ネタバレ
殺人犯の息子が事件の真相を辿るクライムサスペンス

一番下のコメントへ

【掲載誌】
モーニングモーニング2017年30号(2017年6月22日発売)より連載開始

【代表作】
『湘南レスキュー部』 東元俊也東元俊也 名義
バウンスアウトバウンスアウト』 東元俊也 名義
バタフライバタフライ』 東元俊也 名義

【公式ページなど】
モアイ

1989年6月24日、北海道・音臼小学校で、児童含む21人が毒殺された。逮捕されたのは、村の警察官・佐野文吾。その息子・田村心は冤罪の可能性を感じ、独自に調査を始める。 事件現場を訪れた心は、突如発生した濃霧に閉じ込められ、気が付くと1989年1月にタイムスリップしていた。 ...

1/32ページ
<<
<
1/32ページ
>
>>

終わっちゃいましたね。
結果的に文吾無罪・心と由紀が結ばれる・鈴は別の男性との結婚妊娠・慎吾と母も存命の世界に。
「心」という名前だけが「音臼集団毒殺の世界」からの置き土産になった。
(事件後に母親の独断でつけた名前)

この世界で成長したみきおは別世界別世界の大人みきおと、どれだけの情報共有したんだろう?
最後のページで札幌に現れていたが、音臼村が水没前のタイミングなら…
再びタイムスリップを敢行し、歴史介入する可能性がある。
もしくは佐野家に直接、危害を与える狙いか。

続編が見たい。

最終回、読みました。お泊り会以降の展開が駆け足だったのは、本当に残念ですが、最後ハッピーエンドになったのは、少しほっとしました。その前の回で本来の主人公があっさり死んでしまってますけど。
回収されなかった伏線が多いですね。伏線回収のためにエピソードを一巻分くらい書いてもらいたいところですw

それにしても「週刊現在」、取材対象に全く相手にされなかったのに、「独占スクープ」にしてしまうのはちょっと笑えてしまいますね。

私が考えていたのは、無罪の父親佐野文吾を助けるか?生まれたばかりの娘、未来を取るのか?でしたが、大ハズレでした。(苦笑)
出来ればドラマ終了後に、田村心の3回目のタイムスリップがある映画を見てみたい。

たしかにドラマで原作をなぞった後に、続編として映画化はありそう。
だから子供みきおは生き延びて、最終回ラストで札幌に登場したのかも。
読者の大半が感じている消化不良なフラストレーションを映画で回収という狙いか。

久しぶりに連載初回からハマった作品だから、
制作サイドの思惑にまんまとハマっても、後日談は見たい。

でもやっぱり、歴史介入前の心は絶命してるのは残念。文吾だけが事実を知る主役になるのか。

東元先生、
フランスのルモンド紙の「日本のベスト漫画」の佳作に選ばれていました。
最近の作品が候補に入るのはすごいと思います。
ファンとして嬉しいです。
ぜひテセウスの続編お願いします。

東元先生、 フランスのルモンド紙の「日本のベスト漫画」の佳作に選ばれていました。 最近の作品が候補に入るのはすごいと思います。 ファンとして嬉しいです。 ぜひテセウスの続編お願いします。

東元先生、 フランスのルモンド紙の「日本のベスト漫画」の佳作に選ばれていました。 最近の作品が候補に入るのはすごいと思います。 ファンとして嬉しいです。 ぜひテセウスの続編お願いします。

@名無し

祝!:tada:佳作選出!
さすがに傑作枠には選ばれませんでしたが、、
以前からフランス語版を出されてましたから、認知度が高いことも関係してそうですね
https://twitter.com/toshiya_paris/status/1084860591112577024?lang=fa

単行本情報。11月と12月に連続刊行になるみたいですね。

ここネタバレの宝庫だからドラマ化情報から来た人は気をつけたほうがいいかも(笑)

佐野役は北海道だしこの髪型だし大泉洋大泉洋しかいない!
と思ったけど流石にもうちょっと若い人になるだろうな…

 俳優の鈴木亮平さんが、竹内涼真さん主演で来年1月期にTBS系「日曜劇場」枠(日曜午後9時)で放送される連続ドラマ「テセウスの船」に出演することが11月6日、明...


