今考えてみたら当時の鳥山明先生のセンスが非常によく現れている逸品

一番下のコメントへ

ロボ娘、(当時としては非常に斬新だった)元気の良いメガネっ子、ポットで出来た(?)家、ほぼ全員どことなくおっちょこちょいな登場人物たち…。
このマンガ、今考えてみたら当時の鳥山明鳥山明先生の好きなもの、かわいいと思う物の純粋な集まりのようにも見える この手の"ギャグよりも自分の好きなものを詰め込んだ形式のギャグマンガ"は意外にもめちゃんこ少ない(他に思い当たる物が下手したらあらゐけいいちあらゐけいいち先生の漫画しかない程に)
もしかしたらこの時の鳥山明が一番鳥山明らしかったのかも知れないと思うのだ 実際、描いていて楽しそうに見える。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー

banner