犯人たちの笑える裏話

一番下のコメントへ

金田一少年の事件簿金田一少年の事件簿に登場した、歴代の犯人たちの視点を描いたユーモア溢れる漫画です。

最も有名な「オペラ座館殺人事件」の犯人の話から始まります。ちなみに、原作を読んでいない人にもわかるように最初に事件のあらましを説明してくれるのが親切設計になってます。

金田一にバレるまでの一連の犯人の心理を面白おかしく描写していて、ある意味、ミステリー作品ではお約束な部分に対して、容赦のないツッコミが入るのが可笑しくて仕方ありません。

「やることが多すぎる!」

という犯人の心の叫びは、名フレーズだと思います。
トリックを仕掛けるの、実はやること多くて大変なんですね・・・!笑

他にも、運動能力めちゃくちゃ高くなければトリックが実行できないと気付いたり、とにかく犯人たちの必死さは、爆笑必至です。

一つだけ残念なのは、これ読んでしまうと原作をまじめに読めなくなる、ということ。舞台裏にいる犯人たちを思い浮かべてしまい、以前のようにシリアスな雰囲気に戻れなくなります…!

コメントする
reread
また読みたい
フォロー