宇宙兄弟

宇宙兄弟

2025年。兄は、もう一度だけ自分を信じた。筑波経由火星行きの物語がはじまる!本格兄弟宇宙漫画発進!幼少時代、星空を眺めながら約束を交わした兄・六太と弟・日々人。2025年、弟は約束どおり宇宙飛行士となり、月面の第1次長期滞在クルーの一員となっていた。一方、会社をクビになり、無職の兄・六太。弟からの1通のメールで、兄は再び宇宙を目指しはじめる!
あせとせっけん

あせとせっけん

【描き下ろし特典ペーパー(漫画1P)を巻末に収録。特典ペーパーは紙版に封入されているものと同じです。】女性に絶大な人気を誇る化粧品&バス用品メーカー・リリアドロップに勤めるOL・八重島麻子(やえしまあさこ)は、重度の汗っかきなのがコンプレックス。デオドラント製品が手放せない生活の中、ある日、商品開発部の名取香太郎(なとりこうたろう)に、「君の体臭は素晴らしい! 新商品の石鹸開発のため、これから毎日、君のにおいを嗅ぎに来ます!」と言われてしまう。でも、においを嗅がれるのは、そんなに嫌でもなくて…。
きのう何食べた?

きのう何食べた?

鮭とごぼうの炊き込みごはん、いわしの梅煮、たけのことがんもとこんにゃくの煮物、栗ごはん、トマトとツナのぶっかけそうめん、鶏肉のオーブン焼き、ナスとトマトと豚肉のピリ辛中華風煮込み、いちごジャムetc.……
望郷太郎

望郷太郎

大寒波襲来、壊滅的打撃、世界初期化。人工冬眠から500年ぶりに目覚めた舞鶴太郎(まいづるたろう)は、愛する家族も財産も全て失った。絶望の淵から這い上がり、理想の暮らしと生きがいを求めて、祖国「日本」を目指す。ヒトのと文明の歴史をさかのぼるグレートジャーニー。人類よ、これが未来だ。
かしこ
2020/09/25
「部長島耕作」感想まとめ
日本の不況がこんなに島耕作に影響するとは…。前シリーズの課長島耕作では海外に行ったり、巨額の資金を動かすような仕事がしょっちゅうでしたが、あれは幻だったんじゃないか…?と思うくらいスケールが小さくなってしまった。しかし思い出せるキャラクターは全員再登場するのでそういう面ではとても楽しい。 【バブル崩壊期】 初っ端から不況。あんなに苦労したコスモス・スタジオ買収やベトナム半導体工場も結果的に失敗し、中沢社長もそれらの責任を取り辞任することになった。中沢社長が活躍する話を期待していたから残念だけど仕方ない。島耕作も早期退職か出向をしなければいけない立場になる。 【ワイン貿易会社期】 初芝電産貿易でワイン部門の新専務になり完全にワイン漫画になる。大町久美子とは結婚を前提としない真面目な交際をしていたが、彼女に他に恋人が出来たこともあり何となく疎遠になる。島耕作から「年齢のせいか…50歳をすぎたら恋愛に対して億劫になってきてる…」という弱気なセリフが出るとは思わなかった。それと入れ替わるように女秘書の高市とバー・チャコのママが登場する。 【レコード会社期】 今度は子会社サンライトレコードの立て直しを命じられる。リストラする側になるのも心苦しいですね。美空ひばりをモデルにした大物歌手も登場したけど、まるで宇多田ヒカルみたいな14歳の天才少女がアイリーンとの間に産まれた島耕作の娘だなんて…欲張り設定すぎないか!と笑ってしまった。島耕作プロデュースのオーディションも実際に開催したんですね!大人になった奈美と一緒に仕事をしたり、中沢相談役が亡くなったり色々あったけど、京都で出会った元芸者のかつ子が再登場したのが一番ドキドキした。 【福岡の販売センター期】 博多山笠でふんどし姿になったりご当地ネタが多かった。ここで再会した今野社長は前シリーズから悪役として島耕作の邪魔ばかりしていたけど、最後は良好な関係になれてよかった。自殺した大学時代の同期は学生島耕作にも登場するのかな。最終回はモーニング編集部から電話で「次回から取締役島耕作にタイトルを変えます」と告知されるお茶目な演出だった。 ライバル候補の元部下だった八木の存在も気になりますが、大泉相談役の財産を典子が相続したら初芝電器の株はどうなるんでしょう…?取締役島耕作の活躍を読むのが楽しみです。
六文銭
2020/09/25
ギャグとシリアスが絶妙な警察漫画
元警察官が著者が描く、実録?警察漫画。 基本1話完結形式。 ぬるりとしたギャグ中心かと思えば、かなりシリアスな展開もあり、その配分が絶妙です。 警察官を見ると、何もしてなくて反応してしまいますよね。 警察手帳出されて 「・・・わかっているな?」 と言われれば、 「はい・・・申し訳ありません。」 と、誰だって言ってしまうと思うんです。(言わないか?) それくらい、権力というか存在感があると思うんです。 言ってしまえば「嫌われ役」を一手を担っている感じ。 そんな風に思っていましたが、本作を読んで、警察官が厳しく口うるさく取り締まる背景には、凄惨な事件の現場に立ち会ったことがあるんだと、痛感しました。 同じような事件を二度と起こしたくないし、我々市民に同じような経験をして欲しくないという強い思いがあるのだと。 取り締まられてグチグチ文句言われても、そんなことをおくびにも出さず対応していく様に格好良ささえ覚えました。 ちょっとした不注意が大事故になったり、見落としが大事件になったり。 解決したことよりも、解決できなかったことばかりマスコミに取り上げられたり。 労働基準法なんてあってないような労働環境だったり、だけど言うほど給料高いわけでもない。 読めば読むほど、警察官の実態がわかり、襟元正す思いでいっぱいです。 特に、ギャグを交えながら飄々とすすむので、説得力が増すんですよね。 「こんなに大変なんですよ」と言いまくるような感じがなく、説教臭くないところもグッときます。 あと、1・2巻の表紙が変わったように、どんどん絵もうまくなるし、どんどん面白くなってきます。 ドラマ化とかしたら映えそうだな。
鬼灯の冷徹

