読んでて胸が痛くなる漫画、教えて

一番下のコメントへ
1/2ページ
<< 最新
<
1/2ページ
>
最初 >>
ちーちゃんはちょっと足りない読みました。ちーちゃんとナツの対比がすごい、と言うかナツの独白が後半にいくにつれてすごいですね!なんでだろうこの絵柄で日常なのにいろいろ思い出して読み進めるごとに泣きたくなる。。。 これ作家買いしようかなと考えてます!おすすめされてなかったら読めてなかったかもしれません素敵な本に出会えて感謝です。

ちーちゃんはちょっと足りない読みました。ちーちゃんとナツの対比がすごい、と言うかナツの独白が後半にいくにつれてすごいですね!なんでだろうこの絵柄で日常なのにいろいろ思い出して読み進めるごとに泣きたくなる。。。 これ作家買いしようかなと考えてます!おすすめされてなかったら読めてなかったかもしれません素敵な本に出会えて感謝です。

@む

可愛らしい日常日常で感情移入してきたとこに、あんな展開を持ってくるのは酷いというか、ズルいというか。どんどん引き返せなくなって、精神的に追い詰められてくのが伝わってくるナツの独白はやっぱりエゲツないですよね。ちーちゃんとナツの終盤の対比はナツの孤独が一層引き立ったなと。
阿部共実阿部共実だと、空が灰色だから空が灰色だから月曜日の友達月曜日の友達がオススメです! 機会があればぜひ〜

オナニーマスター黒沢。 途中で「もうやめてー!」って何度も思わされました。 特に主人公カミングアウトのシーンはきつかった。

オナニーマスター黒沢。 途中で「もうやめてー!」って何度も思わされました。 特に主人公カミングアウトのシーンはきつかった。

@名無し

オナニーマスター黒澤ってギャグ漫画ではないんですか?タイトルでてっきりギャグかと…!

たしかにオナニーマスター黒澤はキッツいですね。ギャグっぽいタイトルですが、青春期のかなり危ないところにいる青年と女の子の話です。
原作小説が「キャッチャー・イン・ザ・トイレット」。「キャッチャー・イン・ザ・ライ」を意識して描かれたようです。まさに現代版の「ライ麦畑でつかまえて」は言い過ぎかもですが、読んでいて胸が痛くなる、いい漫画だと思います。

岡崎京子岡崎京子作品は「リバーズ・エッジリバーズ・エッジ」と「ヘルタースケルターヘルタースケルター」が記憶に鮮明に残ってます。物語に引き込む力が強すぎて、抗えないまま、岡崎京子の世界に呑まれていくって感覚が好きです。あの凄惨さに胸が詰まるような引っ掛かりが残るの、分かります

ふつつか者の兄ですがふつつか者の兄ですが」「クジラの子らは砂上に歌うクジラの子らは砂上に歌う」はちゃんと読みたいなぁ~。気になってます

真夏のデルタ 少年少女の繰り広げるビターな青春と大人への成長が、美しく精緻なタッチで鮮やかに描かれている。

真夏のデルタ 少年少女の繰り広げるビターな青春と大人への成長が、美しく精緻なタッチで鮮やかに描かれている。

@とある少女漫画スキー

真夏のデルタ真夏のデルタわたしもすごく好きです…!!!まさにタイトル通り3人の高校生のひと夏のひと夏の物語で、感情を掻き立てるお話も最高なんですけど、なにより綿貫芳子綿貫芳子先生の絵がいいんですよね

1/2ページ
<< 最新
<
1/2ページ
>
最初 >>
コメントする

この話題をフォローしているユーザー

のらくろ