森泉岳土のマンガだけは紙の本で買わなくてはならない理由

10月に発売された森泉岳土さんの『報いは報い、罰は罰報いは報い、罰は罰』について書いてみます。

深い森の奥の洋館で起こる恐ろしい話です。ゴシック・ホラーってやつですよ。怖いの苦手なんで書くのいやなんですけど、書きますね。というかそれ以前に読むのがいやだった、怖いから。さらにいえばこの本の存在がいやですね、もう怖くて怖くて、持っていたくない。こわいなあ。いまも、目の前にあるんですよ。こっち見てる感じがする……... 続きはこちら 

記事の感想はコメント欄にどうぞ!

コメントする
boards

話題に出たマンガ