鬼灯の冷徹

あの世には天国と地獄がある。地獄は八大地獄と八寒地獄の二つに分かれ、さらに二百七十二の細かい部署に分かれている。そんな広大な地獄で、膨大な仕事をサラリとこなす鬼神。それが閻魔大王第一補佐官・鬼灯(ほおずき)である!――人にとっての地獄。それは鬼にとっての日常なのです。ドSな補佐官・鬼灯に、上司の閻魔大王は涙、涙……そんな日常です。冷徹でドSな鬼灯とその他大勢のわりかし楽しげ地獄DAYS!
ハコヅメ~交番女子の逆襲~

ハコヅメ~交番女子の逆襲~

「もう辞めてやる!」辞表を握りしめた新米女性警察官・川合の交番に、なぜか刑事課から超美人の藤部長が配属されてきた。岡島県警(の男性陣)を絶望におとしいれるコンビの誕生である。某県警に勤めること10年、隠そうとしても漏れ出てくる作者の本音がヤバい! 理不尽のち愚痴、時々がんばる、誰も見たことのない警察漫画。※労働基準法は警察官に「一部」適用外です。
GIANT KILLING

GIANT KILLING

本当にいい監督はゲームを面白くしてくれる!達海猛(たつみ・たけし)、35歳、イングランド帰りのサッカー監督。好物は大物喰いの大番狂わせ=GIANTKILLING(ジャイアント・キリング)!!東京下町の弱小プロサッカークラブ、ETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)の監督に就任した達海が、意表をつく戦略とカリスマ性で、負け癖のついてしまった選手、スタッフ、そしてサポーターたちにパワーをくれる!『U-31』原作者と俊英がタッグを組んだ、これがフットボール漫画の新スタンダード!!
コウノドリ

コウノドリ

出産は病気ではない。だから、患者も家族も安全だと思い込んでいる。毎年この産院で行われる2000件の出産で、約300件の出産は命の危険と隣り合わせだ。その小さな命が助かることもあれば、助からない時もある。100%安全などあり得ない。それが出産。年間100万人の命が誕生する現場から、産科医・鴻鳥サクラの物語。
望郷太郎

望郷太郎

大寒波襲来、壊滅的打撃、世界初期化。人工冬眠から500年ぶりに目覚めた舞鶴太郎(まいづるたろう)は、愛する家族も財産も全て失った。絶望の淵から這い上がり、理想の暮らしと生きがいを求めて、祖国「日本」を目指す。ヒトのと文明の歴史をさかのぼるグレートジャーニー。人類よ、これが未来だ。
部長島耕作

部長島耕作

島耕作は、初芝電産という巨大組織の中で、部長となっても自分の意志に忠実に、最前線で闘い続ける!部長となって現場から離れると、少しはヒマになるかと思っていたが、とんでもない思い違いだった。毎日が目のまわるような忙しさだ。弘兼憲史が描くサラリーマン漫画の最高傑作!
鬼灯の冷徹

