一番下のコメントへ

虚空から華をむしりとる男、梶原一騎の最終作品。
まさに一騎人生劇場。
力道山が、木村政彦が、そして大山倍達が・・
あのころみんな熱かった!

1/3ページ
<<
<
1/3ページ
>
>>
カポエイラの情報も間違って広まったのは梶原一騎がきっかけらしいね。

カポエイラの情報も間違って広まったのは梶原一騎がきっかけらしいね。

@名無し

空手バカ一代で、常に逆立ちして戦う格闘技と紹介されてそれが流布していますよね。
それにしても時々逆立ちのような姿勢になる、というだけで充分にインパクトがあるのに、常に逆立ちだとダメ押し設定をするところがいかにも梶原イズム。
原作者と作画が別の人の場合、作画の先生は原作者の指示通りに書くしかないでしょうし、疑問を感じてもあいてが梶原先生ではなかなか確認出来ないでしょうからね。

ゴッドハンドはもう読めないけど、虹をよぶ拳は読みたい

ゴッドハンドはもう読めないけど、虹をよぶ拳は読みたい

@名無し

確か、どちらかというと虚弱で親に隠れて漫画を読むくらいしか楽しみが無かった少年が、いろいろあってタコ部屋に連れ去られて、肉体労働をトレーニングと化して強くなっちゃいましたよね。
最終的にはタイ式キックの絶対王者に挑もうという。
梶原先生の作品は絶版になっているものが多いみたいですけれど、復刻してくれればまた読みたいです。

虹をよぶ拳は復刻されている。 数年前本屋で見かけて買おうとした

虹をよぶ拳は復刻されている。 数年前本屋で見かけて買おうとした

@名無し

出てたんだ、虹をよぶ拳の復刻版。
探してみよう。
でも復刻版って発売直後を逃すと見つけにくいんだよね。
漫画喫茶とかもあまり置かない印象があるし。

あらためて思うが「虹をよぶ拳」ってのもいい題名だな。

大山総裁の顔も、つのだ先生、影丸先生、原田先生でマルッキリ違う。実際には原田バージョンが一番似ているけれど。
ようするに空バカつのだ版も名作だとは思うのだが、大山総裁の顔が完全に「つのだ先生の漫画の主人公の顔」なのでつのだ色をどうしても意識してしまう。
「つのだ先生の作品の一つ」という認識になってしまう。
読んでいてどこかで恐怖新聞とか思い出してしまう。

一方、影丸先生の作品は申し訳ないが空バカしか読んでいないので、素直に空手バカ一代の世界にのめりこめる。

出てたんだ、虹をよぶ拳の復刻版。 探してみよう。 でも復刻版って発売直後を逃すと見つけにくいんだよね。 漫画喫茶とかもあまり置かない印象があるし。 あらためて思うが「虹をよぶ拳」ってのもいい題名だな。

出てたんだ、虹をよぶ拳の復刻版。 探してみよう。 でも復刻版って発売直後を逃すと見つけにくいんだよね。 漫画喫茶とかもあまり置かない印象があるし。 あらためて思うが「虹をよぶ拳」ってのもいい題名だな。

@名無し

漫画喫茶って「あだち充コーナー」とか「本宮ひろしの棚」とかがある店はあったりするけれど「梶原一騎コーナー」ってなくて残念。
野球コーナーとかギャンブルコーナーみたいに格闘技コーナーとかある店はあるけれど。

漫画喫茶って「あだち充コーナー」とか「本宮ひろしの棚」とかがある店はあったりするけれど「梶原一騎コーナー」ってなくて残念。 野球コーナーとかギャンブルコーナーみたいに格闘技コーナーとかある店はあるけれど。

漫画喫茶って「あだち充コーナー」とか「本宮ひろしの棚」とかがある店はあったりするけれど「梶原一騎コーナー」ってなくて残念。 野球コーナーとかギャンブルコーナーみたいに格闘技コーナーとかある店はあるけれど。

@名無し

漫画喫茶の本の並びって大抵が出版社・掲載雑誌別に並べているし、その上、ほとんどが原作者名でなく作画の先生の名前のアイウエオ順。
梶原作品を探そう、となると結構な手間がかかる。
だから梶原コーナーを作る意義はあるかもしれないが、現実にはそれを求める人がいるのかいないのか(笑)

男の星座は梶原先生が劇画原作者として大成する前のところまでで終了してしまった。
つのだ先生の件もそうだが、色んな漫画家の先生と協同作業をしたのだから、その辺のエピソードも是非聞かせて欲しかったのだが残念。
2017年は梶原先生がお亡くなりになって30年と言うことで、先生と縁のある川崎のぼる先生とちばてつや先生が対談をされたことがあったみたいです。どんな話がでたか全部聞きたかった。

昭和40年代の劇画ブームをけん引した漫画原作者で、1987年に亡くなった梶原一騎氏をしのぶ「絶筆30年 SO!一騎集会」が6日、都内で開かれ、梶原氏が原作を手掛けた「あしたのジョー」のちばてつや氏(78)、「巨人の星」の川崎のぼる氏(76)の両漫画家が連載当時の思い出を語った。 漫画史に残る名...

