reread
また読みたい
フォロー
織田信長(おだ・のぶなが)と羽柴秀吉(はしば・ひでよし)の下で合戦に明け暮れ、淡路国を治める戦国大名へと出世した仙石権兵衛秀久(せんごく・ごんべえ・ひでひさ)。だが、天下一統を成すためには、いまだ残る数多の敵を従わせる必要があった――乱世を真の終焉へと導くために、これより権兵衛が、歴史の表舞台へと進み出る!! “天下人”を支えた猪武者・仙石権兵衛秀久の奇跡の挽回劇、開帳!!
天下一統へと邁進する羽柴秀吉(はしば・ひでよし)は、十万もの大軍を率いて紀州へと攻め入った。羽柴方の諸将が続々と集結する中、淡路の仙石権兵衛(せんごく・ごんべえ)も一大船団を編成し根来・雑賀へと向かうのだった――。そこには大国の脅威とは異質の強靭さを持った、一筋縄ではいかない“敵”たちが待ち受ける……!!
天下を見据える羽柴秀吉(はしば・ひでよし)による紀州征伐は、大詰めを迎えていた――。仙石権兵衛(せんごく・ごんべえ)は、藤堂高虎(とうどう・たかとら)・尾藤知宣(びとう・とものぶ)とともに紀南の土豪・湯川直春(ゆかわ・なおはる)軍の殲滅を命じられ、僅かな兵にて熊野山中へと攻め寄せることとなった…。地の利ある“穴熊”どもが罠を張る熊野の山で、羽柴家中きっての“曲者”三名は、如何にして難局に立ち向かうのか――!? 紀州征伐編は波乱を迎える!!
羽柴秀吉は“惣無事”を旗印に、己に従わぬ勢力を次々に叩いてゆく。次なる標的は、四国を束ね夢想の国家を実現させんとする土佐の出来人・長宗我部元親。仙石秀久にとっては、かつて手痛い敗戦を喫した仇敵でもあった……。夢か滅びか――日ノ本が揺れる“四国征伐編”開帳!!
羽柴秀吉軍、総勢十四万が三方面より同時侵攻!! 秀吉の送り込んだ大軍が、阿波・讃岐・伊予の三ヵ所より上陸。世にいう“四国征伐”が幕を開けた。対する四国方の大将・長宗我部元親は地の利を知り尽くした智将。さながら獣を狩るが如く、四国全土に“網”を張る!! そしてこの合戦の最前線――讃岐の地に権兵衛の姿があった。果たして敵の巧妙なる罠を潜り抜け羽柴方を勝利へと導けるのか……!?
秀吉による天下一統は着実に実現へと近づいていた。だが、未だ戦乱が続く九州にて、“戦国最強”と謳われる「島津」がついに動き始める!! 武勇と知略に優れる四兄弟の下、九州を統べる勢いで領土を広げてきた、その神憑りともいうべき強さの源泉とは……!? 仙石にとって運命の合戦が待つ“九州征伐編”ここに開帳!!
時は天正六年十月、九州の覇権を争う“耳川の合戦”が勃発した。豊後の大友宗麟の大軍が日向へと侵入、それを島津四兄弟が総力をもって迎え撃つ…… この九州天下分け目の合戦にこそ、薩摩島津家の強さの理由、その一端が垣間見える!! 神憑りともいえる強兵を支えたものは何だったのか!? 宿命の“九州征伐編”にてその真実を解き明かす!!
豊臣秀吉は、島津討伐の先鋒に仙石権兵衛秀久を選んだ。大役を任された権兵衛は、かつての敵であった長宗我部元親ら四国勢を束ね、豊後・大友家を助けるために九州へと上陸する。秀吉の九州進出を懸けた重要な合戦にして、権兵衛にとって生涯最大の事件となる「戸次川の合戦」は間近に迫る‥‥!!
島津家久は府内の南にある鶴賀城を包囲、そしてそのまま動きを止めた‥‥。まるで仙石権兵衛の出馬を待ち構えるかのように。歴史に語り継がれる「戸次川の合戦」、その時、その場所で、一体何が起こったのか!?運命の渡河、その真実がまもなく明らかになる!!
仙石・長宗我部連合軍は、ついに島津軍と激突!! 鬼気迫る島津兵の攻撃に苦しめられながらも、仙石軍は少しずつ戦線を上げてゆく…!! だがその時、島津家久の本隊が“軍神”の降るかの如き怒涛の勢いで戦場へと突撃するのだった!! 仙石秀久にとって運命の合戦となる「戸次川合戦」編、最高潮!!