考察要素のあるマンガ

テセウスの船テセウスの船」のような、謎が深まっていく、考察しがいのある物語をもっと知りたいと思ってます。できればまだ完結していない、連載中の作品がいいです。完結してから一気読みも良いですが、やっぱりサスペンス系漫画の醍醐味は、リアルタイムで楽しむことにあると思うんですよね。「いまコレがアツい!」という作品があれば是非。※もちろん、完結済みの作品を推してもらっても大丈夫です。サスペンスに限らずファンタジー、SFでも何でもOK!

1/2ページ
<< 最新
<
1/2ページ
>
最初 >>

コミックDAYSDAYSで連載中の「娘の友達娘の友達」という作品が、まだ5話目とかそんなものなんだけど、どうやらサスペンスらしい。
引きこもりの娘(まだ一回も顔が出てない)と2人暮らし二人暮らしの父親(色々上手くいってない)が、娘の友達の女子高生(距離感おかしい)と知り合って、いま2人で逃避行中です。

ずーっと出てこない娘もなんか怖いし、友達もなんの目的で父親に近づくのかわからないし、という状況です。

CITYCITY それでも町は廻っているそれ町 …ほとんどミステリー漫画の類いが出ている中でこれを紹介するかめっっちゃ迷った
恐らくギャグマンガの中では飛び抜けて複雑な2つ(それ町はどちらかというとコメディ寄り) どちらも基本一話完結型に見えてちゃんと時系列が設定されていたり、他の話と繋がっていたり、かつてのモブキャラが後に主要人物化するなんてこともあったりと伏線の使い道が非常に独特
どちらも物語の全貌を知るとなると一回読むだけではまず不可能な代物 こういう考察要素の多いギャグマンガもっと出ないかな 

断然、堕天作戦堕天作戦を推します!

あえて言えば、ジャンルはファンタジーSFで、戦記ものの群像劇。シンギュラリティ後の世界観の設定が見事で、緻密な設定をほぼナレーションなしで物語の進行と共に小出しにしていきます。キャラクターの多彩さや各々のキャラ立ちもすばらしく、斬新なコマ割りや演出があるかと思えばギャグも冴えている。

主人公は謎の解明のために動きつづけるんですが、それが徐々に明かされつつも、その答えらしきものが二転三転しておもしろい。まだ五巻分ほどしか連載されていませんが、濃密極まりない内容をもつ傑作だと思います。

1/2ページ
<< 最新
<
1/2ページ
>
最初 >>
コメントする

この話題をフォローしているユーザー