投稿
56
コメント
133
わかる
194
ぺそ
ぺそ
2021/03/29
素敵すぎる1ヶ月パリ生活♫ #1巻応援
camera
ドミトリーや民泊ではなくパリにお部屋を借りて1ヶ月滞在する様子を描いた旅エッセイ。2冊あるうちこちらは「計画・空港(羽田)・機内食・滞在中・帰国」と、旅の全行程を描いたものになります。 たしかに1ヶ月滞在するなら自炊したほうが経済的…とはいえそれを実行できるのはすごい! 買ったフルーツの味が予想外でサラダに使うというシーンに旅の醍醐味を感じました(予想外のトラブルを工夫でなんとかするのは旅ならではの楽しみですよね) にしうら先生が描くご飯や街並みや人々がとても細かく可愛らしく、見ててキュンとしました…! また最初の方に登場した「旅に持っていったもの一覧」がイラスト付きで非常にわかりやすくて、これをスマホに用意しておけば長期海外旅行の準備は完璧じゃないか…!と感動しました。今度海外に行くときに使います!(いつになるかはわかりませんが) 「パリには19世紀に設置された公共の水飲み場がたくさんある」というのを初めて知ったので、次にパリに行ったら(いつになるかはわかりませんが……)ぜひ探してみようと思います♫ https://note.com/_some/n/n868ba0c59f25
ぺそ
ぺそ
2021/03/18
ネタバレ
クイーンで買い物したい…!
camera
本当に素敵なお話で読んでるだけでときめきました!こういう素敵な雑貨屋さんでゆっくりお買い物してみたいです。 おばあちゃんが営むクイーンを任された孫のジャックが、おばあちゃんがいきなり雇ったカオルさんと一緒にクイーン舶来雑貨店を切り盛りしていきます。 おばあちゃんの仕入れてくる舶来品のまぁ素敵なこと…! ジャックが出すお茶とお菓子もどれも美味しそう! クロアチアのスパイスがたくさん入ったクッキーに薔薇のお茶、韓国の蜂蜜味の揚げ菓子に柚子茶。オランダの薄いワッフルってたまに見かけますが、ああやってカップの湯気でふやかして食べるんですね…! ジャックとお客さんとの関係も本当に優しくて、読んでいてホッとします。このあと辛い展開とかあるんでしょうか…。 はじめジャックいう子がどんな子なのかすごく気になるのですが、そんな読者の気持ちを理解したかのようにジャックの口からから説明があります。 その時の常連さんとのやりとりが、この作品全体に満ちている優しい雰囲気を決めたような気がします。 本当にいつまでも読んでいたくなる優しいお話で、山内尚先生の他の作品を読んでみたいと思ったのですが……書籍として出版されているのはこちらだけで、あとはSouffleで連載をされているようです。 何度も読み返しながら次話を待ちたいです!