icon_reread
また読みたい
フォロー
西国の覇者 毛利元就 時代・歴史傑作特選集(1)
列強ひしめく戦国時代の中国地方。安芸の小豪族・毛利弘元は、尼子氏、大内氏に従属しながらも、血縁でつながる福原、桂、坂氏と連合して、かろうじて領国を守っていた。毛利弘元の次男として生まれた毛利元就(もうり・もとなり)は、毛利家が大内家と尼子家の争いに巻き込まれていくなか、長男・興元(おきもと)の急死により毛利家の家長となる。戦国時代最高の武将のひとりとして賞賛される毛利元就は、いかにして中国地方の覇者となったのか?その軌跡を描く。
戦国最強武将 武田信玄 時代・歴史傑作特選集(2)
天文四年(1535年)、躑躅ヶ崎(つつじがさき)の館で、武田信虎(たけだ・のぶとら)に決死の覚悟で、その愛馬・鬼鹿毛(おにかげ)を自分のものにしたい、と言う青年がいた。この人物こそ、若き日の武田太郎(後の信玄)その人であった。なぜ、太郎は廃嫡(はいちゃく※家を継がせないこと)される危険を冒してまで、信虎に談判したのか?そこには家臣達を思う、太郎の決断があった……。父親との葛藤に苦しむ若き日の武田信玄を堂々のコミック化。戦国時代を駆け抜けた名将の凄絶なドラマを括目せよ!!
最後の将軍 徳川慶喜 時代・歴史傑作特選集(3)
江戸幕府最後の将軍として大政奉還を決意した徳川慶喜(とくがわ・よしのぶ)。1853年6月、アメリカ東インド艦隊が4艘の軍艦を率いて浦賀沖に来航し、江戸城に砲門を向け日本に開国を迫った。徳川御三卿(とくがわごさんきょう)一橋家の当主であり、五体に力みなぎる17歳の青年だった慶喜は漁師に扮し、小船で黒船に向かい、その軍事力に驚愕する。第12代将軍・徳川家慶(いえよし)が他界し、その子・家定が第13代将軍となり幕政にあたることになると、慶喜のもとにも将軍の名代として幕政に立つことが望まれるようになり……。幕末の動乱期、今後の日本を見据えて行動し、明治政府最大の功労者と讃えられる慶喜の波乱に満ちた生涯を活写!!