投稿
61
コメント
144
わかる
211
ぺそ
ぺそ
2020/08/28
ネタバレ
じんわりくる切なくて優しい話 #読切応援
camera
鯖ななこ先生ってflowersでヤギの4コマ描いてる人…という認識だったのですが、今回人間の女性が主人公のお話を読んで一気にファンになってしまいました。人間関係と心の動きが繊細に柔らかく描かれていて、もうずっと読んでいたい…! 幼い頃に両親に捨てられた主人公・喜代恵は、祖母のたばこ屋で働きながら日々淡々と生きている。母と一緒に遊園地に行った日に、母が家を出ていき二度と帰らなかったため、喜代恵はうれしいことがあると不安になってしまう。 あるときから、爽やかな青年・壮介が度々やって来るようになり、気づくと彼を家に住まわせてやり、彼の代わりでバイトに行くようになっていた。そんなとき、家に母が尋ねてきて…。 客観的に見れば壮介はヒモで、喜代恵は利用された女で、2人とも出会ったことで人間的に大きく成長したりはしません。 だけど少しだけ変化はあって、引っ張り出してハロ(日暈)を見せてくれた思い出や、お洒落に垢抜けた容姿が今も残り、壮介が去ったあとの喜代恵の日常は今までとは違ったものになっている。 この全くドラマチックじゃない、現実的で静かな変化がとても良くてじんわり来ました。 鯖先生の人間を描いた作品、もっと読みたい…!
ぺそ
ぺそ
2020/08/18
ネタバレ
姪に教わってイギリス文学に登場するお菓子を作って食べるおじさんの話
自分は「好きな国は?」って聞かれたら「イギリスかな〜」と答える程度のものすごくライトなイギリス好きなので、この本は英国文学とそのお菓子について知るのにちょうど良い内容でした。 https://youtu.be/CIYN0ghOfUM 主人公は48歳の老眼始まりかけの雨宮先生。 有名な小説の中に登場するお菓子をイギリス育ちの姪・サヤに教わりながら作って、2人で一緒に3時のおやつを楽しむお話。 サヤちゃんがメチャクチャお菓子づくりに詳しくてしっかりしててすごい。 ハリー・ポッターに登場する糖蜜パイが「トリークルタルト(treacle tart)」のことで、中身は生パン粉で出来てるというのが驚きでした。メチャクチャ美味そう…! レシピが全部付属しているのでいつかチャレンジしてみたいです。 『ホビット』を読んだことも見たこともなかったので、サヤちゃんがドアにかかっている看板を見てなんで嬉しそうにしていたのかわからなかったのですが、あれは有名なシーンを再現したものだったんですね。 あとこれは私だけだと思いますが…絵がとてもお洒落なので、ずっと雨宮先生と妹さんのことも日英ハーフだと思って読んでしまい混乱しました笑 新潮社から出ているということで、カバー下が新潮社の文庫本と同じデザインになっています。読み終わってから気づき粋だなと思いました。 【連載ページ】 https://www.comicbunch.com/manga/bunch/amemiya/
ぺそ
ぺそ
2020/08/12
ネタバレ
恐ろしいのに惹き付けられる「魔法使い」
不幸な子ども、誘拐、魔法、師匠と弟子、契約。自分が好きなものの要素が全部入った、小説みたいにじっくり読める作品で超大好きです…!! 現実と切り離されているようで地続きになっている、リアルとファンタジーの混ざり具合がたまりません。 https://i.imgur.com/kJGXTuS.png 特別な力を持った存在が、実親から引き離して人間の子供を弟子に取る怖さ。「魔法使い」という特別な人たちが、身を潜めながら群れを作り生きているワクワク感。魔法使いたちの社会の複雑な人間関係と、魔法の不気味さ。無邪気にドリルを解いたり庭で遊ぶ春生の可愛らしさ。ガラスケースに保存されている泉太郎が殺した叔父の生首。得体が知れないけど春生を心から心配している泉太郎の温かさ。 魔法とそれ取り巻く社会はかなりダークで恐ろしいんだけど、泉太郎と春生はそんな社会から離れてひとつ屋根の下で優しい関係を築いているという、怖さと温かさが丁度いいバランスでずっと読んでいたくなります。 https://i.imgur.com/J27s7kL.png 少しでもこの世界を理解したくて、登場人物たちの何気ない会話で魔法の仕組みや魔法使い社会の構造が話されているのを、既存の情報を思い出しつつ「こういうことか…?」とかなり真剣に考えながら読んでしまいました。 「魔法使いは総じて家族と縁が薄い」っていう設定が超グッときます。 不幸な子どもって大好きなんですよ…というか、家族が居ない、愛されていない子どもが1人で新しい場所に適応するのを見るのが好きなんですよね。未来少年コナンとかロミオの青い空とか、カスミン、ハリーポッター、夏目友人帳も。 泉太郎から出されたドリルを自分でちゃんと解いて、ときどき猫をだっこしておしゃべりして、1人で楽しそうに動きながら家の中を歩き回る。 春生の昼間の過ごし方を見てると、自分の子供の頃を思い出してなんか「ああ、子どもってこんなだよなぁ」と優しい気持ちになります。 単行本は24話(ウィングス2017年4月号掲載)が収録された3巻が2018年に出たのが最後。気になってバックナンバーの話数を数えてみたら、最新話が36話(ウィングス 2020年4月号)ということで既に12話ほどストックがあるようで、そろそろ新刊が出るかも知れません。楽しみ…!!
