一番下のコメントへ

大奥の女たちが猫を愛でる新連載猫奥
もう1話目から出てくる「吉野ちゃん」(名前w)が可愛い。
ドスンッ フーーッ ここ猫!猫!!

著者の山村さん、思わぬ経歴でびっくり。担当さんとの対談必読。

1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>

新年一発目のエピソードはお正月回だった:bamboo:
吉野ちゃんが顔を見せてくれて初めて新年明ける滝山好き:joy:
大奥のお正月行事すげえ盛りだくさんで参加するの大変そうだなー

うわ〜〜肉球回とか神すぎる!!!読んでるだけで触りたくなってきた…私に猫をくれ…
「肉球」って言葉がないから「足の裏の豆粒」って呼んでるの素敵

「猫奥ファミリー」が増えて来た。 なかなか楽しいファミリーと ニャミリーだ。 コミックスに、人物相関図 & 猫相関図を 載せてほしい。

「猫奥ファミリー」が増えて来た。 なかなか楽しいファミリーと ニャミリーだ。 コミックスに、人物相関図 & 猫相関図を 載せてほしい。

@ネコ星人

猫嫌いなとしちゃんが加わってから更にバランスが良くなってる気がします。面白いですよね!

今週号の「鎮座猫」写真が素晴らしい! 全国の読者から こんなに写真が集まるとは 凄いことだ。 「猫奥」のアニメ化、映像化も期待しております。

今週号の「鎮座猫」写真が素晴らしい! 全国の読者から こんなに写真が集まるとは 凄いことだ。 「猫奥」のアニメ化、映像化も期待しております。

@ネコ星人

猫侍みたいに映画化もいいですねー!
大奥文化と可愛い猫の融合って絶対受けると思うので、NHKで本気のアニメ化してほしいなぁ

猫侍みたいに映画化もいいですねー! 大奥文化と可愛い猫の融合って絶対受けると思うので、NHKで本気のアニメ化してほしいなぁ

猫侍みたいに映画化もいいですねー! 大奥文化と可愛い猫の融合って絶対受けると思うので、NHKで本気のアニメ化してほしいなぁ

@名無し

江戸文化と 猫の不思議さ かわいらしさ。
そして 折れない滝山の強さ!
この取り合わせは 本当に面白いです。

NHKでやるんだったら、
「こんばんは 徳川家康です」の
解説も入れてほしいです。(笑)

江戸文化と 猫の不思議さ かわいらしさ。 そして 折れない滝山の強さ! この取り合わせは 本当に面白いです。 NHKでやるんだったら、 「こんばんは 徳川家康です」の 解説も入れてほしいです。(笑)

江戸文化と 猫の不思議さ かわいらしさ。 そして 折れない滝山の強さ! この取り合わせは 本当に面白いです。 NHKでやるんだったら、 「こんばんは 徳川家康です」の 解説も入れてほしいです。(笑)

@ネコ星人

セリフと同じくらいモノローグが多い作品ですから、色々と解説は必要になりそうですね^ ^

猫奥」最新コミックス第3巻の 表紙カバーを
めくると、そこに猫さんたちが。
よしのさん、ちよ丸さん、うめさん、こはるさん、
とらさん、しまさん、猫奥ミャミリー勢ぞろいだ。

が、そこになぜか 鳥さんが??
鳥を愛でる「鳥奥」があるのだろうか?
でも、猫さんとの相性が心配だ…

「猫奥」最新コミックス第3巻の 表紙カバーを めくると、そこに猫さんたちが。 よしのさん、ちよ丸さん、うめさん、こはるさん、 とらさん、しまさん、猫奥ミャミリー勢ぞろいだ。 が、そこになぜか 鳥さんが?? 鳥を愛でる「鳥奥」があるのだろうか? でも、猫さんとの相性が心配だ…

「猫奥」最新コミックス第3巻の 表紙カバーを めくると、そこに猫さんたちが。 よしのさん、ちよ丸さん、うめさん、こはるさん、 とらさん、しまさん、猫奥ミャミリー勢ぞろいだ。 が、そこになぜか 鳥さんが?? 鳥を愛でる「鳥奥」があるのだろうか? でも、猫さんとの相性が心配だ…

@ネコ星人

雑紙派なので知らなかった
カバー下そんな面白いことになってたのか

「猫奥」最新コミックス第3巻の 表紙カバーを めくると、そこに猫さんたちが。 よしのさん、ちよ丸さん、うめさん、こはるさん、 とらさん、しまさん、猫奥ミャミリー勢ぞろいだ。 が、そこになぜか 鳥さんが?? 鳥を愛でる「鳥奥」があるのだろうか? でも、猫さんとの相性が心配だ…

「猫奥」最新コミックス第3巻の 表紙カバーを めくると、そこに猫さんたちが。 よしのさん、ちよ丸さん、うめさん、こはるさん、 とらさん、しまさん、猫奥ミャミリー勢ぞろいだ。 が、そこになぜか 鳥さんが?? 鳥を愛でる「鳥奥」があるのだろうか? でも、猫さんとの相性が心配だ…

@ネコ星人

この鳥さんの正体、実は コミックス第3巻の
54話に出てくる、滝山が勝手に想像した
「猫のような鳥」でした。
またどこかで出てくる気がします。(笑)

今週の「猫奥」も 面白かった!
滝山の弟君と 日本初の猫カフェ?の話。
弟君 猫カフェで至福の時。

だが、実家の猫を抱こうとすると「スルー」
と逃げられてしまう。
猫が腕から「スルー」と抜け出す様が秀逸で、
思わず笑ってしまった。

「スルー(通り抜ける、無視する)」の語源は、
猫が抜け出す姿からきているのかもしれない??

猫奥」第三巻 45話
滝山の母は厳しい人で、習字の手習いで
「紙がもったいない!海苔のように真っ黒に
 なるまで書くのです!」と 滝山を躾けた。

紙が真っ黒になるまで書くなど、戦後まもなく
まであったかもしれないが、近年では絶滅して
しまった習性だろう。

「猫奥」は 猫以外でも、面白いエピソードが
多々あるのが楽しいのだ。

1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>
コメントする
また読みたい
フォロー