電子書籍ってまだ歴史は浅いと思うけれど、一旦刊行されればなかなか廃版にはならないんじゃないかな。イメージだけれど。
購入した人もズット保存するだろうし。
ということは電子書籍化さえされればずっとこの世に残るわけで・・。
是非、電子書籍化して梶原一騎を後世まで伝えて欲しいです。

いや、実績から言って充分に後世まで伝わる存在ですけれどね。

以前に深夜番組のアメトークで東京にある「トリガー」という店を紹介していた。
漫画コンシュルジュが厳選した4千冊以上の本がおいてあるcafeバーとのこと。こういう店で男の星座とか梶原作品も紹介してくれればいいのだがcafeバーって時点で無理かも知れんな。

ネットに峰岸とおる先生(悪役ブルース・梶原作品)のインタビューが載っていた。

漫画最盛期を生き抜き、今なお活躍中の峰岸とおる先生のインタビューを入手した。 「空手三国志」や、梶原一騎先生とのタッグで描かれた「悪役ブルース」などを手がけた峰岸とおる先生とは一体どのような人なのか。また、作品の裏側とは一体・・・。 山口(以下、山): 梶原一騎先生とか、昭和の格闘漫画について...

梶原先生についても色々と語っていらして面白い。
悪役ブルースはそんなにヒットしたイメージがなかったが、インタビューによれば最初はそれほど人気が出なかったが、タイガーマスクが登場したあたりから週マガで人気2~3位を維持したらしい。意外だった。

電子書籍版はわからないが、数年前に復刻されたコンビニ廉価版(全4巻)には「さらばアニキ」は掲載されていなかった。

梶原一騎先生に付いての評伝本を読んでみた。
やはり男の星座や、他の梶原先生の自伝に描かれていることで事実とは異なるらしいことがあると色々と書いてあった。
ただ、それらを読んで感じたのは、梶原先生は単純に話を面白くしようとフィクションを織り交ぜたこともあっただろうけれど、
男の星座では話を面白くしたいというより、自分がなりたかった
「筋を通す男」を描きたかったのではないかな、と感じた。
「あの時はああいうことをしちゃったけれど、ホントはこうしたかったんだよな、そうしていればなあ。」
そんな思いを漫画にしてしまったのではないか、と思った。

梶原一騎先生に付いての評伝本を読んでみた。 やはり男の星座や、他の梶原先生の自伝に描かれていることで事実とは異なるらしいことがあると色々と書いてあった。 ただ、それらを読んで感じたのは、梶原先生は単純に話を面白くしようとフィクションを織り交ぜたこともあっただろうけれど、 男の星座では話を面白くしたいというより、自分がなりたかった 「筋を通す男」を描きたかったのではないかな、と感じた。 「あの時はああいうことをしちゃったけれど、ホントはこうしたかったんだよな、そうしていればなあ。」 そんな思いを漫画にしてしまったのではないか、と思った。

梶原一騎先生に付いての評伝本を読んでみた。 やはり男の星座や、他の梶原先生の自伝に描かれていることで事実とは異なるらしいことがあると色々と書いてあった。 ただ、それらを読んで感じたのは、梶原先生は単純に話を面白くしようとフィクションを織り交ぜたこともあっただろうけれど、 男の星座では話を面白くしたいというより、自分がなりたかった 「筋を通す男」を描きたかったのではないかな、と感じた。 「あの時はああいうことをしちゃったけれど、ホントはこうしたかったんだよな、そうしていればなあ。」 そんな思いを漫画にしてしまったのではないか、と思った。

@名無し

これすごいよく分かる。
「筋を通す男」というのは、梶原一騎漫画の主人公の共通項かもしれないな。

今年は梶原一騎がらみのイベント多いな

今年は梶原一騎がらみのイベント多いな https://twitter.com/joe_atproducts/status/971214455383064576

今年は梶原一騎がらみのイベント多いな https://twitter.com/joe_atproducts/status/971214455383064576

@名無し

これは凄い!
どういうストーリーや演出になるのかわかりませんが、
おそらくは力道山や大山総裁と梶一太が絡む熱いシーンが演じられるのでしょうね。

1/3ページ
<<
<
1/3ページ
>
>>
格闘技版、三丁目の夕日。にコメントする
『男の星座』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ一覧をみる