鬼灯の冷徹

あの世には天国と地獄がある。地獄は八大地獄と八寒地獄の二つに分かれ、さらに二百七十二の細かい部署に分かれている。そんな広大な地獄で、膨大な仕事をサラリとこなす鬼神。それが閻魔大王第一補佐官・鬼灯(ほおずき)である!――人にとっての地獄。それは鬼にとっての日常なのです。ドSな補佐官・鬼灯に、上司の閻魔大王は涙、涙……そんな日常です。冷徹でドSな鬼灯とその他大勢のわりかし楽しげ地獄DAYS!
人の息子

人の息子

漫画家である鈴木旭のもとに、保育士時代の生徒である山本高嶺から手紙が送られてきた。鈴木は、懐かしく想い高嶺と出会い交流を深めていく。高嶺は、母親と離れ、児童養護施設で暮らしていた――。 他人の息子を育てることはできますか? 家族は、血が繋がってなくてもいいですか? 30代独身男と少年の、里親・里子物語。

人気クチコミ

かしこ
2020/09/25
「部長島耕作」感想まとめ
日本の不況がこんなに島耕作に影響するとは…。前シリーズの課長島耕作では海外に行ったり、巨額の資金を動かすような仕事がしょっちゅうでしたが、あれは幻だったんじゃないか…?と思うくらいスケールが小さくなってしまった。しかし思い出せるキャラクターは全員再登場するのでそういう面ではとても楽しい。 【バブル崩壊期】 初っ端から不況。あんなに苦労したコスモス・スタジオ買収やベトナム半導体工場も結果的に失敗し、中沢社長もそれらの責任を取り辞任することになった。中沢社長が活躍する話を期待していたから残念だけど仕方ない。島耕作も早期退職か出向をしなければいけない立場になる。 【ワイン貿易会社期】 初芝電産貿易でワイン部門の新専務になり完全にワイン漫画になる。大町久美子とは結婚を前提としない真面目な交際をしていたが、彼女に他に恋人が出来たこともあり何となく疎遠になる。島耕作から「年齢のせいか…50歳をすぎたら恋愛に対して億劫になってきてる…」という弱気なセリフが出るとは思わなかった。それと入れ替わるように女秘書の高市とバー・チャコのママが登場する。 【レコード会社期】 今度は子会社サンライトレコードの立て直しを命じられる。リストラする側になるのも心苦しいですね。美空ひばりをモデルにした大物歌手も登場したけど、まるで宇多田ヒカルみたいな14歳の天才少女がアイリーンとの間に産まれた島耕作の娘だなんて…欲張り設定すぎないか!と笑ってしまった。島耕作プロデュースのオーディションも実際に開催したんですね!大人になった奈美と一緒に仕事をしたり、中沢相談役が亡くなったり色々あったけど、京都で出会った元芸者のかつ子が再登場したのが一番ドキドキした。 【福岡の販売センター期】 博多山笠でふんどし姿になったりご当地ネタが多かった。ここで再会した今野社長は前シリーズから悪役として島耕作の邪魔ばかりしていたけど、最後は良好な関係になれてよかった。自殺した大学時代の同期は学生島耕作にも登場するのかな。最終回はモーニング編集部から電話で「次回から取締役島耕作にタイトルを変えます」と告知されるお茶目な演出だった。 ライバル候補の元部下だった八木の存在も気になりますが、大泉相談役の財産を典子が相続したら初芝電器の株はどうなるんでしょう…?取締役島耕作の活躍を読むのが楽しみです。
六文銭
2020/09/25
ギャグとシリアスが絶妙な警察漫画
元警察官が著者が描く、実録?警察漫画。 基本1話完結形式。 ぬるりとしたギャグ中心かと思えば、かなりシリアスな展開もあり、その配分が絶妙です。 警察官を見ると、何もしてなくて反応してしまいますよね。 警察手帳出されて 「・・・わかっているな?」 と言われれば、 「はい・・・申し訳ありません。」 と、誰だって言ってしまうと思うんです。(言わないか?) それくらい、権力というか存在感があると思うんです。 言ってしまえば「嫌われ役」を一手を担っている感じ。 そんな風に思っていましたが、本作を読んで、警察官が厳しく口うるさく取り締まる背景には、凄惨な事件の現場に立ち会ったことがあるんだと、痛感しました。 同じような事件を二度と起こしたくないし、我々市民に同じような経験をして欲しくないという強い思いがあるのだと。 取り締まられてグチグチ文句言われても、そんなことをおくびにも出さず対応していく様に格好良ささえ覚えました。 ちょっとした不注意が大事故になったり、見落としが大事件になったり。 解決したことよりも、解決できなかったことばかりマスコミに取り上げられたり。 労働基準法なんてあってないような労働環境だったり、だけど言うほど給料高いわけでもない。 読めば読むほど、警察官の実態がわかり、襟元正す思いでいっぱいです。 特に、ギャグを交えながら飄々とすすむので、説得力が増すんですよね。 「こんなに大変なんですよ」と言いまくるような感じがなく、説教臭くないところもグッときます。 あと、1・2巻の表紙が変わったように、どんどん絵もうまくなるし、どんどん面白くなってきます。 ドラマ化とかしたら映えそうだな。
もっとみる

最新クチコミ

かしこ
2020/09/25
「部長島耕作」感想まとめ
日本の不況がこんなに島耕作に影響するとは…。前シリーズの課長島耕作では海外に行ったり、巨額の資金を動かすような仕事がしょっちゅうでしたが、あれは幻だったんじゃないか…?と思うくらいスケールが小さくなってしまった。しかし思い出せるキャラクターは全員再登場するのでそういう面ではとても楽しい。 【バブル崩壊期】 初っ端から不況。あんなに苦労したコスモス・スタジオ買収やベトナム半導体工場も結果的に失敗し、中沢社長もそれらの責任を取り辞任することになった。中沢社長が活躍する話を期待していたから残念だけど仕方ない。島耕作も早期退職か出向をしなければいけない立場になる。 【ワイン貿易会社期】 初芝電産貿易でワイン部門の新専務になり完全にワイン漫画になる。大町久美子とは結婚を前提としない真面目な交際をしていたが、彼女に他に恋人が出来たこともあり何となく疎遠になる。島耕作から「年齢のせいか…50歳をすぎたら恋愛に対して億劫になってきてる…」という弱気なセリフが出るとは思わなかった。それと入れ替わるように女秘書の高市とバー・チャコのママが登場する。 【レコード会社期】 今度は子会社サンライトレコードの立て直しを命じられる。リストラする側になるのも心苦しいですね。美空ひばりをモデルにした大物歌手も登場したけど、まるで宇多田ヒカルみたいな14歳の天才少女がアイリーンとの間に産まれた島耕作の娘だなんて…欲張り設定すぎないか!と笑ってしまった。島耕作プロデュースのオーディションも実際に開催したんですね!大人になった奈美と一緒に仕事をしたり、中沢相談役が亡くなったり色々あったけど、京都で出会った元芸者のかつ子が再登場したのが一番ドキドキした。 【福岡の販売センター期】 博多山笠でふんどし姿になったりご当地ネタが多かった。ここで再会した今野社長は前シリーズから悪役として島耕作の邪魔ばかりしていたけど、最後は良好な関係になれてよかった。自殺した大学時代の同期は学生島耕作にも登場するのかな。最終回はモーニング編集部から電話で「次回から取締役島耕作にタイトルを変えます」と告知されるお茶目な演出だった。 ライバル候補の元部下だった八木の存在も気になりますが、大泉相談役の財産を典子が相続したら初芝電器の株はどうなるんでしょう…?取締役島耕作の活躍を読むのが楽しみです。
六文銭
2020/09/25
ギャグとシリアスが絶妙な警察漫画
元警察官が著者が描く、実録?警察漫画。 基本1話完結形式。 ぬるりとしたギャグ中心かと思えば、かなりシリアスな展開もあり、その配分が絶妙です。 警察官を見ると、何もしてなくて反応してしまいますよね。 警察手帳出されて 「・・・わかっているな?」 と言われれば、 「はい・・・申し訳ありません。」 と、誰だって言ってしまうと思うんです。(言わないか?) それくらい、権力というか存在感があると思うんです。 言ってしまえば「嫌われ役」を一手を担っている感じ。 そんな風に思っていましたが、本作を読んで、警察官が厳しく口うるさく取り締まる背景には、凄惨な事件の現場に立ち会ったことがあるんだと、痛感しました。 同じような事件を二度と起こしたくないし、我々市民に同じような経験をして欲しくないという強い思いがあるのだと。 取り締まられてグチグチ文句言われても、そんなことをおくびにも出さず対応していく様に格好良ささえ覚えました。 ちょっとした不注意が大事故になったり、見落としが大事件になったり。 解決したことよりも、解決できなかったことばかりマスコミに取り上げられたり。 労働基準法なんてあってないような労働環境だったり、だけど言うほど給料高いわけでもない。 読めば読むほど、警察官の実態がわかり、襟元正す思いでいっぱいです。 特に、ギャグを交えながら飄々とすすむので、説得力が増すんですよね。 「こんなに大変なんですよ」と言いまくるような感じがなく、説教臭くないところもグッときます。 あと、1・2巻の表紙が変わったように、どんどん絵もうまくなるし、どんどん面白くなってきます。 ドラマ化とかしたら映えそうだな。
もっとみる

無料で読める

Kindle Unlimited