ネタバレ殺人犯の息子が事件の真相を辿るクライムサスペンス

599 – 624/624件
<< 最新
< 前
次 >
最初 >>

で、田村心の前に、加藤みきおあるいは誰かがタイムスリップしていると思われるので、その時間軸も書き加えてみた。 (あ、2つ上の書き込みじゃなかった。4つ上だった。ちなみに上の「なおなお」さんとも今まで何度か絡ませてもらってます。)

で、田村心の前...
@名無し

最近5巻まで全巻買いして読んだ者です。全く何も考えずに読んでいた自分が恥ずかしい!ただのタイムスリップものだと思ってました。(つまり色々変わってても気に留めず読み飛ばしていた)わかりやすく図式してくださって感謝。面白み倍増、連載追うのワクワクする感覚、久々です。

おっ! なんか画像が来てたw

なんかいろんな作品名が出てるけど、俺的には重松清の「流星ワゴン」がかぶるかな。
現実では疎遠になった、主人公が生まれる前の父親との邂逅ってところが似てる。

お忙しいところ分かりやすく図にして戴いてありがとうございます。
一つ付け加えるなら、第2の時間軸の現代に戻った時、そして今後第3の時間軸に戻る時、それまでいた佐野夫妻から生まれて大きくなった心(もしかしたら正義)は上書きされてしまったと考えていいのかなと思います。あくまでSF的な概念なので、完全に辻褄を合わせることは不可能なので。
私自身はもちろん日本在住ですが、このサイトがこの物語の掲示板としては初めて見つけたものなので、以降こちらに投稿しています。他のサイトも閲覧はしますが、投稿はしていません。それらしいのがあっても私ではありません(笑)
投稿、閲覧して下さっているすべての皆さん、連載終了まで引き続きどうぞよろしくお願いします!

なんで字が赤くなったのかと思ったら、ハートが沢山ついたからなのか。
あと、この掲示板はmarkdown が、部分的にサポートされてるみたい。
例えば、これで箇条書きに表示されるはず。

  • 項目1
  • 項目2
  • 項目3

どうかな?

二日前の引っ越しというのは、単純に大人みきおが二日前にタイムスリップしてきて、子供みきおの身柄を隠したということか。
タイムスリップの原理は不明だが、お稲荷さんの伝承、みきおが音臼山のふもとに住んでいるということからすると、元々みきおは神がかり的な力をもっていたと暗示しているようにも思える。

みきおの両親の死に三島病院、田中さんが関係してるようで気になる。みきおがおばあさんと住んでた家には秘密がありそうな気がするのは僕だけか?

工場の金庫から無くなったシアン化カリウムと台所の棚に保管してあるものとは容器が違うね。わざとらしく置いてあるのが気になる。もうすでに粉末を溶かしてあるのかな?

今週号のタイトル、来週予告と心のこういう気配りなしの直球路線は続きそうだ。あくまで28年後のイメージからさかのぼっているし、事件はまもなく起きるという前提だからやむを得ないけれど。
ただ事実が次々と明らかになっていきそうな感じ。
「ただのお酒」というのは信憑性を感じる。置き場が台所のよく使う場所なので、紛らわしい危険なものを普通こんな所に置かないし、父親の目にも触れやすい場所だから。
加藤の背景が少しだけ分かった。やはり家庭事情があり、転校生。母はなくなり父はいない。母の場合ように亡くなったとは言ってないのは気になるが。そしてさつきが引き取ることはこの時点ではっきりしている。
心としてはさつきは主犯のひとりなので、直球による問い詰めは続きそうで、微妙な空気ながらこの人に聞くのがいちばんの早道だと思うので、事件阻止という観点から言えはガンガン行って欲しいと思う。
加藤のお婆ちゃんの居場所を教えてもらえたので、そちらにも行くことになるか。
それにしても89年のさつきはまだキャラクターが変わっていない元のさつきに思える。この時点で「隠したいこと」があるのかは次回注目したい。

物語中の主要な登場人物たちの多くが「家庭環境に恵まれてない」感じがする。
加藤は今週号で明らかになった。さつきは母がいなさそう。翼の発言から彼自身もそう感じるし、三島家の姉妹も実の両親なのか疑問がある。ついでにいえば佐々木紀子も婚約者とはいえ暴力的な人間と一緒に住んでいた背景も謎。
そんな中で佐野家は本来あるべき普通の家庭として描かれている。
訳ありな登場人物の過去も事件の背景にあるのなら、早く明らかになって欲しいと思う。

