真実の愛

恋ならもう知っているけれど、ほんとうの愛はいまだ知らないでいる。

愛とは何よりも過酷なものである。その愛の過酷さを描いて、このマンガの右に出るものは未だ存在しないのではないか。

作者は何故タイトルを『ディスコミュニケーションディスコミュニケーション』にしたのか自分でもよく分かっていないらしいが、愛という事と相互不理解という事とは切っても切り離すことのできない二律背反の関係にあるのではないだろうか。

そのために戸川さんと松笛くんはどこまでもどこまでも真実を探しにゆく、その行く道のなんと瑞々しいこと......。

私はこの作品を読むまで男性作家の方はこういう間のあるシーンは描けないだろうと思い込んでいたのでとても驚きました。初期のディスコミはピュアさも魅力的ですね。

私はこの作品を...

コメントする
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー