舞台は満州国。主人公・日方勇は関東軍の兵士として家族と平穏な暮らしを送っていましたが、母親の治療費を稼ぐために作り出した阿片が市場を揺さぶるほど上質なものだったことから事態が一変。
勇の“真阿片”をめぐりさまざまな勢力が動き出す。

毎話追い詰められた勇がギリギリの状況でくだす決断がまたトラブルを呼び、常に緊張感満載!
登場人物も全員曲者ぞろいで、次の展開を予想できない楽しみがあります。

1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>

本編終了後に、キリルとナターシャが主人公のスピンオフか、あの時代のロシア(って言うかソ連)の話を是非、読みたいと思う。

本編終了後に、キリルとナターシャが主人公のスピンオフか、あの時代のロシア(って言うかソ連)の話を是非、読みたいと思う。

本編終了後に、キリルとナターシャが主人公のスピンオフか、あの時代のロシア(って言うかソ連)の話を是非、読みたいと思う。

@名無し

最高…!メチャクチャ読みたい!!
マジでやってほしい

バータルに死亡フラグが建っている…

バータルに死亡フラグが建っている…

@名無し

4巻の表紙かっこよくてなんか笑っちゃった(なにこのポーズ??)生き延びてくれ!

満州ドープキングスもちょっといいな

毎回その土地で稼げるだけ稼いだら逃げるぜって展開だからちょっと変えてほしい気はするな。日本軍とゴリゴリ対決モードに入るとか。

そろそろ仲間に退場者が出てもおかしくないという気持ちとリンちゃんには絶対に退場してほしくない気持ちが両方ある

まさに邪悪なワンピースって感じの宴回だった

まさに邪悪なワンピースって感じの宴回だった

@名無し

バータルとキリルの飲み比べ対決見てみたかった…!

1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>
満州を阿片で牛耳った闇の“皇帝”の話にコメントする
『満州アヘンスクワッド』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ
07/07(木)まで
読める!