ネタバレ殺人犯の息子が事件の真相を辿るクライムサスペンス

マンバ運営

【掲載誌】
モーニング2017年30号(2017年6月22日発売)より連載開始

【代表作】
『湘南レスキュー部』 東元俊也 名義
バウンスアウト東元俊也 名義
バタフライ東元俊也 名義

【公式ページなど】
モアイ

1989年6月24日、北海道・音臼小学校で、児童含む21人が毒殺された。逮捕されたのは、村の警察官・佐野文吾。その息子・田村心は冤罪の可能性を感じ、独自に調査を始める。<br /> <br /> 事件現場を訪れた心は、突如発生した濃霧に閉じ込められ、気が付くと1989年1月にタイムスリップしていた。<br /> <br /> 「殺人犯の息子」が真実を求め、辿る、哀切のクライムサスペンス。

最新25件/全96件
<< 最新
< 前
次 >
最初 >>

確かに小学生には分からないだろう言葉、感じを使っている。 しかし一方では最後の絵、5年生の書く絵としては下手くそなレベルのように思う。 ますますわからない。

@なおなお

うーん、そうなんだよね。色々とちぐはぐで、いろんな可能性がありそうなんだが、まだこれっていう決め手がない。まだ序盤だから当たり前なんだろうけど笑

うーん、そうなんだよね。色々とちぐはぐで、いろんな可能性がありそうなんだが、まだこれっていう決め手がない。まだ序盤だから当たり前なんだろうけど笑

@名無し

ついでにいえば最初の事件の犯人の初めてのメッセージは年齢、推定体重、パラコートの分量といちいち詳し過ぎ。職業でいえば医者か警察みたい。
複数犯、多重人格者、それとも催眠術や洗脳?な世界。

イムリープの直前と直後にそばにあった石の地蔵が描かれたコマがあった。自分の意志でもないので、度々タイムリープを起こす物語ではないかもしれない。

ついでにいえば最初の事件の犯人の初めてのメッセージは年齢、推定体重、パラコートの分量といちいち詳し過ぎ。職業でいえば医者か警察みたい。 複数犯、多重人格者、それとも催眠術や洗脳?な世界。 タイムリープの直前と直後にそばにあった石の地蔵が描かれたコマがあった。自分の意志でもないので、度々タイムリープを起こす物語ではないかもしれない。

@なおなお

複数犯の可能性はおおいにあると思う。
田中さんの詩に「死」などの言葉が出てくるので、犯人と接触しているうちに影響を受けたのかもしれない。洗脳とまでは言わないけど、そういう精神的な影響?繋がりはヒントになるかも。

イムリープは現代に戻るためにもう一度は起こると思うが、それ以上に関しては本当になさそう。もしくは事件の解決が物語の主題ではなく、物語を間近で見たことによる心の変容を描きたいのかも。テセウスの船というタイトルと1話目の始まり方から考えると。

田中さんの詩、物凄く気持ち悪いが、それだけじゃなくてそもそも詩じゃない、というか全然脈絡がないし、横線を無視して書いている。失礼だが頭大丈夫かこの人?と思えるレベル。
同じ人、というか精神状態の人が最後の絵を描いたのなら納得かもしれない。
そもそもこれ、本当に田中さんの詩なんだろうか?そうだとしたらヤバ過ぎるが。

犯人が録音している場面のカセットテープのテープの位置、いわゆるオートリバース機能のものでなければ、「巻き終わり」の位置にあり、これでは録音であれ再生であれ、ボタンを押してもすぐにはね返る。過去の録音場面も同じ位置だった。
このカセットは決定的な証拠になると思っていたが、何も入っていないかもしれない。犯人は操作方法を知らずに録音したつもりでいるのだろうか。

ノートに書かれたのは実は田中さんの詩ではなく犯人が書いたものということもあるかも。田中さん目が見えないわけだし、結構明るい詩を書いてるような雰囲気を出していたし。

ノートに書かれたのは実は田中さんの詩ではなく犯人が書いたものということもあるかも。田中さん目が見えないわけだし、結構明るい詩を書いてるような雰囲気を出していたし。

@名無し

最後の絵、人物はともかくとして後ろの枯れ木は孤独の象徴だろうか、それとも冬の森で迷子?
そして上空のプロペラ機、これから思い浮かぶのは「監視(者)」だろうか。これを描いた人物のことかもしれないし、その人自身さえもまた別の誰か(幻覚の可能性もあるか)に誘導されてる、なんてこともあり得るかも。例えばそのノートを見つけて意図を知り、直接または間接的に誘導するとか。

最後の絵、人物はともかくとして後ろの枯れ木は孤独の象徴だろうか、それとも冬の森で迷子? そして上空のプロペラ機、これから思い浮かぶのは「監視(者)」だろうか。これを描いた人物のことかもしれないし、その人自身さえもまた別の誰か(幻覚の可能性もあるか)に誘導されてる、なんてこともあり得るかも。例えばそのノートを見つけて意図を知り、直接または間接的に誘導するとか。

@なおなお

枯れ木は風景かなぁって深く考えていなかったんですが、プロペラ機には何かしら意味がありそうと私も思っていました。監視者なのか、自由への憧れなのか、あるいは爆撃機かも(枯れ木はもしかしたら焦土を表しているとか)
あと、人物はどちらも女の子に見えるので、泣いている片方が描いた人自身だとしたら犯人は女の子?

