ヒメゴト~十九歳の制服~

ひめごとじゅうきゅうさいのせいふく
ジャンル:学園
最新刊:
2015/02/23
ひめごとじゅうきゅうさいのせいふく
ヒメゴト~十九歳の制服~ 1巻
ヒメゴト~十九歳の制服~ 2巻
ヒメゴト~十九歳の制服~ 3巻
ヒメゴト~十九歳の制服~(4)
ヒメゴト~十九歳の制服~(5)
ヒメゴト~十九歳の制服~(6)
ヒメゴト~十九歳の制服~(7)
ヒメゴト~十九歳の制服~(8)
ストアに行く
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい
『ヒメゴト~十九歳の制服~』のクチコミ投稿
クチコミで好きなマンガを広めよう!
話題の種類
「マンガのクチコミってどうやって書けばいいの?」という方へ!選んだ話題の種類に応じて書き方のヒントになる例文を表示します。
タイトル
本文
ヒメゴト~十九歳の制服~
ヒメゴト~十九歳の制服~
峰浪りょう
峰浪りょう
あらすじ
周囲から男っぽく見られている女子大生・由樹(ユキ)。彼女は誰にも言えない秘密の儀式を行っていた――。燻り続ける己の欲望に苦悩する日々を送る由樹。一方、同じ大学に通う佳人(カイト)と未果子(ミカコ)の2人も他人には明かせぬ「秘密」を抱えていて――。「ヒメゴト」を持つ3人の19歳が繰り広げる「ヨクボウ」と「セイフク」の物語――。

Web掲載情報

ヒメゴト~十九歳の制服~
ヒメゴト~十九歳の制服~の情報の提供お待ちしてます!
掲載している内容の誤りや、この作品に関するおすすめの記事、公式情報のリンクなどはこちらからお送りください。みなさまのご協力をお願い申し上げます。
ヒメゴト~十九歳の制服~ 1巻
周囲から男っぽく見られている女子大生・由樹(ユキ)。彼女は誰にも言えない秘密の儀式を行っていた――。燻り続ける己の欲望に苦悩する日々を送る由樹。一方、同じ大学に通う佳人(カイト)と未果子(ミカコ)の2人も他人には明かせぬ「秘密」を抱えていて――。「ヒメゴト」を持つ3人の19歳が繰り広げる「ヨクボウ」と「セイフク」の物語――。
ヒメゴト~十九歳の制服~ 2巻
周囲から男っぽく見られている女子大生・由樹。自分を女だと認めるために、日々、誰にも言えない秘密の儀式を行って過ごしていた――。そんな彼女の周囲に変化が表れた。女装趣味を持つ佳人が、「女友達」として由樹に急接近をはかれば、男を見下す未果子は、由樹に純粋な「少年性」を求める。こわばっていた由樹の心が、解放されていく――。
ヒメゴト~十九歳の制服~ 3巻
女らしく振る舞うことが苦手な女子大生・由樹は、周囲からも男っぽく見られていた。「男を見下す」女・未果子は、由樹の穢れない美しさに惹かれる。「女になりたい」男・佳人は、由樹の「女らしさ」に気づき、変身させようとする。男…?女…?膨らみかけた19歳の胸を、誰かがきつく締めつける??
ヒメゴト~十九歳の制服~(4)
汚れた性欲に溺れる未果子にとって、由樹は心を満たしてくれる唯一の「愛の対象」。女性への変身願望を抱く佳人にとって、由樹はその正体を知る唯一の「女友達」。そして、抑えられない欲求をさらけだす二人の前で、由樹はいまだ「女のカラダ」を持て余して…。「ヒメゴト」を持つ三人の十九歳が繰り広げる「ヨクボウ」と「セイフク」の物語。
ヒメゴト~十九歳の制服~(5)
男に汚される未果子と女装趣味を持つ佳人。お互いの秘密を握られてしまった二人が、由樹の家の前で鉢合わせ。すると未果子は佳人を連れ出し、あることを告げる。その頃、由樹はいつものように自分を慰めることができず…。十九歳の孤独な自己愛が妖しく、窮屈に絡み合う…。「ヒメゴト」を持つ三人の十九歳が繰り広げる「ヨクボウ」と「セイフク」の物語。
ヒメゴト~十九歳の制服~(6)
佳人の欲望は「美果子になる」こと。その心が二人に危険な喜びを与えてしまった。その頃、ひとりぼっちの由樹は思いがけない悦楽に目覚めて…大人気!ヨクボウとセイフクの物語、最新刊!!
ヒメゴト~十九歳の制服~(7)
それぞれの欲望を満たすために、そして隠すために。由樹、美果子、佳人の三人は、お互いから目を離すことができなくなった……。十九歳の夏休み。箱の中は、性の匂いでむせかえる。“ヒメゴト”を持つ三人の十九歳が繰り広げる“ヨクボウ”と“セイフク”の物語。
ヒメゴト~十九歳の制服~(8)
ありのままの三人を閉じ込めていた制服が穢れる、ちぎれる、奪われる――― 時に抗えないのなら、いっそ、十九歳のまま…… “ヒメゴト”を持つ三人の十九歳が繰り広げる“ヨクボウ”と“セイフク”の物語、ここに完結。
帯の破壊力すごかったなぁ
少年のアビス

少年のアビス

何もない町、変わるはずもない日々の中で、高校生の黒瀬令児(くろせれいじ)は、“ただ”生きていた。家族、将来の夢、幼馴染。そのどれもが彼をこの町に縛り付けている。このまま“ただ”生きていく、そう思っていた。彼女に出会うまでは――。生きることに希望はあるのか。この先に光はあるのか。“今”を映し出すワールドエンド・ボーイ・ミーツ・ガール、開幕――。
溺れる花火

溺れる花火

夏が近づいてきた頃、泳太はいつも通り小秋の見舞いのため、海沿いの病院へと赴く。昔から体の弱かった小秋は、浅い関係のまま付き合い続けていることに負い目を感じていたが、泳太は十分に深く付き合っていると信じていた。そんな中、小秋とよく似た雰囲気を持つ彼女の従姉妹・夏澄と出会い、泳太の心は揺れて…。峰浪りょうが紡ぐ恋と欲望の物語!!
初恋ゾンビ

初恋ゾンビ

何事にも情熱を燃やさぬ平熱“省エネ”高校生・タロウくんの前に、超どストライクな空飛ぶ美少女・イヴが現れた! 彼女の正体は、タロウの欲望&妄想&願望を凝縮した脳内彼女的存在=“初恋ゾンビ”だった!! タロウの平穏な日々は、かくして一変し──!? 少年サンデーが放つ次世代ラブコメ、ここに開幕!!