追加キャストも発表されましたね。
佐野は鈴木亮平か…意外といえば意外ですが演技の幅考えたら合ってるかもしれませんね

作者の東元さんも、ここで意見を交わしたすべての方々もお疲れ様、そしてありがとうございました! 今回はエピローグ回として、佐野家のみんながそろって仲良くしているのがやはりなによりもうれしいです。今回登場の心は我々の知っている心ではないので、「良かったね」は父の佐野文吾に言いたい。この微妙な違和感が心に関する「テセウスの船」なんだろうなと思うし、であれば心が89年で亡くなることは予定通りなのかもしれないです。もちろん「僕だけがいない街」のように、ドラマ版は違うエンディングというのもアリだと思います。 映画で言えば今回は主題歌がエンディングのテロップと一緒に流れる中でのストーリーのようなイメージを感じました。そして最後の最後、ご指摘のとおり、まるでホラー映画のエンディングのような終わり方になりました。 毎回現代で登場する週刊誌によればみきおは「都内某所」にいるようです。そして最後のページでは「さっぽろテレビ塔」のそばにいます。しかも佐野家の直前に描かれたテレビ塔は微妙に景色が違うように思うので、塔からみた方角は違うものの結構近くにいるし、一体何をする気だ?という気分になりますね。週刊誌の質問にもちゃんと答えてませんし。 単行本の6巻だったでしょうか、ほとんど9話で収まっているなか、10話押し込んだのがありました。もしかしたらこの頃に残りの話数でどう締めくくるか決められていたのかもしれないです。 「もう少し掘り下げて欲しかった登場人物」、同感ですし、はっきり言って心と文吾とみきお以外は、特定の活躍回以外はモブキャラに見えてしまいますし、ドラマ化の際にこれは課題だと思います。できればあまりいじくって欲しくはないです。 木村さつきは生きていたら、結局出所したみきおの面倒を見ようとするかもしれないので、可哀想ですがいなくて良かったのかもしれないです。 鈴は整形してないこっちのほうがやっぱりいいです。ただ眉毛を剃ったのはちょっとだけ残念です。 最後に、佐野文吾「クソ父」が書いたタイムカプセルのメッセージ、事実上これが作者からの作品を通じたメッセージだと思うので、重く受け止めたいと思います。この回の心は「は?」でしたが。。 本当に皆さんありがとうございました!

作者の東元さんも、ここで意見を交わしたすべての方々もお疲れ様、そしてありがとうございました! 今回はエピローグ回として、佐野家のみんながそろって仲良くしているのがやはりなによりもうれしいです。今回登場の心は我々の知っている心ではないので、「良かったね」は父の佐野文吾に言いたい。この微妙な違和感が心に関する「テセウスの船」なんだろうなと思うし、であれば心が89年で亡くなることは予定通りなのかもしれないです。もちろん「僕だけがいない街」のように、ドラマ版は違うエンディングというのもアリだと思います。 映画で言えば今回は主題歌がエンディングのテロップと一緒に流れる中でのストーリーのようなイメージを感じました。そして最後の最後、ご指摘のとおり、まるでホラー映画のエンディングのような終わり方になりました。 毎回現代で登場する週刊誌によればみきおは「都内某所」にいるようです。そして最後のページでは「さっぽろテレビ塔」のそばにいます。しかも佐野家の直前に描かれたテレビ塔は微妙に景色が違うように思うので、塔からみた方角は違うものの結構近くにいるし、一体何をする気だ?という気分になりますね。週刊誌の質問にもちゃんと答えてませんし。 単行本の6巻だったでしょうか、ほとんど9話で収まっているなか、10話押し込んだのがありました。もしかしたらこの頃に残りの話数でどう締めくくるか決められていたのかもしれないです。 「もう少し掘り下げて欲しかった登場人物」、同感ですし、はっきり言って心と文吾とみきお以外は、特定の活躍回以外はモブキャラに見えてしまいますし、ドラマ化の際にこれは課題だと思います。できればあまりいじくって欲しくはないです。 木村さつきは生きていたら、結局出所したみきおの面倒を見ようとするかもしれないので、可哀想ですがいなくて良かったのかもしれないです。 鈴は整形してないこっちのほうがやっぱりいいです。ただ眉毛を剃ったのはちょっとだけ残念です。 最後に、佐野文吾「クソ父」が書いたタイムカプセルのメッセージ、事実上これが作者からの作品を通じたメッセージだと思うので、重く受け止めたいと思います。この回の心は「は?」でしたが。。 本当に皆さんありがとうございました!

@なおなお

ひとつだけすみません…
「クソ父」ではなく「by父」だと思います

コミック派だったので、やっと最終話まで読めました。
10巻、トントン進みすぎて中盤のダラダラ展開は何だったのかちょっと置いてけぼり状態です…
でもやっぱり佐野一家が幸せそうにしてるのはうれしいです。
鈴、整形せず美人だし、慎吾はタイムスリップした時の文吾さんそっくり、和子さんも明るいお母さんで文吾さんも昔と変わらない。そしてまた由紀と出会えた心。ハッピーエンドで良かったです。
いろいろな伏線が回収されてないので(明音ちゃん行方不明の鈴の行動や、金丸さんが何に気付いたのか)
気になるので、また続編、特別編があってほしいと願っています!
ドラマもどんな展開にしていくのか期待してます!

自分も単行本派だったのでようやくこのトピックを見れます
やはり連載の最終回当時は少しモヤッとするところがあったんだなと拝見していました。

個人的には最終ページを佐野家の笑顔で飾るのではなく加藤を持ってくるのはこの作品の少しゾクッとするような雰囲気がよく出ていて好きです。

しかし続きというか、この先が見たくなる気持ちにはなってしまいますね…。

ドラマの放送いよいよ今週末か〜。

メイキングの特番いくつか見たんですけど、役者さんはみんなかなり原作読み込んでるみたいでした。楽しみです

ドラマの放送いよいよ今週末か〜。 メイキングの特番いくつか見たんですけど、役者さんはみんなかなり原作読み込んでるみたいでした。楽しみです

ドラマの放送いよいよ今週末か〜。 メイキングの特番いくつか見たんですけど、役者さんはみんなかなり原作読み込んでるみたいでした。楽しみです

@名無し

ドラマの感想も話したかったのでついトピックを立ててしまいました(笑)
(ここでドラマの話もするのはちょっとお邪魔かなと思い…。)

「ドラマ見る!」という方がいらっしゃれば、お話できたら嬉しいです!

ドラマ始まりましたね。展開早っ。
いきなりのタイムスリップ。そしてかなり、佐野犯人を匂わせる序盤。
特にワープロ文面のインサートでミスリード狙ってる。
しかし原作ではカセットテープの録音を、映像(音声)化においてワープロという小道具に変換したのはお見事。
舞台が宮城なのは謎というか残念。自分は北海道出身で原作の北海道訛りや生活習慣などで親近感あったので。
ドラマでは東京→音臼村の往来が頻繁にある?
もしくはロケ撮影のコスト上の問題で宮城になった?

今日第3話です。久しぶりにドキドキしながら見るドラマです。私は活字派で漫画はほぼ読まないので、原作が漫画と知り意外でした。ネットで原作を拾い読みしましたが、もったいないので、今後のドラマの展開を待ちたいと思います。涼真君の熱演もいいですが、亮平さんの怪しげ感が消えないのも気になります。皆さん、結末知ってるんですよね。ドラマは少し違うような記事をよみました。幸せになってくれる事を祈ります。

連載終了してから初めて来たけど、結構コメント伸びてるねw
ドラマ化するって聞いたときは心配だったけど、今のトコ評判良くて嬉しいよ。

1/32ページ
<<
<
1/32ページ
>
>>
コメントする
reread
また読みたい
フォロー