ネタバレ
『テセウスの船』実写ドラマ感想を語るトピック

一番下のコメントへ

マンガの感想サイトとは思いつつ、ドラマ版の話もしたいなと思って立てました!
原作との比較や、ドラマから入ったひとがマンガにも触れるキッカケになってくれたら嬉しいです。

ドラマだけ見てる人も、原作と両方見てる人も、一緒に感想を語りませんか?

毎週日曜TBSTBS系21時

TBSの2020年1月期日曜劇場『テセウスの船』の番組公式サイトです。主演:竹内涼真ほか豪華キャストでお送りする、泣けるヒューマンミステリー。時代を超えた“父と子の絆”は奇跡を起こせるのか!?

1/3ページ
<<
<
1/3ページ
>
>>
子役に対する配慮なのか、明音ちゃんの貞操と命は守られた。 明音ちゃんが回復して証言すると展開が変わってしまうけど、翼が暴行目的で連れ出して、小屋に閉じ込めたまま思い余って自殺したという事になるのだろうか。もちろん真相はみきおの指示に従って閉じ込め、そののち殺害されたのだろうが。 歴史が変わってしまっているので、結末を知っている原作読者も先が読めない。

子役に対する配慮なのか、明音ちゃんの貞操と命は守られた。 明音ちゃんが回復して証言すると展開が変わってしまうけど、翼が暴行目的で連れ出して、小屋に閉じ込めたまま思い余って自殺したという事になるのだろうか。もちろん真相はみきおの指示に従って閉じ込め、そののち殺害されたのだろうが。 歴史が変わってしまっているので、結末を知っている原作読者も先が読めない。

@名無し

そうなんですよね。
原作では三島姉妹はどちらも殺害、さらに明音は暴行の事後に絶命という、あまりにも酷すぎる展開でした。
予想通り日曜劇場の放送枠では修正入りました。
大方のあらすじは原作からズレないとは思いますが、個人的には加藤みきおをフェイクにして、真犯人を隣の少年にする。くらいのアレンジはあるのかな?と楽しみです。

ドラマだと心さんの熱血度合いがマンガより高いのがいいアクセントになってる気がするな
竹内涼真もドライブの進ノ介感があって個人的にはかなり好き

過去にタイムスリップし、歴史介入。父親に血縁関係と史実を伝えて再び現代へタイムスリップ。
物語のプロローグプロローグが今週までの3話で語られた。
気になってるのは初回の冒頭で、鈴が車椅子の加藤みきお(おそらく)と東京にいた事。
深追いして考えてもしょうがないけど、原作には無かったシーンだし、歴史介入後にこの2人はどう関わるのか気になる。
原作ではこの2人は札幌で暮らしてたから。

展開が、かなり変わって来てますね。
今回は嫁(だった)記者が心の味方として大きな役割を果たした。
とはいえ、大筋のストーリーはそのままで原作ラスト以降のみきおに納得いくエピローグを期待したいところ。

予告で「お前だったのか」と言っていたので、明日刺されるのでしょうか。
すごいペースで進んでいる様だけど、話数が少ないのと、オリジナルの結末が入ることを考えると、仕方ないのかとも思います。

佐々木紀子によると翼は明音ちゃんを殺せと指示されたが出来なかったので自殺したとの事。
それならば当日の翼の態度も納得。

予告で「お前だったのか」と言っていたので、明日刺されるのでしょうか。 すごいペースで進んでいる様だけど、話数が少ないのと、オリジナルの結末が入ることを考えると、仕方ないのかとも思います。 佐々木紀子によると翼は明音ちゃんを殺せと指示されたが出来なかったので自殺したとの事。 それならば当日の翼の態度も納得。

予告で「お前だったのか」と言っていたので、明日刺されるのでしょうか。 すごいペースで進んでいる様だけど、話数が少ないのと、オリジナルの結末が入ることを考えると、仕方ないのかとも思います。 佐々木紀子によると翼は明音ちゃんを殺せと指示されたが出来なかったので自殺したとの事。 それならば当日の翼の態度も納得。

@名無し

俺も刺されると思うわ
早く観たい

最終回前夜、文吾が元来の歴史通りに殺人容疑で連行される。という、絶望的な展開。
「歴史は変えられない」
テセウスの船テセウスの船理論の1つを示した。
しかしやはり、みきおの共犯者は現代の大人みきお以外には考えられない。
校長やキノコ食中毒死の息子はミスリード。
つきやつきや校長はみきおに関する「何か」を把握してはいるようだが…
お泊まり会での大量殺戮は回避出来た。もしかしたら、大人みきおとの最終決着でみきおを抹殺、もしくは子供みきおがなんらかの形で絶命するのではないか?
心は生きて、家族全員が幸せな現代へタイムスリップで大団円なら言うことなしだね。

みきおに青酸カリ飲ませたのが誰だったのかずっと気になってる。
予告で文吾が「共犯者は俺だ」って言ってるのも謎だし…

せいやでした。
まさかの、大人みきお過去には登場せず、何故か現代でさつき先生と幸せそうにしてた。
なんとも肩透かしな結末ではあるが、部品交換した船は新しい「別の船」となり変わった。
不可避と思われる困難も、己を信じ立ち向かう事で未来は変えられる。というメッセージでハッピーエンド。
原作ではダークな余韻を残してましたが、テレビドラマらしい結び方でしたね。

1/3ページ
<<
<
1/3ページ
>
>>
コメントする
12/10(木)まで
読める!
icon_reread
また読みたい
フォロー