漫画家イベント情報(サイン会や講演など)トピック

東京に引っ越してきて漫画家さんに会えるかも!って期待してたけどイベント多すぎて知らないうちに終わってたってのを2回くらい経験したので、マンバでも情報知れたらなと思いトピックを立ち上げました!
サイン会や講演、その他展示会など漫画家さんにまつわるイベントならなんでも書き込めるトピにしてください。

最新25件/全75件
<< 最新
< 前
次 >
最初 >>

高橋葉介先生のサイン会

https://www.shosen.co.jp/event/51391/

池辺葵ふぁん

松田青子×池辺葵「物語で描く住まいのこと」
『団地のはなし』(青幻舎)刊行記念
http://bookandbeer.com/event/20170406_bt/

団地での生活や、不動産、居住空間にまつわる物語性のついて、『プリンセスメゾン』の創作秘話など絡めながらの貴重なお話をいくつも聞いてきた。(住宅の実用的な情報も多くて意外とタメになったぞい…。)
ちなみに池辺先生がこういうイベントに登壇されるのは初めてらしい。作品の情景が思い浮かぶかのような語り口で、ああ本当にこの人が描いてたんだなと納得&感動しきりだった。

沙村広明先生サイン会

http://natalie.mu/comic/news/228241

マンガトリツカレ男

行こうか迷う

谷川史子の画業30周年を記念した原画展が、5月4日から10日まで東京・リベストギャラリー創にて行われる。


「谷川史子原画展」が画業30周年で開催、私用の年賀状イラストも並ぶ - コミックナタリー

板垣巴留先生の初サイン会に行ってきたので感想書く

“【2F】本日13時より「板垣巴留先生 初サイン会」開催です。サイン会参加の方に抽選で当たる複製原画も展示しております!サイン会参加券お持ちのお客様は下記URLの整列スケジュールをご確認下さい。ご来店お待ちしております!https://t.co/11fIMK33Ox”

短期連載の頃からのファンなので、この機会を逃すまいと参加してきた
場所は書泉グランデ

若くデビューされて初めてのサイン会らしいので、
色々と大丈夫かしら…と勝手な心配をしていたのだけど
いざ始まってみると落ち着いてひとりひとりに丁寧に対応されていて
とても印象の良い素敵な先生でした

サインには好きなキャラ絵を描いてもらえるということで、
私も熱い思いを伝えて自分の好きなキャラを描いて頂いた

複製原画プレゼントのくじ抽選もあったけど、見事にハズレた
結構当たり数は多かったように見えたので、逆に外す方が難しいレベルだったんじゃ…
ま、まあサイン会に参加できただけでも幸運なんだ、と思うようにしよう…
実際、BEASTARSの週刊連載中でめちゃ忙しいのにイタパル先生が来て下さっただけでスゴい幸運なことだ

とりあえず初サイン会が無事終わって良かった
開催してくれた秋田書店もグッジョブ。
これからも応援していこう

けんたろう

もう明後日ですが、当日券もあるので…
(人数過多の場合には抽選)

安友健二Presents
もっと聞かせて「かくかくしかじか」

http://www.loft-prj.co.jp/schedule/plusone/60703

【MC】安友健二、山形尚平(アイディアフラッシュ)
【ゲスト】東村アキコ、武井志門(デスペラード)
第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で大賞を受賞した「かくかくしかじか」には、まだ語られていなかったエピソードがあった。
当時の写真や日高絵画教室生徒の証言を加え、東村アキコ本人からさらに深く聞き出すトークイベント。

ドラえもんをアートで表現するそうな

村上隆、蜷川実花、しりあがり寿らが「ドラえもん」をアートで表現する「THEドラえもん展TOKYO 2017」が、11月より東京の森アーツセンターギャラリーにて開催される。

片桐安十郎

ヴァニラ画廊の帝一の國原画展に行ってまいりました。
今日は古屋兎丸先生も在廊されていて、サインを頂いたりお話もさせていただきました。
生原画は迫力が物凄く、
鉛筆画が特に美しかったです。

エリアの騎士最終巻発売記念サイン会!!!

伊賀大晃原作による月山可也「エリアの騎士」の最終57巻の発売を記念し、月山のサイン会が5月27日に東京・ブックファースト新宿店にて開催される。

ジャンプ展vol1出展作品が公開されたようだ
さすがジャンプ初期を支えた名作ばかり。個人的にはvol2くらいの時期からが馴染みがあるなぁ

週刊少年ジャンプ(集英社)の創刊50周年を記念した「週刊少年ジャンプ展」の第1弾「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.1 創刊~1980年代、伝説のはじまり」の出展作品が発表された。

「美味い話にゃ肴あり」10巻/「酒のほそ道」41巻発売記念 ラズウェル細木先生サイン会&トークショー酒盛り付

酒盛り付きっていいな

ラズウェル細木「美味い話にゃ肴あり」10巻が本日5月17日に発売された。

マンガトリツカレ男

行こうかな
超人ロック

聖悠紀「超人ロック」の生誕50周年を記念した展示イベントが、明治大学米沢嘉博記念図書館にて6月9日より開催される。

「この世界の片隅に」原画展、すでに開催しているけど、20日21日は来場者に複製原画をプレゼントとかすごい

東京・タワーレコード渋谷店8階のSpaceHACHIKAIにて開催されている、こうの史代「この世界の片隅に」の原画展。明日5月20日と21日に同原画展に来場した人には、こうのの複製原画をプレゼントする。

けんたろう

手塚治虫版画展が池袋で開催中です。http://www.kaiyu-art.net/# (~5/24)
明日は手塚先生のご息女手塚るみ子さんのトークショーもあります!

