花の慶次―雲のかなたに― 1巻
花の慶次―雲のかなたに― 2巻
花の慶次―雲のかなたに― 3巻
花の慶次―雲のかなたに― 4巻
花の慶次―雲のかなたに― 5巻
花の慶次―雲のかなたに―(6)
花の慶次―雲のかなたに―(7)
花の慶次―雲のかなたに―(8)
花の慶次―雲のかなたに―(9)
花の慶次―雲のかなたに―(10)
花の慶次―雲のかなたに―(11)
花の慶次―雲のかなたに―(12)
花の慶次―雲のかなたに―(13)
花の慶次―雲のかなたに―(14)
花の慶次―雲のかなたに―(15)
花の慶次―雲のかなたに―(16)
花の慶次―雲のかなたに―(17)
花の慶次―雲のかなたに―(18)
ストアに行く
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい
『花の慶次―雲のかなたに―』のクチコミ投稿
クチコミで好きなマンガを広めよう!
話題の種類
「マンガのクチコミってどうやって書けばいいの?」という方へ!選んだ話題に応じた書き方のヒントや例文を表示します。初めての方は、練習用ページで気軽に投稿の練習をしてみてください。
タイトル
本文
花の慶次―雲のかなたに―
花の慶次―雲のかなたに―
原哲夫
原哲夫
隆慶一郎
隆慶一郎
麻生未央
麻生未央
あらすじ
異風の姿形を好み、異様な振る舞いや突飛な行動を愛し、そして己の掟のために命を賭した天下一の傾奇者(かぶきもの)・前田慶次(まえだ・けいじ)の熱い生き様を描いた痛快歴史巨編。戦国時代末期、軍馬補充のため野性馬狩りをしていた滝川(たきがわ)軍は、恐るべき巨馬“悪魔の馬”の猛攻で狩りに失敗する。そこで滝川の軍団で傾奇者として知られる前田慶次が、悪魔の馬を殺すように命じられるのだが……!?
花の慶次―雲のかなたに―の情報の提供お待ちしてます!
掲載している内容の誤りや、この作品に関するおすすめの記事、公式情報のリンクなどはこちらからお送りください。みなさまのご協力をお願い申し上げます。

おすすめのマンガ

仲蔵狂乱

仲蔵狂乱

3歳の時に両親が亡くなり、貧乏長屋の人たちに育てられた4歳の坊。芸の道で身を立てさせようと、大家は中村屋の座付きの唄うたい、中山小十郎の家に子守り兼小僧として預ける。やがて坊は天性の才能を発揮し、それを認めた小十郎の養子となり、名を市十郎に…。後の歌舞伎役者、中村仲蔵としての人生の始まりだった!!

俊寛

俊寛

史実を脚色したお芝居のひとつ「俊寛」は、能や歌舞伎でよく上演されるもの。舞台は、平清盛率いる平氏全盛の平安時代。清盛への反乱を企てた僧侶・俊寛が仲間とともに流された先の島で起こった事件を描いたものです。特に歌舞伎では、俊寛が島の女性「千鳥」を都へ送るために、自分が身替わりとしてひとり島に残り、都へ向かう船を見送る。という悲壮感あふれるラストシーンが有名なお話。歌舞伎「俊寛」を何度も観る中で、著者は俊寛の壮絶な生き様に感動しつつも、「謎」があったという。その「謎」を出発点に、独自の解釈で「俊寛」の物語を描いた絵巻。味わい深いイラストとともに著者ならではの視点で描かれる物語に要注目!※電子書籍版「俊寛」は、著者が2016年1月に開催した展示会の絵巻を元に作成されたものです。<著者プロフィール>瓜谷 茜1985年 スペイン・サラマンカ生まれ。幼少期に東京へ移住。小学校1年生頃から地元の「絵画教室」に通い絵画に親しむ。中学3年の時に、歌舞伎の舞台を観て自分の感覚に「しっくり」きて以来、他の伝統文化含め観劇を続けている。この頃から歌舞伎や文楽をモチーフに制作を始める。2011年会社を退職後、EVAの名前でモデル活動を開始。ショーやスチールなどの仕事をする傍ら、イラスト作品をイベントや雑誌などに提供、個人制作を続けている。

妖魔魍魎花伝

妖魔魍魎花伝

歌舞伎界の名門・柊屋に生まれた幽也。しかし腹違いということで舞台に上がる事が許されず、兄たちに虐げられ付き人以下の生活をしていた。柊屋に不吉な事件が次々と起こりはじめたのをきっかけに、幽也は自分自身に眠る不思議な能力を覚醒していく……!!

HANAGATA

HANAGATA

日本が世界に誇る伝統芸能、歌舞伎!!その名家、松丸家の子として生まれながら、両親の離婚で母と共に行方不明になっていた虎太郎……彼はロシアに渡り、優秀なバレエダンサーになっていた!!20年の歳月を経て、ようやく虎太郎を見つけた祖母、八千代は松丸家の存続のため、虎太郎を強引に日本に連れ戻したのだが……!?

おしげりなんし 篭鳥探偵・芙蓉の夜伽噺

おしげりなんし 篭鳥探偵・芙蓉の夜伽噺

江戸・吉原の遊郭「開花楼」の使用人・幾太郎は、売れっ妓花魁・芙蓉に見込まれて、歌舞伎役者・尾高永遠蔵が足の届く深さの池で溺れ死んだ謎の真相を探ることになる。吉原から出られない芙蓉の代わりに調査を進める幾太郎だが、芙蓉の人使いの荒さに苦労が絶えず…。幾太郎の最初の事件、「ひよっこ、篭鳥の歌を聽く」を収録!

蠢太郎

蠢太郎

激動の明治。歌舞伎役者を父に持つ、天性の女形・中村蠢太郎。蠢太郎親子の命を狙う者達、護る者達…謎に包まれた蠢太郎の出生。宿命を背負いつつ、蠢太郎は今日も華麗に舞台で舞う。

かぶき姫―天下一の女―

かぶき姫―天下一の女―

江戸時代初期――日本を代表する文化である歌舞伎の祖をつくりだした娘がいた。彼女はその生まれゆえ、「天下一」を目指すべく踊りつづける。その踊りは周りを魅了し、次第に徳川時代の一大勢力である「傾き(かぶき)」と結びつき天下を揺るがしていく――!!豪華絢爛大河活劇、ついに開幕!

かぶき伊左

かぶき伊左

主人公・市村伊左衛門(いちむら・いざえもん)は、役者であり、若き芝居小屋の主(=太夫元)である。若い故に、勢いはあるが、失敗も多い。果たして伊左衛門は一人前の役者・太夫元として大成できるのか。話題の作品「かぶき伊左」がついに電子書籍化!

花の家

花の家

主人公・仲井貴一郎は、偶然再会した同級生・藤田日和の兄で歌舞伎役者の立河染太郎の妻の代役を務めることになった。歌舞伎の世界に魅せられた貴一郎は、歌舞伎役者への道を踏み出していく。

前田利家

前田利家

戦国の世に男の一義を貫いた「槍の又左」の異名を持つ前田利家(まえだ・としいえ)の生涯を、史実に基づいた独特の構成力で描きだした戦国ロマン。のちに前田利家となる少年・犬千代(いぬちよ)は、容姿端麗にして頭脳明晰な子供であったが、喧嘩好きな“かぶき者”に育つ。ある日、犬千代は道中で出会ったかぶき者を叩きのめすが、そのかぶき者こそ自分が仕えることになる織田信長(おだ・のぶなが)だった……。

プロフィールはありません
プロフィールはありません
プロフィールはありません
プロフィールはありません