイカラ好キニナル好キニナルカラワカラナイ――。
逆転してゆく「夢」と「現実」。冥界に落ちた戸川と松笛が見る、もう一つの2人の物語――。「現実」にとって変わろうとする「夢」だったはずの世界。戸川は、自分が大学生になった世界で、松笛と出会う。もう一つの世界で、もう一つの「戸川と松笛」の奇妙なキャンパスライフが始まった。
ワカラナイカラ好キニナル好キニナルカラワカラナイ――。これは、冥界に落ちた戸川と松笛が見る、もうひとつの二人の物語……。“大学生の松笛”の前に現れる戸川の“影”。“大学生の松笛”の苦悩、そして決断――。ディスコミュニケーション『冥界編』、クライマックスは近い!「誰もが自分という夢を見ているだけなのかもしれない。でもたとえ夢でも、自分という夢を中断することは、できない」
ワカラナイカラ好キニナル好キニナルカラワカラナイ――。これは、冥界に落ちた戸川と松笛が見る、もうひとつの二人の物語……。二人の松笛の前に、やはり同じ松笛の姿で現れた“冥界の主”。覚醒した“大学生の戸川”は、“冥界の主”と対峙する!「どんなに手を伸ばしても、求める答えは手に入らない……」「それでもわたしたちは、あきらめることはできないわ」
わたしはどうしてまつぶえくんをすきになったんだろう――?“あの夢”から5年。これは、「大学生の戸川」と「大学生の松笛」の進んだ未来の姿。冥界に落ちた戸川と松笛が見る、もうひとつの2人の物語……。ディスコミュニケーション『冥界編』、完結!そして、続く盛大なお祭り騒ぎ『学園編』へのプロローグ……。ワカラナイカラ好キニナル好キニナルカラワカラナイ――。松笛と戸川発、摩訶不思議恋愛通信。
朝だ!!頭にニワトリをのせ、首にフロシキを巻き、怪しげな笛を吹きながら、松笛が登校して来る!!ふつうの学校だったら変態扱いされても仕方のない姿だが……でもだいじょうぶ!!なぜなら――この学校の生徒はみんな“変態”だからだ!!(良く言えば“個性的”……)松笛と戸川発、摩訶不思議恋愛通信!!ワカラナイカラ好キニナル好キニナルカラワカラナイ――。
松笛と戸川を訪ねてやってきた少女・鵜崎水佳(うざきみか)。彼女の胸には、ある日、下駄箱の中に入れてあったという奇怪なブラジャー。まるで誰かの手で包まれているかのようにピッタリだったそのブラを付け始めてから起きる奇妙な出来事……。水佳は、松笛と戸川にブラの送り主の捜索を依頼するのだった――。松笛と戸川発、摩訶不思議恋愛通信!!ワカラナイカラ好キニナル好キニナルカラワカラナイ――。