ネタバレ
今週のモンピク ザ・ロックについて語ろう

一番下のコメントへ

ついに続編が始まるので今作も毎週語ろう。

【あらすじ】
回避不能の殺戮劇、開幕!!!
大量の死者を出した岩砕山での事件。
魔猿との死闘を経て命からがら生還した早乙女のもとに、一通の電話が届く―。

1/36ページ
<<
<
1/36ページ
>
>>

氷室安斎にしろ赤崎にしろ、危険人物をかばってあとは放置なサッチー、ほんと罪深いね
特に今回は明確に周りの人に嘘をついてるから特に苛立つ

下柳さーーん!赤崎お前・・・!
赤崎の「地獄に堕ちろ」からの「・・・自分」っての猿は守りたいけどその為に人を殺す罪悪感から出た言葉なのかな?
以前「私は生き残るつもりは無い」ってのも猿を守る為になら死ねるって事じゃなくて猿を守るためとはいえ罪のない人を殺してしまったから最後は自殺するって意味だったのかな?
それでも到底許さないけど

シマが、どのタイミングで、「東隊長」の名前を思い出すかが、1つの山場かなあ?
私の想像では、海外の戦地で、負傷した傭兵のニュースか、何かで、見たのかも?
つまり、自衛隊自体が、嘘で、高橋も自衛隊も全てが、偽物だと分かる時が、来るのかも?

今週もまた賛否両論が沸き起こりそうな内容。
しかし自分としては、記憶に残るシーンが登場した
いい回だったと思った。
「猿に肩固めを極める」
正確には肩固めチョークチョークって技だと思うが、
こんなシーン、他の漫画でも一生、見れないだろう。(笑)
細かい部分ではツッコミを入れたくなる箇所もあるけれど、
モンキーピークモンピク以外に、こんなシーンは絶対見れないだろうし。
久々にモンピク凄い!と思った。
漫画ファンも格闘技ファンも、そして動物愛護主義者の人も、
今回の内容は酷評するかもしれないし、
下さんにしても結局は無念の死だったかもしれないが、
自分はとても面白かった。

下柳さんの冥福を祈ります。

猿キチやりやがった! 下さん助ける必要もない状況だったろうに、わざわざ危険を冒して助けに来てくれたのにな。

博愛と猿キチのコンビは強すぎる。 皆殺しにするつもりで隙を見て殺害する猿キチとなにがなんでも猿キチを生かそうとする博愛と・・
このメンバーと行動するのは正直猿より怖い。

下さんを殺めたところを千葉さんに目撃されていればいいのに
そしたら間違いなく千葉さんが仇討ちしてくれる
清水さんでもいいな
とりあえず下さんが不憫すぎ

私が、今、1番、気になるのは、喫茶店で、会っていた佐藤さん佐藤さんと本物の高橋さんと高橋さんの部下の3人の話がその後、どうなったかです。
多分、救援隊か何かを派遣するのでは無いでしょうか?
もしかしたら佐藤さん自身も来るかもですね?
偽物の高橋も多分、生き残っていると思うので再登場が楽しみです。

赤崎は下柳さんとマッスルの闘いを一部始終見ているならマッスルが殺られる前に助ければいいのに。見殺しにしてるやん(笑)

赤崎は下柳さんとマッスルの闘いを一部始終見ているならマッスルが殺られる前に助ければいいのに。見殺しにしてるやん(笑)

@名無し

いや・・・下柳さんがライト消して暗闇になったから、何かやってるのは分かるけどバトルの一部始終見えてないって(笑)

生き残り人数が1桁になったけど、本当の敵「謎の組織」に指1本届いていないっていう痛い現実・・・。

生き残り人数が1桁になったけど、本当の敵「謎の組織」に指1本届いていないっていう痛い現実・・・。

@名無し

恐らくトオルみたいな新顔だろうけど、顔すら見せてないからね。

今週のネタバレ
早乙女と宮田のいた場所は崩落したが、二人はなんとか無事だった
体のところどころから出血はあるものの、重傷は負うことなく、岩の隙間から這い出る
猿達の死骸は確認できない
早乙女達は岩の下敷きになったのだと考える
「猿が埋まって俺達は助かった…か 残りの運全部使い切ったかもな…」苦笑いする宮田
しかし、早乙女は宮田に手を貸しながら言う
「…いや 俺は前向きに考えるよ 洞窟が『生きろ』と言ってるのさ」
「…ならいいな…」笑い返して早乙女の手を握って脱出する宮田
上では赤崎が下柳の血に濡れた山刀を握りしめ、荒い息を吐きながらまだ倒れたまま意識が戻らないシマを見下ろしていた
(…こいつは猿の敵 ならば今のうちにー)
シマもこの場で手にかけようとする赤崎
しかし、早乙女と宮田が戻ってくる音で山刀をシマのそばに置き、下柳の遺体のそばに行き、沈痛な表情を作ってみせる
(下柳の死に顔は、最期に目を閉じられたのか、あるいは赤崎が閉じさせたのか、比較的穏やかな顔だった)
赤崎「彼は…もう…」
宮田「そんな…こ…この猿は死んでるのか?どうやって…?」
「さぁ…私達は気を失っていて 目を覚ました時にはこの状態で…」
下柳のそばの息絶えたダブルダブルマッスルマッスルを見て
「さ…刺し違えたのか…こんな…ボロボロになって…」
下柳の遺体の前に両膝をつき、涙を流す早乙女
「…ありがとう…下柳さん…」
その時シマと葉山が意識を取り戻す
シマは周囲の様子を見て何事かと驚き、葉山は頭が痛いと言う
次にシマは猿との戦いで負った宮田の全身のケガを指摘し、心配する
宮田は少し考えた後で、思い切ったように早乙女に提案する
「…サッチー この人から服をもらおう」
息を呑む早乙女
「俺もお前も包帯を作って傷を押さえつけないと」
早乙女は暫く沈黙し苦渋の表情を浮かべていたが
やがて「そうだな…」と下柳の遺体の前で項垂れる
「他にもブーツとか使える物は頂くぞ」
という宮田の言葉に戸惑う葉山
しかし、宮田は下柳の身につけていた物を貰い受けながら手を休めずに言う
「岩砕山じゃ死んだ人の物を使うのが嫌で…後々ひどく後悔する事になったんです 学びましたよ 生きるためには何でもしなきゃ…って」
下柳の遺体の両手を胸の前で組ませて立ち上がる二人
「必ず戻ってきます その時までお別れだ ありがとう
 下柳さん」
下柳の手に触れ、礼の言葉を言い残す早乙女
宮田が先頭を申し出て「風のある場所」を目指す
しかし、下柳の死に釈然としないものが残るシマ
自分の山刀と、下柳の遺体の傷を確かめているが、葉山に促され立ち上がる
先頭を進む宮田は何かの変化を感じる
「こ…これは…『風』だ!」で希望が射して次週へ続く

シマいいぞ、そのまま疑え!
宮田は確かに前の山で学習したのかもしれないけど、何の世話にもなっていない死者の持ち物を使うことにはあんなに抵抗があったのに助けてくれた下さんから拝借することはいいのか。

今週のネタバレ 早乙女と宮田のいた場所は崩落したが、二人はなんとか無事だった 体のところどころから出血はあるものの、重傷は負うことなく、岩の隙間から這い出る 猿達の死骸は確認できない 早乙女達は岩の下敷きになったのだと考える 「猿が埋まって俺達は助かった…か 残りの運全部使い切ったかもな…」苦笑いする宮田 しかし、早乙女は宮田に手を貸しながら言う 「…いや 俺は前向きに考えるよ 洞窟が『生きろ』と言ってるのさ」 「…ならいいな…」笑い返して早乙女の手を握って脱出する宮田 上では赤崎が下柳の血に濡れた山刀を握りしめ、荒い息を吐きながらまだ倒れたまま意識が戻らないシマを見下ろしていた (…こいつは猿の敵 ならば今のうちにー) シマもこの場で手にかけようとする赤崎 しかし、早乙女と宮田が戻ってくる音で山刀をシマのそばに置き、下柳の遺体のそばに行き、沈痛な表情を作ってみせる (下柳の死に顔は、最期に目を閉じられたのか、あるいは赤崎が閉じさせたのか、比較的穏やかな顔だった) 赤崎「彼は…もう…」 宮田「そんな…こ…この猿は死んでるのか?どうやって…?」 「さぁ…私達は気を失っていて 目を覚ました時にはこの状態で…」 下柳のそばの息絶えたダブルマッスルを見て 「さ…刺し違えたのか…こんな…ボロボロになって…」 下柳の遺体の前に両膝をつき、涙を流す早乙女 「…ありがとう…下柳さん…」 その時シマと葉山が意識を取り戻す シマは周囲の様子を見て何事かと驚き、葉山は頭が痛いと言う 次にシマは猿との戦いで負った宮田の全身のケガを指摘し、心配する 宮田は少し考えた後で、思い切ったように早乙女に提案する 「…サッチー この人から服をもらおう」 息を呑む早乙女 「俺もお前も包帯を作って傷を押さえつけないと」 早乙女は暫く沈黙し苦渋の表情を浮かべていたが やがて「そうだな…」と下柳の遺体の前で項垂れる 「他にもブーツとか使える物は頂くぞ」 という宮田の言葉に戸惑う葉山 しかし、宮田は下柳の身につけていた物を貰い受けながら手を休めずに言う 「岩砕山じゃ死んだ人の物を使うのが嫌で…後々ひどく後悔する事になったんです 学びましたよ 生きるためには何でもしなきゃ…って」 下柳の遺体の両手を胸の前で組ませて立ち上がる二人 「必ず戻ってきます その時までお別れだ ありがとう  下柳さん」 下柳の手に触れ、礼の言葉を言い残す早乙女 宮田が先頭を申し出て「風のある場所」を目指す しかし、下柳の死に釈然としないものが残るシマ 自分の山刀と、下柳の遺体の傷を確かめているが、葉山に促され立ち上がる 先頭を進む宮田は何かの変化を感じる 「こ…これは…『風』だ!」で希望が射して次週へ続く

今週のネタバレ 早乙女と宮田のいた場所は崩落したが、二人はなんとか無事だった 体のところどころから出血はあるものの、重傷は負うことなく、岩の隙間から這い出る 猿達の死骸は確認できない 早乙女達は岩の下敷きになったのだと考える 「猿が埋まって俺達は助かった…か 残りの運全部使い切ったかもな…」苦笑いする宮田 しかし、早乙女は宮田に手を貸しながら言う 「…いや 俺は前向きに考えるよ 洞窟が『生きろ』と言ってるのさ」 「…ならいいな…」笑い返して早乙女の手を握って脱出する宮田 上では赤崎が下柳の血に濡れた山刀を握りしめ、荒い息を吐きながらまだ倒れたまま意識が戻らないシマを見下ろしていた (…こいつは猿の敵 ならば今のうちにー) シマもこの場で手にかけようとする赤崎 しかし、早乙女と宮田が戻ってくる音で山刀をシマのそばに置き、下柳の遺体のそばに行き、沈痛な表情を作ってみせる (下柳の死に顔は、最期に目を閉じられたのか、あるいは赤崎が閉じさせたのか、比較的穏やかな顔だった) 赤崎「彼は…もう…」 宮田「そんな…こ…この猿は死んでるのか?どうやって…?」 「さぁ…私達は気を失っていて 目を覚ました時にはこの状態で…」 下柳のそばの息絶えたダブルマッスルを見て 「さ…刺し違えたのか…こんな…ボロボロになって…」 下柳の遺体の前に両膝をつき、涙を流す早乙女 「…ありがとう…下柳さん…」 その時シマと葉山が意識を取り戻す シマは周囲の様子を見て何事かと驚き、葉山は頭が痛いと言う 次にシマは猿との戦いで負った宮田の全身のケガを指摘し、心配する 宮田は少し考えた後で、思い切ったように早乙女に提案する 「…サッチー この人から服をもらおう」 息を呑む早乙女 「俺もお前も包帯を作って傷を押さえつけないと」 早乙女は暫く沈黙し苦渋の表情を浮かべていたが やがて「そうだな…」と下柳の遺体の前で項垂れる 「他にもブーツとか使える物は頂くぞ」 という宮田の言葉に戸惑う葉山 しかし、宮田は下柳の身につけていた物を貰い受けながら手を休めずに言う 「岩砕山じゃ死んだ人の物を使うのが嫌で…後々ひどく後悔する事になったんです 学びましたよ 生きるためには何でもしなきゃ…って」 下柳の遺体の両手を胸の前で組ませて立ち上がる二人 「必ず戻ってきます その時までお別れだ ありがとう  下柳さん」 下柳の手に触れ、礼の言葉を言い残す早乙女 宮田が先頭を申し出て「風のある場所」を目指す しかし、下柳の死に釈然としないものが残るシマ 自分の山刀と、下柳の遺体の傷を確かめているが、葉山に促され立ち上がる 先頭を進む宮田は何かの変化を感じる 「こ…これは…『風』だ!」で希望が射して次週へ続く