次のクチコミ

このクチコミも読まれています

user_private
名無し
プロレスと一切接点を持たずに生きてきたアラサーの平成生まれが1巻を読みながら思ったことメモです。知り合いが読んでたので気になって読んでみました。 ……… 1話 表紙めくってすぐ出てくる扉絵の猪木の横顔草 タイガーマスクより段違いに読みやすいけど、1話目からデカパンみたいな黒人のずんぐりしたおっさんとは タイガーマスクといい悪役レスラー金的しすぎでは?あぶな 突然の猪木解説草 「わたしがあいたかったのは作家ではなく、空手界の大物としてのミスター・カジワラだった」 いきなりの作者登場すげえ 「ランチをおごっただけで半生を語ってくれた」 「ユーとカラテのめぐりあいを話してくれないか?」 マジで突然何が起こってるんや… 2話 観客が黒人レスラーのブッチャーを平然と「二グロ野郎」呼ばわりするのビビる… 「サンキュー・ベリマッチ!!」ジワジワくるのすこ 「ガマ電話オテナは大山倍達の20年来の親友」 マジどこからどこまで本当で嘘なのか微塵もわからん 3話 「パンチで殴るのは反則だが突きはオーケー」は正しそう 巻き藁で貫手の練習をするブッチャー 「指がくだけてもいいとこみせにゃ……」いきなり弟子力高いムーブをするブッチャーかわE 小石炒飯wwwwスピードがあれば熱さを感じないww 4話 「ああ、人間は信じられねえ!」のブッチャーいい顔してる… 5話 「アトミック・ボムズ・アウェー!!」 「千ドル……ステーキ!」😭 カール・ゴッチさんは実在してそう 今更だけど「レスラーは本物(実在)するけど、ストーリーがフィクション」という解釈であってる?猪木さんが言ってることは本当なんだろうか… 6話 大木さんのパイナップルみたいな帽子なんなの?🍍 「鉄柱に叩きつける頭脳作戦」 いうほど頭脳作戦か…??どちらかというと「頭脳作戦(物理)」じゃねえか 普通にブッチャー死んだかと思って心配しちゃった 7話 奥さんへのお土産に日本人形はセンスねえな…ありがた迷惑 普通にブッチャー可哀想……でも日本人形買うような男だしな… 「こんなにオデコもキズだらけになってるときに」草 8話 白人プロモーターも惚れるブッチャーさんのガッツ 「ゼニになればどこへでもいきますぜ」すこ ケージ・デスマッチからの「おばけカボチャ!! 人間空母、デブ世界一!!」で大草原 275kgはやばい 9話 そのオーバーオール絶対1人で着れないでしょ ブッチャー「頭にくるクソデブめ!!」草 また金的かよ そうか…突きの弱点は分厚い脂肪なんだな 肉弾重爆撃の落下エネルギーを使った首への突き 「ファイトさえありゃ、世のなかなんとかなるもんだぜ〜〜ッ!!」かっけえ… 「ファイト・マネーはヒフティティー・ヒフティーが条件だ!」 ヒフティーは草  ……… タイガーマスクと比べると漫画の技術が進化してて格段に読みやすい。 どこまで本当なのか全く判断できないとこが最高に面白い。 すでに1巻で小石炒飯なんておもしれー修行出てきたんだから続きは絶対面白いじゃん。気になる。
プロレスと一切...
user_private
名無し
プロレスと一切接点を持たずに生きてきたアラサーの平成生まれが1巻を読みながら思ったことのメモ。タイガーマスクって親世代にとっては常識みたいな作品でどんなんなんだろうとずっと気になってたので読んでみました。 ……… 物語は1967年のアメリカからスタート 子供向けに描いているためかひらがながやたら多く簡単な漢字しか出てこない まだリモコンがない頃のテレビとか割れた窓ガラスをくっつけるテープとかに時代を感じる 「対戦相手の腹の上でゴーゴーを踊る」とか「猪木とのタッグマッチ中に頑張ってる猪木を尻目にロープの上で昼寝」とか最高すぎる タイガーマスクってゴリゴリのヒールだったんだなー 虎の穴の訓練ヤバすぎて大好き ・五年半の間に2/3が死亡 ・コールタールと重油のプールで50メートルの力泳 ・猛獣との格闘 ヘタレを装って同士討ちさせるタイガーマスクさんかっこいい 説明セリフを言いすぎなのが気になる…モノローグですら説明してて違和感。これも子供向けに書いてるせい? 会場に置いてあるテーブルが足まで木製なのなんかすごい 台所のテーブルみたい ブラック=バイソンのビール瓶手刀で切ってワイングラスみたいにして飲むの最高すぎる ブラック=バイソンvsタイガーマスク 【使用した技】 ブラック=バイソン ・急所蹴り ・メリケンサック ・首締め タイガーマスク 噛みつき つま先蹴り 1巻から戦いがダーティすぎる …… 漫画の書き方がとにかく古くて読むのがすごく疲れた。 タイガーマスクが清々しいほどのヒールなのは今読んでも面白い。 けどとにかく疲れたので全部読める気がしない。
タイガーマスク
また読みたい
フォロー