赤坂サカスで土田世紀の原画展

http://www.sacas.net/event/2017/0526/index.html

マンガトリツカレ男
けんたろう

『アラサーちゃん 無修正5』(扶桑社)刊行記念

「アラサー女子の労働と胆力」
峰なゆか×トミヤマユキコ トークイベント

アラサー女子の労働と胆力

アラサー女子の恋愛・SEXの本音が描かれたマンガとして人気を博し、シリーズ累計50万部超のベストセラーとなっている「アラサーちゃん 無修正」。

最新刊の第5巻(6月2日発売)では、主人公のアラサーちゃんがついにオラオラ君との結婚に向けて進み始めるのですが、実はそのきっかけは「仕事が減って収入が不安定になったから」というかなり現実的なもの。
そう、アラサー女子にとって、恋愛、SEX、結婚と労働は切り離しては考えられないものです。今回は、女子マンガに描かれる労働のありかたについて研究を続ける、ライター・早稲田大学文化構想学部助教のトミヤマユキコさんをゲストに招き、作者の峰なゆかさんと「アラサーちゃん」のなかに描かれる「女の労働」について語っていただきます。

トーク終了後、サイン会を予定しております。

http://www.aoyamabc.jp/event/around30/

いいなぁ。漫画描きではないが受けたいな

日野日出志や犬木加奈子らが講師、怪奇&恐怖マンガに迫る講座が全4回で

日野日出志や犬木加奈子らが講師として参加するマンガ講座「怪奇・恐怖マンガの世界」が、東京・森下文化センターにて6月18日から9月17日までの期間中に全4回開催される。

けんたろう

もっと聞かせて「かくかくしかじか」in大阪

7月23日(日)
OPEN 17:00 / START 18:00
前売¥3,000 / 当日¥3,500(共に飲食代別)※要1オーダー500円以上
前売券はイープラスにて6/3(土)発売開始!
イープラス:http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002227887P0030001
※ご入場はイープラス→当日の順となります。
【お問い合わせ】06-6211-5592(16時~24時)

【出演】
MC:安友健二、山形尚平(アイディアフラッシュ)
ゲスト:東村アキコ、武井志門(デスペラード)

第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で大賞を受賞した「かくかくしかじか」には、
まだ語られていなかったエピソードがあった。
東京で大好評だった「もっと聞かせてかくかくしかじか」を大阪でも開催!
東京で語られなかった新たな未収録エピソードに加え、映像や企画で東村アキコ本人
からさらに深く「かくかくしかじか」を掘り下げるトークイベント。

けんたろう

世界的な人気を誇る漫画『童夢』『AKIRA』などの著者・大友克洋に影響を受けた日仏の作家79人によるトリビュートイラスト展
『TRIBUTE TO OTOMO EXHIBITION』開催!

タワーレコード渋谷店では、世界的な人気を誇る漫画『童夢』『AKIRA』などの著者・大友克洋に影響を受けた日仏の作家79人によるトリビュートイラスト展『TRIBUTE TO OTOMO EXHIBITION』を、同店8階の催事場”SpaceHACHIKAI“にて、6月3日(土)~6月18日(日)の間、開催することが決定しました。

これは、大友克洋がフランス・アングレーム国際マンガフェスティバル・グランプリ受賞、および氏に影響を受けた日仏の作家79人によるトリビュートイラスト集『TRIBUTE TO OTOMO』の日仏同時刊行を記念し、日本とフランスがマンガを通して文化には国境がないことを訴える、日仏文化交流を目的に企画された展示会となります。

アングレーム国際マンガフェスティバルは、毎年1月末に、フランス西部の都市アングレームで開催され、開催期間中に20万人以上の来場者を集める世界でも有数のマンガ関連イベントです。会期中に、バンド・デシネ作品を対象にコンペが行われ、最優秀作品賞やバンド・デシネの発展に寄与した作家一人がグランプリに選ばれ表彰されます。過去には、メビウスやエンキ・ビラル、フランソワ・スクイテン、ロバート・クラム、ホセ・ムニョスなど錚々たる作家がこのグランプリを受賞しており、大友克洋がこの第42回グランプリを日本人として初めて受賞しました。

本展では、『TRIBUTE TO OTOMO』に収録されているトリビュートイラストを鮮やかな高精細出力画でお楽しみ頂けるだけでなく、本邦初展示となるイラストを含む大友克洋原画展示、さらに、参加作家の代表作の自由閲覧展示など、日仏の国境なく優れた作家の作品を堪能できる展示となっております。また、会期中には、サイン会、トークショーなどの執筆作家出演イベントも複数開催予定です。

http://towershibuya.jp/news/2017/05/22/98123

最新25件/全75件
<< 最新
< 前
次 >
最初 >>
コメントする
投稿者名
Icon book
1巻を試し読み
報告理由
詳細(任意)
投稿いただいた内容が第三者に伝わることはありません。
このコメントに返信する
投稿者名