3組の研修医&指導医の小児医療ドラマ

一番下のコメントへ

「表紙が優しくていいなぁ」と眺めているときに、「そういえば面白くない医療漫画ってないな」と思い立ち買いました。大変なことばかりの厳しい研修医生活を描きながら、表紙どおり温かさのある素敵なお話でした!

ほのぼの天然研修医・美貴先生。
エリートで自信満々で超優秀な指導医・名越先生。

小児科医1年目の指導医で幼馴染・ひかる先生(年下)
勉強熱心で優秀で何でもソツなくこなす研修医で幼馴染・健太郎先生(年上)。

怖い指導医にまいっている研修医・しんのすけ先生。
名越と仲が悪くて気難しい高城先生。

美貴先生のド天然っぷりが最高でした…! こういう先生が病院にいたら安心できますよね。
そして幼馴染コンビの関係にはすっごくキュンとしました。「私はいつの間にBLを…!?」と錯覚するほど素敵な関係でした。

タイトルの意味がわからなかったので調べてみたら、

「ネーベン(ねーべん)とは、研修医のことである。ドイツ語のNebenより。
ネーベンに対し、指導する立場の医師のことをオーベンという。」

ネーベン(ねーべん)とは、研修医のことである。ドイツ語のNebenより。ネーベンに対し、指導する立場の医師のことをオーベンという。研修医が行う外勤のことを「ネーベンアルバイト」と呼ぶことから、「ネーベン」…

とのこと。テーマそのままズバリのタイトルだった。

6人の先生が出てくるのですが、1巻では最初の2組にフォーカスフォーカスが当たっていたので、早くしんのすけ先生回が見たいです。2巻も楽しみにしています!

とある総合病院の小児科――。市内で唯一、夜間の小児救急を受け入れているこの病院では、日夜小児科医たちの奮闘が続いている。そしてここには当然、一人前の小児科医を目指す研修医(ネーベン)と、その師にあたる指導医(オーベン)がいて…。同じ小児科医と言えども、そのキャラクターは千差万別!現役小児科医が...

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー