icon_reread
また読みたい
フォロー
黒田・三十六計(1)
応仁の乱の以後、黒田家は乞食同然で流れ者となっていた。しかし、誰にも恨みを抱かせずに多くの人々を喜ばせながら、流浪の身からついに豪邸を手に入れる。下剋上の乱世を「三十六計」の策を用い生き抜く、智将・黒田官兵衛!!その生涯を描く、大河時代劇巨編!!
黒田・三十六計(2)
黒田家が仕える小寺に小豪族たちが攻め入った。黒田官兵衛は若干17歳ながら、重臣たちの間に割って入り、十日以内に解決すると宣言する。戦国時代の天才軍師・黒田官兵衛が知略と策略をめぐらし、少年から青年へと成長する姿を時代劇の巨匠が壮絶に描く本格派時代劇。
黒田・三十六計(3)
父・職隆が隠居し、黒田官兵衛が小寺家の筆頭家老になったのは、彼が二十二歳の時であった。そしてこの年、妻をめとったのだが…戦国時代の天才軍師・黒田官兵衛が知略と策略をめぐらし、少年から青年へと成長する姿を時代劇の巨匠が壮絶に描く本格派時代劇。
黒田・三十六計(4)
織田信長に与した小寺家は毛利軍に攻めら危機に陥るが、官兵衛の策略により劣勢ながらも勝利する。この活躍により信長から高い評価を得た官兵衛だったが、小寺重臣からは信長に肩入れする官兵衛に不満の声が上がりはじめていた。天才武将・黒田官兵衛の戦術とは!?
黒田・三十六計(5)
秀吉の失言により、毛利対策会談で敵対してしまった別所と織田。悩む秀吉に官兵衛は「欲擒姑縦」という高等戦術を授ける。下剋上の乱世を「三十六計」の策を用い生き抜く、青年武将・黒田官兵衛を時代劇画の巨匠・平田弘史が描いた本格時代劇巨編!!
黒田・三十六計(6)
官兵衛の主人・小寺政職から官兵衛を殺せとの手紙を受け取った荒木村重。主人に忠誠を尽くしてきた男の悲劇に心を痛め、殺すことはできぬと官兵衛を土牢に入れることに。孤独な牢の中で名軍師・官兵衛が巡らす思いとは……?巨匠が描く本格戦国劇画!!
黒田・三十六計(7)
三木城の惨状を知った官兵衛は天を仰いで泣いた。そんな官兵衛を慰めようと酒宴を開く温かい家臣たちの心に、官兵衛はまた涙した。そして、禁制に従わない者を平定したいという秀吉の相談に、「混水摸魚」という計略を打ち出すが…!?黒田官兵衛の見事な計略が冴え渡る、一大戦国叙事詩!!
黒田・三十六計(8)
時は天正年間――播州・小寺家の筆頭家老である黒田官兵衛は、織田信長と出会い、時勢の変革を感じて信長に与してゆく。天正十年四月、信長の命で羽柴秀吉に従い中国の毛利討伐に向かった官兵衛は、備中高松城を攻略中、信長の訃報を知るのであった――――