枯れ木は風景かなぁって深く考えていなかったんですが、プロペラ機には何かしら意味がありそうと私も思っていました。監視者なのか、自由への憧れなのか、あるいは爆撃機かも(枯れ木はもしかしたら焦土を表しているとか) あと、人物はどちらも女の子に見えるので、泣いている片方が描いた人自身だとしたら犯人は女の子?

@名無し

確かに家庭内でDVの被害受けてたりしてるなら自由への憧れというのもあり得るかも。
それから気が付いてる人も多いと思うんだけど、パラコート事件の時に現場にいた人で(誰がいたか心が思い出しているシーンがある。その時は佐野を疑ったが)、なおかつ田中さんが「いい匂いがする」と言った時にその部屋にいた人物は長谷川翼、佐野鈴、三島明音の3人。
犯人が女ならふたりに絞られてしまう。いずれもできることなら容疑者から外したいが。

真犯人が、佐野文吾以外だと、田村心の娘、未来に影響があるだけでなく、心が佐野正義と言う別人になってしまう。
ここでタイトルのテセウスの船に、意味が出てくる。

佐野を犯人にしている者は、心と娘の未来の為に、そっちが正しい歴史とする為か?

佐野が心たちに手紙を書いていたらしいじゃない。あれは、心へ何かしらの手がかりを渡そうとしていたのではないかな。そうじゃなきゃ、死刑囚なのに無駄にポジティブというか。

小ネタだが作者の東元先生の名前って
テセウスの船以降、俊也→俊哉に変わってるのな

鈴はミスリードを誘っているだけだと信じたい

翼くんの反撃、いやらしいな

金丸刑事の一万円と10円のお年玉の両方を貰う、と言うのは、どうすれば出来る?
これも矛盾している。佐野文吾と田村未来の2人を助けると言っているみたいな話だよね?

心と鈴の窓越しの会話で、直後に歩いている心を「引き」の絵で描かれ、その次のコマと会話中にはその立ち位置から真後ろを向いたら見えそうな風景が描かれている。犯人が立ち聞きした上で自分に都合良くあてはめてるような気もする。
最後の場面、子供だろうか。気になるのは雪の降り方が佐野家の周りと違うこと。家ではなく倉庫に見えるが、これまでとは違う流れに戸惑う。

加藤みきお君(男子だった!)、今回は椅子の名札からスタート。先週に続いて仲裁に入っている。モブキャラからキーパーソンになった感じ。真意は何だろう。

心が佐野に話した犯人の人物像、そしてだから田中さんが心配、納得だ。
家族や仲間がいて幸せそうな人を見るのがいやで、その幸せを失って泣いてるのを見るのが快感、という感じだろうか。

モーニング46号で、犯人と思われる人間が、車の中で、カセットテープに録音している。

最初は佐野だけだったけど、最近は怪しそうな奴が増えてきて、真犯人の目星が全くつかない

なおなお

ラジカセのテープが巻き終わりの位置になっていると以前に書いたんだけど、録音/再生のヘッドが上に付いているタイプの可能性があり、ならばまともに作動していることになる。お詫びと訂正したい。
調べてくれと言わんばかりにラジカセの型番が書いてあったので機種を調べたところ、SONYのCFM-A50という小型モノラルラジカセだった。特長は年配者向けで再生速度を変えられ、音質が下がるが年配者に聞きやすくできること。かなりアップの絵で描かれているが意外に小さいものだった

なおなお

金丸刑事の一万円と10円のお年玉の両方を貰う、と言うのは、どうすれば出来る? これも矛盾している。佐野文吾と田村未来の2人を助けると言っているみたいな話だよね?

@名無し

金丸刑事のお年玉の件、子供たちがどれくらい自分の欲望に素直かを試したかったんじゃないだろうか。
拒否。自分の正義、誰かを守るほうが大事。
10円。素直にもらうが控えめにしとく。
1万円。もらえる物はもらえ!
「両方奪う」。ここまでくると犯罪者になる素質あり
と思ったんだけど、どうだろう。

名無し

金丸刑事のお年玉の件何だけれども、今年は10円貰い、生まれてくる赤ちゃんが大きくなった時に、3人兄弟で頂きす!とか言えば矛盾しないのでは?

名無し

加藤みきお君が、格好良いので怪しく見える

最新25件/全96件
<< 最新
< 前
次 >
最初 >>
コメントする
投稿者名