センゴク一統記 1巻
歴史的大失敗から這い上がり再び表舞台へと返り咲いた、“史上最も失敗し挽回した男”仙石権兵衛秀久(せんごく・ごんべえ・ひでひさ)の物語、待望の第三部!――時は天正十年、京・本能寺で勃発した日本史上最大の事件“本能寺の変”……そこで何があったのか!?そして仙石権兵衛秀久の“歴史的大失敗”と“不屈の挽回劇”とは!?宮下英樹が満を持して描く“乱世の終焉”と“新時代の幕開け”!!
センゴク一統記 2巻
備中高松(びっちゅうたかまつ)城攻略戦、開帳――!!信長(のぶなが)の目指す“一統”の実現、そして日ノ本の行く末は、合戦の最前線に立つ羽柴秀吉(はしば・ひでよし)の双肩に託された……。重責の中、秀吉が秘密裏に進める計略とは!?世に比肩なき人材を抱える秀吉は、世紀の大事業へと挑む!!武将と合戦の真実に迫る“リアル追求型”戦国合戦譚!!
センゴク一統記 3巻
「本能寺の変」首謀者――その謎に満ちた生涯に迫る!!“本能寺”へと至る苦悩と野心――。明智光秀(あけち・みつひで)が、信長の中に見たものは輝く桃源郷か、それとも破滅か……。一人の天才の生涯を通して人間の実存を問う、“本能寺の変”前夜!!静かなる“序奏”が幕を開ける――。
センゴク一統記(4)
史料の記述から浮かび上がる『本能寺の変』完全実録!!織田弾正忠信長(おだ・だんじょうちゅう・のぶなが)乱世の光芒――。気高き人間(じんかん)の終わりに、英雄は何を見たか!?――時代を席巻し、日本の頂点へと駆け上った織田信長。だが、無常なる終焉は誰にも等しく訪れる――運命の地・本能寺。人間五十年、乱世を生き抜いた織田信長は、この国に何を残すのか……!?
センゴク一統記(5)
本能寺の変によって、世は不安と混沌に包まれる……。織田信長(おだ・のぶなが)を失った日本に、新たなる理想を立ち上げるのは、明智光秀(あけち・みつひで)、羽柴秀吉(はしば・ひでよし)、いずれの将なのか!?次代を決める武将たちが、決戦の地に集結する!!「山崎の合戦」編、開帳!
センゴク一統記(6)
明智光秀の理想が――羽柴秀吉の才が――天下に轟く!!明智光秀が思い描く“新しき国”の輪郭が次第に見え始める中、神速の“大返し”により羽柴軍が京へと迫った!!決戦の舞台は山崎――。綿密な現地取材により、かつてない緻密さで描かれる、最も詳細な“山崎合戦”……必見!!
センゴク一統記(7)
「山崎の合戦」編、ここに決着!!秀吉の“人たらし”vs.光秀の“殺し間”――勝者は織田信長を超える“英雄”となる!!失意より立ち上がり、怒濤の進軍を始めた羽柴秀吉……!!だが、明智光秀もまた自らの理想郷を信じ、必殺の“殺し間”へと秀吉軍を誘う!!信長を失ったこの国の再生への道とは……?“英雄”誕生の瞬間――山崎の合戦、決着!!!
センゴク一統記(8)
織田信長(おだ・のぶなが)亡き後の織田家新体制を固めるべく清洲(きよす)城に集結した、羽柴秀吉(はしば・ひでよし)・柴田勝家(しばた・かついえ)・丹羽長秀(にわ・ながひで)・池田恒興(いけだ・つねおき)ら四宿老。信長の仇・明智光秀(あけち・みつひで)を討った武功随一の羽柴秀吉は、緻密な計算と長大な展望で、次の世の統治を探る。織田家を二代にわたって支えた筆頭家老・柴田勝家は、諸将の結束に織田家の安寧を求める。知略で切り開く、織田家の未来――。“清洲会議”に、波乱の結末が待つ――!
センゴク一統記(9)
清州(きよす)会議を経て織田(おだ)新体制が発足――だが、柴田勝家(しばた・かついえ)と羽柴秀吉(はしば・ひでよし)の対立は次第に表面化してゆく。一方、ゴンは秀吉より四国行きを命じられ、“土佐の出来人”と名高き傑物・長宗我部元親(ちょうそかべ・もとちか)と対峙することとなる!!
センゴク一統記(10)
柴田勝家(しばた・かついえ)と羽柴秀吉(はしば・ひでよし)――。“古豪”と“新世代”を象徴する二大勢力がここに激突!!崩壊へと進む織田(おだ)家を、再び強固に束ねるのか、それとも利用するのか……信長の次なる支配者は、賤ヶ岳(しずがたけ)合戦から誕生する!!