れっどせんきゅうひゃくろくじゅうきゅうからせんきゅうひゃくななじゅうに
レッド 1969~1972 1巻
レッド 1969~1972 2巻
レッド 1969~1972(3)
レッド 1969~1972(4)
レッド 1969~1972(5)
レッド 1969~1972(6)
レッド 1969~1972(7)
レッド 1969~1972(8)
ストアに行く
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい

言葉の力に翻弄されていく普通の人達

事件関係者達の手記をかなり忠実に再現している。 この漫画をきっかけに連合赤軍に興味を持った。主要人物や事件に至るまでの流れを一通り把握することができるので、連合赤軍入門書としてはかなり良いのではないだろうか。  「言葉の力に翻弄されていく普通の人達」という切り口で連合赤軍事件を描いた作品。 物語の主人公格は赤城(=永田洋子)という女性指導者と、岩木(=植垣康博)という男性メンバー。 一般的に、永田洋子は「優れたメンバーへの嫉妬心から大量殺戮を行った鬼婆」として語られる事が多い。だが、物語前半の赤城は、感情的な面はありつつも人並みの思いやりや理性は持っており、けして「鬼婆」ではない。 しかし、もう1人の指導者・北(=森恒夫)により、「革命家として問題があるメンバーを殴る事で、彼らの欠点を克服させる」という理論が提唱されると、彼女はささいな理由で(美人だとか頭が良いとか)メンバーを摘発し、彼らへの暴力を指示するようになる。  メンバーを殴る時に「頑張れ!頑張れ!」「あなたのためなのよ」という台詞がよく使われていることが印象的。 リンチのはほとんど、北(や赤城)がメンバーの些細な行動を「彼らの欠点は革命家として致命的であり、それを克服させるために殴る」ともっともらしい言葉で問題化することから始まっている。 もっともらしい言葉で理由付けがされることにより、言いがかりのような批判から始まるリンチに対しても「自分たちは仲間のために正しい事をしている」と思い込めるようになっていく。 元赤軍派メンバーの男性が言った「地獄への道は善意で敷き詰められている」という言葉が印象的。 北(=森)や赤城(=永田)も、岩木(=植垣)も、英雄でも狂人でもないごく普通の人たちだった。そんな彼らを冷酷極まりないリンチに追い立てたのは、言いがかりのような批判を正当化する言葉と、「仲間のために正しい事をしている」という自己暗示だったのではないかと思う。 同じく連合赤軍を再現した作品に若松孝二監督の「実録・連合赤軍」があるが、見比べてみると永田の捉え方が随分違う。 実際の事件関係者の手記を読んでみても、森・永田に対する印象は人によってマチマチだったりする。連合赤軍事件は語る人によって全然違った「真実」が見えてくる事件なんだと思う。 この作品も若松映画とは違った角度からの「連合赤軍の真実」として、後世に読み継がれていったらいいなと思う。

名無し
『レッド 1969~1972』のクチコミ投稿
クチコミで好きなマンガを広めよう!
話題の種類
「マンガのクチコミってどうやって書けばいいの?」という方へ!選んだ話題に応じた書き方のヒントや例文を表示します。初めての方は、練習用ページで気軽に投稿の練習をしてみてください。
タイトル
本文
レッド 1969~1972
レッド 1969~1972
山本直樹
山本直樹
あらすじ
革命を目指す若者達の青春群像劇。この物語の登場人物達は決して特別ではない――。物語の舞台は1969年から1972年にかけての日本。ごく普通の若者達が、矛盾に満ちた国家体制を打破するため、革命運動に身を投じていく。それは、正しいことのはずだった……。激動の学生運動の行き着く先とはどこなのか!?全ての世代に捧げる、若き革命家達の青春群像劇。雑誌収録時から全ページにわたり、加筆修正した完全版!!
レッド 1969~1972の情報の提供お待ちしてます!
掲載している内容の誤りや、この作品に関するおすすめの記事、公式情報のリンクなどはこちらからお送りください。みなさまのご協力をお願い申し上げます。
正義の味方なサイコパスが出てくるマンガでおもしろいやつ探してます
※ネタバレを含むコメントです
レッドは、「漫画のネタバレ」と「サイコパス(またはソシオパス)による社会問題」に抵触する話題を書き込むためのバレ質スレです。 上田俊衣の『ニセ真面目女子はすみ~サイコパスは愛を知りたい~』や荒木飛呂彦の『ザ・ジョジョランズ』の他に、見る人が見れば「正義の味方なサイコパス」が登場する漫画のオススメを教えてほしいです。 また、見る人が見れば正義側なサイコパスのエピソードを語ってほしいです。 おそらくその多くが読んでて嫌な気分になることが多いと思いますが、「マンガとして面白いのでおすすめ」みたいなやつを知りたいです。 はすみさんは一途に愛を求めるサイコパス女子ですよね… ジョディオは最愛の人である実兄のドラゴナのためなら何でもやるサイコパス気質の少年だと思います。
見る人が見れば正義側なサイコパスが出てくるマンガでおもしろいやつ探してます
※ネタバレを含むコメントです
レッドは、「漫画のネタバレ」と「サイコパス(またはソシオパス)による社会問題」に抵触する話題を書き込むためのバレ質スレです。 上田俊衣の『ニセ真面目女子はすみ~サイコパスは愛を知りたい~』や荒木飛呂彦の『ザ・ジョジョランズ』の他に、見る人が見れば正義側なサイコパスが登場する漫画のオススメを教えてほしいです。 また、見る人が見れば正義側なサイコパスのエピソードを語ってほしいです。 おそらくその多くが読んでて嫌な気分になることが多いと思いますが、「マンガとして面白いのでおすすめ」みたいなやつを知りたいです。 はすみさんは一途に愛を求めるサイコパス女子ですよね… ジョディオは最愛の人である実兄のドラゴナのためなら何でもやるサイコパス気質の少年だと思います。

おすすめのマンガ

ぼくらの

ぼくらの

夏休み、過疎地の村へ“自然学校”にやってきた少年少女15人。1週間が経ったある日、海辺の洞窟へ探検に入った一同は、その奥にコンピューターを持ち込んで住んでいた謎の男・ココペリと出会う。彼は自分が作ったゲームをやらないかと誘い、宇白可奈を除く14人の中学1年生が同意して契約を結ぶ。半信半疑で宿舎に戻った一同だったが、その日の夕刻、大きな物音と共に巨大ロボットが現れて…。