user_private
名無し
2020/08/03
6巻と7巻は限定版を買ったほうがいい
特典のアンソロのメンバーがめっちゃ豪華なためです 6巻: 安部真弘「あつまれ! ふしぎ研究部」 大嘘「にーはいせっくす」 カヅホ「カガクチョップ」「キルミーベイベー」 川村拓「事情を知らない転校生がグイグイくる。」 小林銅蟲「めしにしましょう」 紙魚丸「惰性67パーセント」 しろまんた「先輩がうざい後輩の話」 空翔俊介「三白眼ちゃんは伝えたい。」 丈「宇崎ちゃんは遊びたい!」 ナナシ「イジらないで、長瀞さん」 山本崇一朗「からかい上手の高木さん」「くノ一ツバキの胸の内」 四谷啓太郎「悪魔のメムメムちゃん」 リヨ「マンガで分かる! Fate/Grand Order」 https://www.hakusensha.co.jp/comicslist/53937/ 7巻: 足立いまる「ひげを剃る。そして女子高生を拾う。」 稲井カオル「うたかたダイアログ」 クール教信者「小林さんちのメイドラゴン」 げしゅまろ「椿様は咲き誇れない」 じゃが山たらヲ すずゆき「ふたり明日もそれなりに」 太陽まりい「ギャルごはん」 宮島礼吏「彼女、お借りします」 室井大資「レイリ」 吉田丸悠「大上さん、だだ漏れです。」 吉永裕ノ介 「ブレイクブレイド」 https://www.hakusensha.co.jp/comicslist/56760/
ANAGUMA
ANAGUMA
2019/11/13
エジソンがヤバい…だけではない「人間讃歌」の短編集
世界の奇妙な人たちの逸話を荒木飛呂彦と鬼窪浩久がマンガで紹介する風変わりな偉人(?)マンガ短編集。 事実は小説より奇なりと言いますが、実在の人物を荒木飛呂彦が取り上げて面白くならないはずがありません。 ニコラ・テスラに向かって「このスカタン野郎がアーッ」と怒鳴り散らす発明王エジソンの姿が有名だと思いますが、読んだ当時もかなりキレてるなと舌を巻いた思い出があります。 今となっては外道エジソンの人物像も割と普及してる気がしますが、1989年の時点で荒木先生がここまで完成させてたわけですね。 個人的に一番好きなのは『ウィンチェスター・ミステリー・ハウス』。 銃火器メーカー・ウィンチェスター社の社長夫人サラは、人命への罪の意識に苦しみ、生涯に渡り「悪霊から逃れるため」自身の邸宅を増築し続けたことで知られています。 夫の手掛けた銃が世界中に広まることは歴史の必然のようなものであり、彼女にはどうにも防ぎようのない出来事でした。 手の届かぬ因縁に人はどう立ち向かうのか、という『ジョジョ』のテーマでもある問いかけが本作にも通底しているのです。 いずれの短編も、とんでもない人物たちへの驚嘆、畏敬の念を綴った荒木イズム満点の紛れもない「人間讃歌」の物語です。 可能であれば初回刊行時の函入り単行本で読むと味わいが増すような…気がします! 実に奇妙なデザインなので。