ぺそ
ぺそ
2020/07/31
3組の研修医&指導医の小児医療ドラマ
「表紙が優しくていいなぁ」と眺めているときに、「そういえば面白くない医療漫画ってないな」と思い立ち買いました。大変なことばかりの厳しい研修医生活を描きながら、表紙どおり温かさのある素敵なお話でした! ほのぼの天然研修医・美貴先生。 エリートで自信満々で超優秀な指導医・名越先生。 小児科医1年目の指導医で幼馴染・ひかる先生(年下) 勉強熱心で優秀で何でもソツなくこなす研修医で幼馴染・健太郎先生(年上)。 怖い指導医にまいっている研修医・しんのすけ先生。 名越と仲が悪くて気難しい高城先生。 美貴先生のド天然っぷりが最高でした…! こういう先生が病院にいたら安心できますよね。 そして幼馴染コンビの関係にはすっごくキュンとしました。「私はいつの間にBLを…!?」と錯覚するほど素敵な関係でした。 タイトルの意味がわからなかったので調べてみたら、 「ネーベン(ねーべん)とは、研修医のことである。ドイツ語のNebenより。 ネーベンに対し、指導する立場の医師のことをオーベンという。」 https://bit.ly/39GBugI とのこと。テーマそのままズバリのタイトルだった。 6人の先生が出てくるのですが、1巻では最初の2組にフォーカスが当たっていたので、早くしんのすけ先生回が見たいです。2巻も楽しみにしています! https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_CB01201123010000_68/
ぺそ
ぺそ
2020/07/09
ネタバレ
「ネコとじーちゃん」とか泣くしかない…
camera
温かくて優しくてホッとする素敵な読切でした。最初に読んだあとすぐ2回め読み返したんですけど、やっぱり涙がジワッと出てきてました。ネコとじーちゃんはずるいって…! 死んでしまったネコの「ミー」。ツナ缶がどうしても食べたくて、もうすぐ小学生になる「ちえちゃん」の身体に入り込み、いつもくれた「じーちゃん」のところへ行くことに。 ネコに追いかけられたり、犬に吠えられたり、知らんおばちゃんに話しかけられたり…いろいろあって土手の草むらで丸くなっていると、ちえちゃんの祖父であるじーちゃんと偶然出会う。 子供の中にネコが入ってても、元気に遊び回るにゃーにゃー言ってる子にしか見えないところがすごく可愛い…! そして細くて柔らかい線で描かれる、生活感溢れるおうちの描写がたまらない…! いかにも「じーちゃん家」って感じの家で、じーちゃんが料理をする音を聞きながらご飯を待つ。食べたら2人で縁側でのんびりする。 この穏やかな空気があまりに優しくてそれだけでも切ないのに、お母さんが迎えに来て別れ際、ミーはじーちゃんを抱きしめる。 すると、じーちゃんはハッとした様子で「この子はちえじゃない」と気づき、感極まった様子でミーを抱きしめ返す。 も〜〜ここで何度読んでも涙が…。 スタンド・バイ・「ミー」というタイトルの良さもここで効いてくるんですよね…ミーはじーちゃんの側にいた…。 そして最後、ミーがじーちゃんとの出会いを語るという終わり方でとどめを刺されます…切なすぎる…! 柱コメントでちばてつや先生が「間」を評価していましたが、まさにその通りですね。誰も何も言わない、ただ時間だけが流れるコマの作る空気が最高でした。 松本勇気先生の次回作楽しみにしています…!! 【作品掲載ページ】 http://d.morningmanga.jp/viewer/1642/1624 (↓このページ、あったかくて最高に好きです)