音臼村に来た、佐野文吾一家以外は信じるな、と言う事ですかね?田村心が先生になった時に転校して来た子供も含めて、音臼村の住人は何かを隠しているのかも。

この時点でまだ善良な人だったとするとさつき先生かわいそう。
大人のみきおが介入することで彼女が変わったのだとすると、もう出会っていてしかるべき時期とはいえ・・・

毒物入手に関わっていない事から見ても、シロの様な気がする。
でもそれがなぜか、当日は佐野家に工作しに来るんだ。

うまくやればここで味方につけられたかも知れないものを、これをきっかけに敵になってしまうのかも知れない。

この何週かテンポがめっちゃ遅く感じてるんだけど、自分だけかな?
まあその前が前だけにってトコもあるだろうけどね。

でも今週だって部屋入っていくつか質問して終わりだよ?
前の週のフリは「お酒です」ってイヤイヤ・・・て感じなんだけどね。
過去に戻ってからはちょっと残念回続き、もちろん今のトコは、だけどね。

加藤みきおの父親は、現代編の木村みきお。妻は、さつきの母親。よって過去編のみきおとさつきは異母兄弟。加藤はさつきの母親の旧姓。佐々木紀子は、現代編の木村みきおと知り合いでみきおを頼って小樽へ。長谷川翼と写真に写っていたのは、現代編の木村みきお。音臼村の人間関係はややこしい❗

今日のみんなの推察はどれも腑に落ちる。

シアン化カリウムはおそらく本当に酒だろうし、さつき先生もこの時点は悪意はなさそう。心の強引さで、逆にさつき先生を犯行側に加わらせてしまうというも当たってそう。
音臼村の登場人物がいずれも家庭環境に恵まれてないというのも納得。

ただ、この上のコメントの人の予想はあまりに当たりすぎだと思う。細かいところまで全部当たってる気がする。
これが当たってるなら、内部の人のリークだろうか。
リークはマナー上良くないと思うが…

この若い教師があのババアだってことに今頃気づいた
この人あんなんになっちゃうのっていうショックと、
気づかずにずーっと今まで読んでた自分が恥ずい
1週1話の流し読みじゃあこのタイムスリップ漫画は混乱するか
切り抜きノート片手に過去で奮闘してた頃はかなり面白かったが

翼、明音がシアン化カリウムで亡くなった時点で、文吾は、木村の工場で1本ビンが無くなっていた事実を確認していたことを上司に報告しなかったのだろうか。今回、さつき先生にこの事実を教えたらどんな反応をするだろうか?見てみたい❗さつき先生は正面後ろ姿は美人で申し分ないけど、横顔のアップの描写は将来のBBAの目尻のしわとそっくり。みきおをなぜここまで匿うのか早く背景を知りたい‼

加藤みきおの父親は、現代編の木村みきお。妻は、さつきの母親。よって過去編のみきおとさつきは異母兄弟。加藤はさつきの母親の旧姓。佐々木紀子は、現代編の木村みきおと知り合いでみきおを頼って小樽へ。長谷川翼と写真に写っていたのは、現代編の木村みきお。音臼村の人間関係はややこしい❗

@名無し

佐々木紀子さんは小樽じゃなくて函館に居たけど
小樽っていうのは何かあるんですか?

隔週刊になるのか、と思っていたらまさかの次号休載。4週間待ちとなった。今週はそれまでの事件の整理プラス明らかになる事実というところか。
前半の強引な家宅捜索からは特に変わったことはないように思う。仏壇の感じから誰かが亡くなってあまり経っていないような感じ。その上のご先祖?の写真は木村父やさつきとは人相が違う…あまり重要な情報ではないと思う。このページのためにどなたかのお宅を取材されたのかな、とは思う。
中盤、事件の整理。佐々木紀子情報はちゃんと鈴から心に伝えられていたようで安心した。佐々木紀子の見た犯人は「ノートを持った加藤の声」の男。
千夏の事件はかなり明らかになってきた。回想シーンの明音のとなりにいたのがみきおで確定、しかも自由研究のメンバー。後に明音のことはかなり悪く言っているので、一緒に行動していたのは意外。鈴の転落事故が翼の協力で起こされ、同日に千夏事件決行というのが最初から決まっていたのか?
そして明音失踪事件。明音と鈴は立ち話の際に喧嘩別れ、というのは地味に新事実。そしてSのキーホルダー、金丸刑事も「メッセージ」と言っていたが、イニシャルSならやはり、最後のコマに出てくる「加藤信也」か。
金丸刑事の「何かを知っているようだった」のが気にはなる。
これで当時の加藤みきおは姿を消し、ここから事前に出来ることはなくなってしまっただろうか。そして2度目の音臼事件は1日遅れで決行されたが、今度はどうだろうか。そしてこの後もさつきの協力は得られるのだろうか。いろいろ疑問がわく今週号だった。

599 – 624/624件
<< 最新
< 前
次 >
最初 >>
コメントする
テセウスの船

テセウスの船

12/21(金)に6巻が発売!
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー