完結
全3巻
{{ reread_users.count }}人
がまた読みたい!と言っています
Nxy6agda normal
Hclfdi0m normal
character
picture
最新の画像
empathy
わかる
名無し
2017/01/11 14:47:12
自分はまだ3回しか見ていないですw (Twitterのハッシュタグを追うと10回20回は当たり前という人が 普通にいてすごいなと思いましたが) 3回とも豊洲で観たのですが、初回は中高年中心だったのが 3回目はさまざまな年代の人が来ていたのが印象的でしたね。 感想としてやっぱり思うのが「絵はもちろん、写真や芸術など 創作表現に関わる人は、絶対に観ておいたほうがいい」ということでしょうか。 主人公自身がそういう人であるという意味でもそうですし この作品自体がメタ的な意味で一つの大きな ”限りなく忠実でリアルな創作表現”という創作表現なんですよね。 こんなん、観に行かないでどうする!?みたいな。
2016/11/16 17:55:04
漫画は以前から好きで、映画は試写会が当たって一足先に観て来ました^ ^ 前半は本当に淡々と細やかな日常が描かれていました。かなり漫画に忠実です。 でも、アニメーションならではの表現だな、うまいな、と唸るシーンもありました。 ちょっとネタバレですが「え?そこはがっつりカットなんだ?」というエピソードもありますが…そこはエンドロールの最後の最後まで見逃すな!とアドバイスしておきます。
マンガ情報
クチコミ
完結
全3巻
{{ reread_users.count }}人
がまた読みたい!と言っています
Nxy6agda normal
Hclfdi0m normal
character
picture
最新の画像
empathy
わかる
名無し
2017/01/11 14:47:12
自分はまだ3回しか見ていないですw (Twitterのハッシュタグを追うと10回20回は当たり前という人が 普通にいてすごいなと思いましたが) 3回とも豊洲で観たのですが、初回は中高年中心だったのが 3回目はさまざまな年代の人が来ていたのが印象的でしたね。 感想としてやっぱり思うのが「絵はもちろん、写真や芸術など 創作表現に関わる人は、絶対に観ておいたほうがいい」ということでしょうか。 主人公自身がそういう人であるという意味でもそうですし この作品自体がメタ的な意味で一つの大きな ”限りなく忠実でリアルな創作表現”という創作表現なんですよね。 こんなん、観に行かないでどうする!?みたいな。
2016/11/16 17:55:04
漫画は以前から好きで、映画は試写会が当たって一足先に観て来ました^ ^ 前半は本当に淡々と細やかな日常が描かれていました。かなり漫画に忠実です。 でも、アニメーションならではの表現だな、うまいな、と唸るシーンもありました。 ちょっとネタバレですが「え?そこはがっつりカットなんだ?」というエピソードもありますが…そこはエンドロールの最後の最後まで見逃すな!とアドバイスしておきます。

漫画も映画もすごい

マンバ運営

マンバ通信に新しい記事「この世界の片隅に」監督・片渕須直インタビュー 調べるだけではだめだ、体験しないと!が公開されました

原作や映画、記事の感想などお待ちしてます〜!

現在公開中の映画「この世界の片隅に」。戦時中の日常生活を描いたこの作品の監督・片渕須直に、映画制作と原作の良さについて聞いたのだが、驚かされたのは徹底してリアリズムを追い求めるその姿勢だった。

最新25件/全48件
<< 最新
< 前
次 >
最初 >>

すずの絵の中でもこの南国が一番良かった
あんまり聞かないけど名シーンだと思う
ここら辺のりんと周作と水原とのモヤモヤしているところが面白いよね
上中下の中だと中巻だな、好きなのは

興行収入20億円突破したみたいだね
こんなにロングランになるとは思わなんだ

いろんな記事を見ると、「反戦ではない」ってところを強調しているのが多いね
まぁいわゆる反戦がメッセージではないけど、その文脈で読んでもいいとは思っている。

ヤマザキマリがブログ書いているな

戦争を捉えた表現作品はこの世に沢山あります。 中には傑作といえるものも少なくありません。 ですが、苦しみと悲しみを盛り込むだけでいっぱいいっぱ...

楠公飯の作り方&実食レポ記事面白い
本当にプルンプルンしてるんだ
まずくはないけどおいしくもないっていう絶妙なラインだとか
そんなに難しそうじゃないし作ってみようかな

映画『この世界の片隅に』に登場した戦時中の節米食「楠公飯(なんこうめし)」を食べてみました。 (北村ヂン)

漫画の通りで作れるのか

拡張版?みたいのは上映するのかな?噂だけ聞いてて真偽のほどは定かじゃないんだけど

屋根の上で猫ののみ取りしてやる周作のところがめちゃくちゃ好きなんだが、確か映画にはなかったんだよな。ちょっと残念だった あのシーンはなんか周作の人柄とかちょっと微妙な気持ちとかがにじみ出ていてすごくいい

@名無し

こうの史代が描く動物どれもかわいいけど、周作がのみ取りしていた猫はやせ細っていたからすごく印象に残っています

映画から入ったからすずとりんの関係は結構さっぱりした関係かなぁって思ってたら、その続きというかもう少しこじれていて驚いた。

ここは映画も漫画もすごかった。鬱々というか生気がないというかそういうのがすごく伝わってくる

りんさんは出てくるたびになんか胸に引っかき傷を残していく

映画をやっと見た

この感じのモノローグは夕凪の街にもあったけど、独特だよね
何かを突き刺すような

モノローグだと「この国から正義が飛び去っていく」も

地獄の田中

「この世界の片隅に」はいわゆる反戦映画/漫画ではないと聞くことが多いけど、メッセージとして反戦は含まれると思う。ただ、戦争自体に反対したり憎しみを持っているけど、それはアメリカがとか日本軍がみたいなプロパガンダ的要素がないというので、「いわゆる反戦」と区別されているのかなって思った。

地獄の田中

映画、原作をカットしているって聞いてて見たから、続きがあるのかなって思ってたんだけど、最後をカットしたんじゃなくて途中途中のストーリーを削ってたんだね。違和感ないから気づかなかった

なまこデラックス

この終わりの部分は夕凪の街と通じるところがある
完全な続き物ではないと思うけど、この世界の片隅にを読んだ後は夕凪の街桜の国を読んでほしい

笑い声が聞こえそうな日常の一幕の中で終わるのはすごく素晴らしいと思いました。

今じゃ、どこの本屋でも「この世界の片隅に」が平積みされてるもんな
どんくらい重版かかったんだろう

周作とすずが初めて出会ったとき(あの山姥?みたいなのに連れ去られそうになったとき)周作が中学生か高学年くらいで、すずが小学低学年くらいだけど、二人の年は結構離れていたりするのかな?
まぁ結婚するには珍しい年の差でもないと思うけど

芥川塵太郎

こんなに感想やらレビューが出てくる作品も珍しい。どれを読んだらいいのかわらかんくらいたくさん出てくる。

芥川塵太郎

かまどは気にしたことなかったからなるほど確かにと思った
https://magazine.manba.co.jp/2017/02/15/hosoma-konosekai15/

漫画の方が好きやな

あまりにも自然に描かれているから、何が起こっているのかわからなかった
でもそれってすずとか晴美(特に晴美かな?)の心境も同じような感じだと思う
それを読者とシンクロさせているのがこうの史代って漫画家のすごいところだと思う

もう2年になるのか

“2年前の今日、このアカウントがスタートしました。 『この世界の片隅に』制作支援クラウドファンディング開始の前日でした。 https://t.co/W5p9R4kXCJ ここまでこれたのは、皆さまの応援のおかげです! ありがとうございます! #この世界の片隅に”

最新25件/全48件
<< 最新
< 前
次 >
最初 >>
コメントする
投稿者名

漫画も映画もすごい

icon_thunderbolt
最新クチコミ
閉じる
報告理由
詳細(任意)
投稿いただいた内容が第三者に伝わることはありません。
このコメントに返信する
投稿者名