あらすじ

数々の大ヒット作を世に生み出した伝説の劇画原作者・梶原一騎の自伝かつ引退作にして絶筆作品。柳川組組長・柳川次郎と大山倍達、力道山の関係、大山空手の師範代・黒崎健時、のちに単行本化される『ピストン堀口物語』にまつわるエピソード等を綴った一騎人生劇場第八幕!