@名無し

ネタバレサンクス。

もはや生き残るのは前回の倍の5.6人で、

温厚なのは、早乙女 宮田 シマ 葉山 清水 沼口

になりそうです。

阿部さんや隊長は、人質要員として、出てきそうですね。

100%100%、確実に生き残るのは早乙女だけ。
後はシマと佐藤と宮田のうち、二人は生き残ると思います。
つまり、3人は生き残りそうです。
佐藤は今は対象外ですが、完結する迄には、早乙女が、心配で本物の内閣調査室に依る捜索隊に
加わって最終的には早乙女達と合流すると思います。

100%、確実に生き残るのは早乙女だけ。 後はシマと佐藤と宮田のうち、二人は生き残ると思います。 つまり、3人は生き残りそうです。 佐藤は今は対象外ですが、完結する迄には、早乙女が、心配で本物の内閣調査室に依る捜索隊に 加わって最終的には早乙女達と合流すると思います。

100%、確実に生き残るのは早乙女だけ。 後はシマと佐藤と宮田のうち、二人は生き残ると思います。 つまり、3人は生き残りそうです。 佐藤は今は対象外ですが、完結する迄には、早乙女が、心配で本物の内閣調査室に依る捜索隊に 加わって最終的には早乙女達と合流すると思います。

@名無し

追記
もしかしたら、洞窟を出る迄が、第2部で、
洞窟を出てかから、森を舞台にして森の秘密に迫る為に、謎の組織と戦う物語が、第3部になるかも知れませんね?

今週のネタバレ 早乙女と宮田のいた場所は崩落したが、二人はなんとか無事だった 体のところどころから出血はあるものの、重傷は負うことなく、岩の隙間から這い出る 猿達の死骸は確認できない 早乙女達は岩の下敷きになったのだと考える 「猿が埋まって俺達は助かった…か 残りの運全部使い切ったかもな…」苦笑いする宮田 しかし、早乙女は宮田に手を貸しながら言う 「…いや 俺は前向きに考えるよ 洞窟が『生きろ』と言ってるのさ」 「…ならいいな…」笑い返して早乙女の手を握って脱出する宮田 上では赤崎が下柳の血に濡れた山刀を握りしめ、荒い息を吐きながらまだ倒れたまま意識が戻らないシマを見下ろしていた (…こいつは猿の敵 ならば今のうちにー) シマもこの場で手にかけようとする赤崎 しかし、早乙女と宮田が戻ってくる音で山刀をシマのそばに置き、下柳の遺体のそばに行き、沈痛な表情を作ってみせる (下柳の死に顔は、最期に目を閉じられたのか、あるいは赤崎が閉じさせたのか、比較的穏やかな顔だった) 赤崎「彼は…もう…」 宮田「そんな…こ…この猿は死んでるのか?どうやって…?」 「さぁ…私達は気を失っていて 目を覚ました時にはこの状態で…」 下柳のそばの息絶えたダブルマッスルを見て 「さ…刺し違えたのか…こんな…ボロボロになって…」 下柳の遺体の前に両膝をつき、涙を流す早乙女 「…ありがとう…下柳さん…」 その時シマと葉山が意識を取り戻す シマは周囲の様子を見て何事かと驚き、葉山は頭が痛いと言う 次にシマは猿との戦いで負った宮田の全身のケガを指摘し、心配する 宮田は少し考えた後で、思い切ったように早乙女に提案する 「…サッチー この人から服をもらおう」 息を呑む早乙女 「俺もお前も包帯を作って傷を押さえつけないと」 早乙女は暫く沈黙し苦渋の表情を浮かべていたが やがて「そうだな…」と下柳の遺体の前で項垂れる 「他にもブーツとか使える物は頂くぞ」 という宮田の言葉に戸惑う葉山 しかし、宮田は下柳の身につけていた物を貰い受けながら手を休めずに言う 「岩砕山じゃ死んだ人の物を使うのが嫌で…後々ひどく後悔する事になったんです 学びましたよ 生きるためには何でもしなきゃ…って」 下柳の遺体の両手を胸の前で組ませて立ち上がる二人 「必ず戻ってきます その時までお別れだ ありがとう  下柳さん」 下柳の手に触れ、礼の言葉を言い残す早乙女 宮田が先頭を申し出て「風のある場所」を目指す しかし、下柳の死に釈然としないものが残るシマ 自分の山刀と、下柳の遺体の傷を確かめているが、葉山に促され立ち上がる 先頭を進む宮田は何かの変化を感じる 「こ…これは…『風』だ!」で希望が射して次週へ続く

今週のネタバレ 早乙女と宮田のいた場所は崩落したが、二人はなんとか無事だった 体のところどころから出血はあるものの、重傷は負うことなく、岩の隙間から這い出る 猿達の死骸は確認できない 早乙女達は岩の下敷きになったのだと考える 「猿が埋まって俺達は助かった…か 残りの運全部使い切ったかもな…」苦笑いする宮田 しかし、早乙女は宮田に手を貸しながら言う 「…いや 俺は前向きに考えるよ 洞窟が『生きろ』と言ってるのさ」 「…ならいいな…」笑い返して早乙女の手を握って脱出する宮田 上では赤崎が下柳の血に濡れた山刀を握りしめ、荒い息を吐きながらまだ倒れたまま意識が戻らないシマを見下ろしていた (…こいつは猿の敵 ならば今のうちにー) シマもこの場で手にかけようとする赤崎 しかし、早乙女と宮田が戻ってくる音で山刀をシマのそばに置き、下柳の遺体のそばに行き、沈痛な表情を作ってみせる (下柳の死に顔は、最期に目を閉じられたのか、あるいは赤崎が閉じさせたのか、比較的穏やかな顔だった) 赤崎「彼は…もう…」 宮田「そんな…こ…この猿は死んでるのか?どうやって…?」 「さぁ…私達は気を失っていて 目を覚ました時にはこの状態で…」 下柳のそばの息絶えたダブルマッスルを見て 「さ…刺し違えたのか…こんな…ボロボロになって…」 下柳の遺体の前に両膝をつき、涙を流す早乙女 「…ありがとう…下柳さん…」 その時シマと葉山が意識を取り戻す シマは周囲の様子を見て何事かと驚き、葉山は頭が痛いと言う 次にシマは猿との戦いで負った宮田の全身のケガを指摘し、心配する 宮田は少し考えた後で、思い切ったように早乙女に提案する 「…サッチー この人から服をもらおう」 息を呑む早乙女 「俺もお前も包帯を作って傷を押さえつけないと」 早乙女は暫く沈黙し苦渋の表情を浮かべていたが やがて「そうだな…」と下柳の遺体の前で項垂れる 「他にもブーツとか使える物は頂くぞ」 という宮田の言葉に戸惑う葉山 しかし、宮田は下柳の身につけていた物を貰い受けながら手を休めずに言う 「岩砕山じゃ死んだ人の物を使うのが嫌で…後々ひどく後悔する事になったんです 学びましたよ 生きるためには何でもしなきゃ…って」 下柳の遺体の両手を胸の前で組ませて立ち上がる二人 「必ず戻ってきます その時までお別れだ ありがとう  下柳さん」 下柳の手に触れ、礼の言葉を言い残す早乙女 宮田が先頭を申し出て「風のある場所」を目指す しかし、下柳の死に釈然としないものが残るシマ 自分の山刀と、下柳の遺体の傷を確かめているが、葉山に促され立ち上がる 先頭を進む宮田は何かの変化を感じる 「こ…これは…『風』だ!」で希望が射して次週へ続く

@名無し

ネタバレありがとうございます。
今回の話酷すぎる....。
主人公は猿キチ放置して何が前回の教訓だ。学習能力、猿以下だよ。
もう、主人公はシマにした方がいいんじゃない笑

早乙女って、ピークの時は戦闘力と行動力はある人で描かれてたけど、今回は自衛隊がその役割してるから前回よりポンコツに描かれ過ぎて作者も扱いきれてない感じ....。

所詮、作り話なので、現実には有り得ない事が起こるのは充分、分かるのですが、どうしても納得のいかない部分があります。
自衛隊が、隊員を派遣するまでには、当然、
「本物の内閣調査室」と連絡を取って確認すると思うのです。
偽物の高橋に自衛隊が騙されて隊員を派遣する物でしょうか?

所詮、作り話なので、現実には有り得ない事が起こるのは充分、分かるのですが、どうしても納得のいかない部分があります。 自衛隊が、隊員を派遣するまでには、当然、 「本物の内閣調査室」と連絡を取って確認すると思うのです。 偽物の高橋に自衛隊が騙されて隊員を派遣する物でしょうか?

所詮、作り話なので、現実には有り得ない事が起こるのは充分、分かるのですが、どうしても納得のいかない部分があります。 自衛隊が、隊員を派遣するまでには、当然、 「本物の内閣調査室」と連絡を取って確認すると思うのです。 偽物の高橋に自衛隊が騙されて隊員を派遣する物でしょうか?

@名無し

隊長がなんか噛んでそうじゃない?
シマの伏線も残ってるし

1/36ページ
<<
<
1/36ページ
>
>>
コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー