【お知らせ】
自由広場には「自由広場に投稿されたトピック」が、クチコミトップには「作品・雑誌に投稿されたクチコミ」がそれぞれ表示されるようになりました。

世相を反映した内容が多い新聞連載漫画が好きなので教えて頂けると嬉しいです!意外な人が連載してたりするのも面白いですよね。過去にしていた、現在している、土日版のみ等、特に強いこだわりはありません。よろしくお願いします!

1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>
西日本新聞の朝刊で「ほのぼの君」読んでました。 小さい頃はスヌーピーの漫画版だと思ってました。
camera

西日本新聞の朝刊で「ほのぼの君」読んでました。 小さい頃はスヌーピーの漫画版だと思ってました。

西日本新聞の朝...
@サミアド

思った以上に完全にスヌーピーだった!!笑
今だったらきっとアウトですね…

西日本新聞の朝刊で「ほのぼの君」読んでました。 小さい頃はスヌーピーの漫画版だと思ってました。
camera

西日本新聞の朝刊で「ほのぼの君」読んでました。 小さい頃はスヌーピーの漫画版だと思ってました。

西日本新聞の朝...
@サミアド

言い逃れできないくらいピーナッツで草

西原理恵子「毎日かあさん」→「りえさん手帖」 毎日新聞月曜朝刊

西原理恵子「毎日かあさん」→「りえさん手帖」 毎日新聞月曜朝刊

@かしこ

毎日新聞
東京朝刊→いしかわじゅん「桜田です」
東京夕刊→森下裕美ウチの場合は

森下裕美さんが描く4コマ漫画です。大門(だいもん)一家が繰り広げるほのぼのとしたドラマ。

宮崎駿が秋津三朗名義で少年少女新聞で描いた「砂漠の民」前半はこんな感じだが後半が吹き出しが入ってマンガっぽくなっていく

宮崎駿監督が、若い頃に"秋津三朗"というペンネームで連載していた漫画があります。 「砂漠の民」という、シルクロードをめぐる民族紛争を描いた作品で、1969年9月から1970年3月にかけて「週刊少年少女新聞」で連載されていました。 漫画版「風の谷のナウシカ」や、「シュナの旅」の原点といわれる作品...

青木朋先生の土砂どめ奉行ものがたりは新聞赤旗の日曜版の連載で、単行本で知って結構びっくりしました。
あと、漫画じゃないですけど、新聞小説の挿し絵は漫画家さん描いてるのもそこそこありますよ。自分がパッと出てくるのはこうの史代先生、中田春爾先生、望月ミネタロウ先生、とり・みき先生あたりです(小説のタイトルはすぐには出ないんですけど、朝日、毎日、読売などです)

宮崎駿が秋津三朗名義で少年少女新聞で描いた「砂漠の民」前半はこんな感じだが後半が吹き出しが入ってマンガっぽくなっていく https://ghibli.jpn.org/report/sabaku/
camera

宮崎駿が秋津三朗名義で少年少女新聞で描いた「砂漠の民」前半はこんな感じだが後半が吹き出しが入ってマンガっぽくなっていく https://ghibli.jpn.org/report/sabaku/

宮崎駿が秋津三...
@名無し

宮崎駿に別名義があったとは知りませんでした…!
言われて読むとちゃんと駿タッチですね!!

青木朋先生の土砂どめ奉行ものがたりは新聞赤旗の日曜版の連載で、単行本で知って結構びっくりしました。 あと、漫画じゃないですけど、新聞小説の挿し絵は漫画家さん描いてるのもそこそこありますよ。自分がパッと出てくるのはこうの史代先生、中田春爾先生、望月ミネタロウ先生、とり・みき先生あたりです(小説のタイトルはすぐには出ないんですけど、朝日、毎日、読売などです)

青木朋先生の土砂どめ奉行ものがたりは新聞赤旗の日曜版の連載で、単行本で知って結構びっくりしました。 あと、漫画じゃないですけど、新聞小説の挿し絵は漫画家さん描いてるのもそこそこありますよ。自分がパッと出てくるのはこうの史代先生、中田春爾先生、望月ミネタロウ先生、とり・みき先生あたりです(小説のタイトルはすぐには出ないんですけど、朝日、毎日、読売などです)

@ナベテツ

土砂どめ奉行ものがたり」はナベテツさんのクチコミを読んで気になってました!新聞連載だったんですね!!しかも赤旗!?

新聞小説の挿絵もあまりスポットが当たらない(興味がある人にはそのすごさが良くわかるけど)仕事ですが面白いですよね。こんなに漫画家が描いてるとは全く知りませんでした…!

「土砂どめ奉行ものがたり」はナベテツさんのクチコミを読んで気になってました!新聞連載だったんですね!!しかも赤旗!? 新聞小説の挿絵もあまりスポットが当たらない(興味がある人にはそのすごさが良くわかるけど)仕事ですが面白いですよね。こんなに漫画家が描いてるとは全く知りませんでした…!

「土砂どめ奉行ものがたり」はナベテツさんのクチコミを読んで気になってました!新聞連載だったんですね!!しかも赤旗!? 新聞小説の挿絵もあまりスポットが当たらない(興味がある人にはそのすごさが良くわかるけど)仕事ですが面白いですよね。こんなに漫画家が描いてるとは全く知りませんでした…!

@かしこ

今朝の毎日新聞によると、森下先生の連載20年だそうです。いしいひさいちさんの朝日も長いもんなあ(しりあがりさんも)
日曜版だとみつはしちかこ先生のはーいアッコです(これは歳がばれる)なんかもありましたねえ。

ハッ!大事な人がまだだった…!!

植田まさしコボちゃん

読売新聞朝刊の四コマ漫画「コボちゃん」が1月7日、連載1万3750回となり、一般全国紙の連載漫画として最多の記録を達成しました。東海林さだおさんの「アサッテ君」(毎日新聞、1974~2014年)を超えました。作者の植田まさしさんは、「ぎりぎりまで面白いアイデアを考えたい」と、翌朝に掲載される漫...

そういえば今吉田戦車も連載してますよね。購読してないので読んではいないですが

「不条理ギャグ漫画」の草分けとして一世を風靡し、社会現象になった、あの伝説の漫画『るんです。』が4月、東京新聞を舞台として、27年ぶりに4コマ漫画の連載で復活します。題名は、本紙キャラクターでもある「かわうそ君」を前面に押し出した新装『かわうそセブン』。毎週2回、土・日曜日の掲載です。連載開始...

そういえば今吉田戦車も連載してますよね。購読してないので読んではいないですが https://www.tokyo-np.co.jp/hanbai/kawauso7

そういえば今吉田戦車も連載してますよね。購読してないので読んではいないですが https://www.tokyo-np.co.jp/hanbai/kawauso7

@名無し

そういえばそうだ!
吉田戦車を起用するなんて東京新聞は攻めてるな〜と当初は思ってましたが今はしっくりきますね。

永野のりこ先生も連載してたよなあと思って検索したら、オンデマンド版があるそうです(ゲスト寄稿も豪華です)。主人公ののんちゃん、今は大きくなって活躍してますね。

生まれたとき"ちいさかった"すべてのあなたに贈ります。 みんなきっと、誰かにとっての「ちいさな○○ちゃん」だから...。 ちいさなこの子と過ごした春夏秋冬、 永野のりこの実録子育てマンガ 1998年(四季構成版)2010年(セレクト版)の刊行後、まぼろしとなっていた本作を完全新制作初プリント・...


あと、ヤマザキマリ先生が毎日で人生相談やってますね(これはほんとマンガ関係ないですけど、意外なとこで面白いです)

永野のりこ先生も連載してたよなあと思って検索したら、オンデマンド版があるそうです(ゲスト寄稿も豪華です)。主人公ののんちゃん、今は大きくなって活躍してますね。 https://naganonoriko.bookstores.jp/stuffs/g3EiTBhPpH あと、ヤマザキマリ先生が毎日で人生相談やってますね(これはほんとマンガ関係ないですけど、意外なとこで面白いです)

永野のりこ先生も連載してたよなあと思って検索したら、オンデマンド版があるそうです(ゲスト寄稿も豪華です)。主人公ののんちゃん、今は大きくなって活躍してますね。 https://naganonoriko.bookstores.jp/stuffs/g3EiTBhPpH あと、ヤマザキマリ先生が毎日で人生相談やってますね(これはほんとマンガ関係ないですけど、意外なとこで面白いです)

@ナベテツ

新聞に育児漫画が載ってるって珍しいですよね!
ゲスト寄稿が思ってた以上に豪華でびっくりしました!!

ヤマザキマリ先生の人間力だったら確かに他人の人生相談できますね…!
もう文化人と読んだ方がふさわしいかも

天理教団発行の新聞「天理時報」に「教祖絵伝」を平田弘史が描いていた

天理教団発行の新聞「天理時報」に「教祖絵伝」を平田弘史が描いていた https://twitter.com/kentaro666/status/667930285812510720

天理教団発行の新聞「天理時報」に「教祖絵伝」を平田弘史が描いていた https://twitter.com/kentaro666/status/667930285812510720

@名無し

連載中止になった理由もすごい!さすが平田弘史

伊藤理佐先生の文章エッセイ「ステキな奥さん」が朝日新聞連載だと最近知りました。夫婦で新聞連載を持ってるのすごー!

40代をひた走る著者が、昭和生まれのモト女子という視点で感じる毎日を、エッセーと漫画で綴る抱腹の一冊(おなじみの夫・吉田戦車氏、ムスメさんも登場!)。朝日新聞連載「オトナになった女子たちへ」に大量加筆した、待望の書籍。 ★のネット書店は、在庫のない場合や取扱いのない場合があります。 ご注文はお...

横山光輝単行本未収録傑作集 死神』に収録されてる「千里眼ストーン」は北海道新聞日曜版で連載されていた作品で、Amazonレビューに幻の作品のような扱いをされていたことがあるって書いてあった。

1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>
新聞連載したことある漫画家にコメントする
user_private